季語/菫(すみれ)を使った俳句

「菫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菫」について

【表記】菫

【読み方】すみれ

【ローマ字読み】sumire

子季語・関連季語・傍題・類語など

・壷すみれ(つぼすみれ:tsubosumire)

・姫すみれ(ひめすみれ:himesumire)

・茜すみれ(あかねすみれ:akanesumire)

・岡すみれ(おかすみれ:okasumire)

・山すみれ(やますみれ:yamasumire_)

・野路すみれ(のじすみれ:nojisumire)

・雛すみれ(ひなすみれ:hinasumire)

・藤すみれ(ふじすみれ:fujisumire)

・桜すみれ(さくらすみれ:sakurasumire)

・小すみれ(こすみれ:kosumire)

・叡山すみれ(えいざんすみれ:eizansumire)

・花菫(はなすみれ:hanasumire)

・菫草(すみれぐさ:sumiregusa)

・菫野(すみれの:sumireno)

・菫摘む(すみれつむ:sumiretsumu)

・相撲花(すもうばな:sumobana)

・一夜草(ひとよぐさ:hitoyogusa)

・一葉草(ひとはぐさ:hitohagusa)

・ふたば草(ふたばぐさ:futabagusa)

季節による分類

・「す」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

菫を含む俳句例

義仲の鎧の重き菫哉/展宏

間断の妻の死顔白菫/斎藤玄

馬継や荒田の畔の菫粥/調和

明ぼのや菫傾ぶく土竜/凡兆

弁厚き三色菫進級す/水谷晴光

群菫高原なれば日の強く/林火

年子まびけば菫みだるる/養浩

舟棹のとどく岩間や菫草/桐山

京過ぎて伏見に近し菫草/尚白

蜜蜂も菫も囃す離散村/齋藤玄

地動説疑存す菫かな/尾崎迷堂

墓に倦む児の両眼の菫草/龍太

壷菫一鉢畝傍郵便局/坪内稔典

花かしげゐる菫草神神し/中田剛

菫草小鍋洗しあとやこれ/曲水/

遠山の峯曇り居る菫哉/内田百間

キリ芝の野芝にもどる菫哉/淅江

菫艸杉の古根に咲入し/加舎白雄

銃口や猪一菫の草による/原石鼎

戒厳令下菫異常なし/正午仁平勝

俳句例:21句目~

山路来て何やらゆかし菫草/芭蕉

頂上の風の菫の泪いろ/辻田克巳

石段に茎長く咲く菫かな/原月舟

石段の高々とある菫かな/日原傳

色ふかき菫氷雪の峯天に/有働亨

菫まで二タ足とんで夕渚/桂信子

筍掘り掘り菫見つけた/北原白秋

篁の籬のすその菫草/五十嵐播水

卵置く三色菫の花の中/高野素十

朝鳥や菫繞らす切株に/石田波郷

骨拾ふ人にしたしき菫かな/蕪村

醜聞の園長/菫の皆既食/仁平勝

天網は冬の菫の匂かな/飯島晴子

わが庭に赤人寝ねよ菫満つ/林翔

壺菫伝通院の墳にかな/野村喜舟

鼻紙を敷いて坐れば菫かな/一茶

燈台へ嶮しき空が菫より/古館曹人

師のかげに夫人は菫そと賜ふ/波郷

菫咲く頃君も不順の歌劇団/仁平勝

廃村へ道は残りて菫咲く/豊原月右

俳句例:41句目~

物一つ菫かぬ円卓七月へ/村越化石

崖土ほろほろ菫ぬいてる/北原白秋

三色菫勤勉をただ誇とし/藤田湘子

鐘の音空にひろごる菫かな/中田剛

大いなる花の菫に夜明け来し/石鼎

菫咲く野はいくすぢの春の水/宗長

菫咲く雨の山車蔵半開き/大野徳樹

下草に菫咲くなり小松原/子規句集

いつしかに百方の忌の花菫/斎藤玄

白菫黄昏は物のあはれなり/碧梧桐

鉛筆で仰向け見たり壺菫/高浜虚子

犀川の蒼古の神の菫かな/西本一都

高館の崖のもろさよ花菫/沢木欣一

菫野に士竜のあげし瓦哉/加舎白雄

人形の髪にさしたる菫哉/寺田寅彦

天心や一聲もらす菫草/河原枇杷男

菫越して小さき風や渡りけり/篠原

遠山もなき麦畑の菫かな/野村喜舟

跼るや菫咲きゐる寂光土/内藤吐天

跼るや菫咲きゐる寂光土/内藤吐天

俳句例:61句目~

積塔や下駄でふまるゝつぼ菫/東以

すみれ展高嶺の菫花異端めく/沢聰

暖冬の月上げて空菫色/田川飛旅子

だんらんの畳を汚す菫かな/仁平勝

見付たる菫の花や夕明り/夏目漱石

宗達の象のかぎよる菫かな/龍岡晋

風荒き峠の菫冴えにけり/渡辺水巴

山寺の菫のみちの厠かな/西本一都

青年と腹這ふ前に菫濃し/山口誓子

花菫翳れば優し肥後の峯/北野民夫

菫程小さき人に生れたし/夏目漱石

花すみれ光る迅風の山磧/石原八束

居りたる舟を上れバすみれ哉/蕪村

再建の尼へ色付く菫なり/和田悟朗

烈風や余生の菫抱きかかふ/齋藤玄

根を包む紙を貰ふや花菫/井上井月

熨斗目きて来る人もなし菫草/山店

一滴の泪冬陽のすみれ草/飯田龍太

わが焔菫の里へ片寄せむ/栗林千津

すみれ展高嶺の菫花異端めく/沢聰

俳句例:81句目~

此思ひ菫に咲かん君が園/会津八一

燈台の亀裂無人の菫濃し/古舘曹人

峯雲の翳の陸地の菫色/八木林之介

母が購ふ菫一瞥卒業す/文挟夫佐恵

井のもとも菫薺のはる辺哉/松岡青蘿

岩かげに秘密の菫幼き愛/永田耕一郎

過ぎ易き祖母の喪の中初菫/野澤節子

鉢菫昨日のままの頁伏す/石田あき子

かたまつて薄き光の菫かな/渡邊水巴

崖菫かくれの里へ逆落し/下村ひろし

雉の尾のやさしくさはる菫かな/秋色

雨の中鳥鳴いてゐる菫かな/藺草慶子

骸骨を叩いて見たる菫かな/夏目漱石

つちくれの小さき日陰に菫かな/虚子

つと逝けり卓には冬の菫束/小池文子

当帰よりあはれは塚の菫草/松尾芭蕉

ともすれば涙こぼるる菫かな/龍岡晋

当帰よりあはれは塚の菫草/松尾芭蕉

鬱の季の男と菫そだている/寺井谷子

鼻紙も外めづらしき菫かな/尾崎紅葉

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ