季語/菫(すみれ)を使った俳句

俳句例:201句目~

盃の中に咲かせん壺すみれ/伊賀-示蜂

今日違ふひとの跼める菫かな/黛まどか

春雨やされども笠に花すみれ/斯波園女

真水あり夏の菫を沈めたる/宇多喜代子

余念なきわれに言問ふ菫かな/大石悦子

出土仏菫のもとに置かれけり/岩崎照子

別れ霜菫を濃うし夜明けたり/鈴木頑石

君知るや花のはやしを紅葉狩/五車反古

黒ひとすぢ混じる菫を束ねけり/中田剛

咲かぬ間もものにまざれぬ菫かな/園女

国栖人の裳裾触れたる菫はも/西村和子

旧姓は刻もどす名よ花すみれ/長谷川翠

日光のなかに月光すみれ草/大槻紀奴夫

壺のところ最も濃ゆき菫かな/西本一都

夢の中人も菫も乱れがたし/宇多喜代子

大和路や紀の路へつづく菫草/夏目漱石

黒土にまぎるゝばかり菫濃し/山口誓子

天平に如く世はあらぬ菫かな/野村喜舟

菫咲く宇陀の古道いゆくなり/皿井旭川

小春日に菫も返り咲きにけり/室生犀星

俳句例:221句目~

小諸なる古城に摘みて濃き菫/久米正雄

少年に菫の咲ける秘密の場所/鷹羽狩行

瑞牆山を空に置きたる菫かな/石田勝彦

猫の子は菫の花をねぶりけり/松瀬青々

山菫匂ひもなけれ捨て去んぬ/太田鴻村

山路来てなにやらゆかし菫草/松尾芭蕉

熔岩にまだ火の色残る花菫/松崎鉄之介

閙しや菫を摘めばつくつくし/斯波園女

幼子に菫のいろを言はせをり/高澤良一

庭の土痩せて菫のいぢけ咲き/高澤良一

若草やあるがなかにもしら菫/松岡青蘿

雉子の尾のやさしくさはる菫かな/秋色

君逝きてつましき暮しすみれ草/堀恭子

弁当の紙飛びたがる花すみれ/辻田克巳

摘みくれし菫を旅の書にはさむ/上村占

常節の籠に添へたる磯すみれ/石原八束

瀧口のひろびろとあり花菫/大木あまり

新月やうすき菫のひとたむろ/巌谷小波

方言かなし菫に語り及ぶとき/寺山修司

機関車の息あびて咲く菫かな/太田鴻村

俳句例:241句目~

日を浴びていしが菫に戻りけり/徳弘純

最晩年菫を咥へて眠りをり/佐藤恵美子

月日飛ぶ思ひ桃咲き菫咲く/柴田白葉女

朝風に皆揺れてゐる菫かな/大谷碧雲居

風厚し菫の春をさがしつつ/百合山羽公

菫つめばちひさき春のこゝろかな/暁台

老婆より菫を買へり雪嶺下/田川飛旅子

菫のやうに泪もろくて雨合羽/清水径子

翁舞ふすこし離れて菫咲き/つじ加代子

菫は野に鳶職屋根の曇天に/田川飛旅子

山すみれ土の湿りの色に出て/野沢節子

馬の尻の綺麗に割れて菫咲く/中村和弘

馬の頬押しのけつむや菫草/杉山杉風/

納戸神かがみて拾う菫かな/宇多喜代子

すみれ草辿り鉄路を辿りけり/二村典子

行き過ぎて戻る暗黒、菫に酢/攝津幸彦

パンジーを跨ぎ三日の郵便夫/山尾玉藻

パンジーヘ正午の指針花時計/浅見画渓

かぎろひの丘に指入れ菫掘る/阿波野青畝

けふ百日菫はゆりにかはりけり/立花北枝

俳句例:261句目~

つみ入れし菫むしりてねる子哉/松瀬青々

どちらからともなく言ひて初菫/大石悦子

ひそやかに地獄の岸の菫かな/五十嵐播水

ひとたまりなき霜必死にて菫/篠田悌二郎

もう寝るといつて死にたる菫かな/龍岡晋

をとめの日すでに遠しや菫摘む/高木石子

三色菫も菜の花も舞へ合格す/石田あき子

三色菫買はしめおのれやさしむも/森澄雄

何とはなしに何やらゆかし菫草/松尾芭蕉

吹かるゝや塚の上なるつぼ菫/芥川龍之介

天城越え褪せつゝ菫つゞきけり/渡辺水巴

宇陀の日は暈著やすくて菫草/大峯あきら

山かげのしたしくなりし菫かな/下村槐太

山菫たたずむものをゆかりかな/宮津昭彦

岩かげろふ暑し菫のむらさきに/太田鴻村

岩陰に木の実触れゐる菫かな/大谷碧雲居

弱きときもつとも強し菫買ふ/田川飛旅子

御手洗に菫の花の浮きて舞ふ/山田/三桜

愛はいま冬の菫にさしかかり/中尾寿美子

摘んで来し菫はるばる匂ひけり/後藤立夫

俳句例:281句目~

旅の鞄に菫いくども傷つけられ/寺山修司

木がくれや日をよろこべる菫草/臼田亜浪

背戸べりに菫ならびつ故山なる/室生犀星

菫咲き崖にやさしき日ありけり/石塚友二

虹の根のありしところか菫濃し/齋藤愼爾

蝶とべり飛べよとおもふ掌の菫/三橋鷹女

空林に日のかくれなし咲く菫/秋元草日居

路ありてゆく菫濃きひとたまり/太田鴻村

稲かけし下のみだれにあな菫/篠田悌二郎

菫かな白寿の母を生みたるは/上野まさい

鉢に乱れし三色菫地にかへす/軽部烏頭子

鉢に菫二十懸命に花つけたり/田川飛旅子

瀕死の白鳥古きアジアの菫など/赤尾兜子

沼近きうすき菫は誰も摘まぬ/加倉井秋を

菫掘るむらさきの時間に耽り/加藤かけい

あけぼのの夢もの語れ青すみれ/多田裕計

今も生きる妻との指切り菫角力/香西照雄

さよならは又会ふ言葉花すみれ/広川康子

菫摘みに恥かき捨てのろんぐらん/仁平勝

すみれ咲く/一抱えもの薬です/松本恭子

タイトルとURLをコピーしました