季語/観潮(かんちょう)を使った俳句

「観潮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「観潮」について

【表記】観潮

【読み方】かんちょう

【ローマ字読み】kancho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・観潮船(かんちょうせん:kanchosen)

・渦潮(うずしお:uzushio)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

観潮を含む俳句例

観潮や女船長大胆に/久保曲甫

渦潮に朝蝉の島青黒し/宮津昭彦

観潮の刻来て男やすらぎぬ/原裕

渦潮の架橋一直線の夏/菅野一狼

観潮の透きとほる大渦柱/中村若沙

渦潮の青を身に刷く桜鯛/内田雅子

夏菊や渦潮までの海平ら/鈴木桜子

渦潮に神掲げたる鰯雲/町田しげき

深呼吸して観潮の距離はかる/原裕

観潮船天井に潮映しけり/矢島渚男

観潮やいつも肌身に袋物/古舘曹人

観潮やいびつの渦の数多き/森田峠

観潮やたるみ渦又ちから渦/松永珠

渦潮の深き坩堝に月の影/稲荷島人

渦潮にもまれし色の桜鯛/浅野白山

観潮の女抱きて男立つ/成瀬正とし

秋蝉に渦潮迅し壇の浦/赤堀五百里

海峡の渦潮にのり春の鳶/椎橋清翠

渦潮の下品に見ゆ鱧料理/上野章子

渦潮の底礁匐へる鮑とり/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

渦潮を渡りて雁の列を解く/吉本昴

渦潮の風の岬の薄羽織/稲垣きくの

観潮船に竝ぶ女の尻撮す/田川飛旅子

渦潮の曇天にして青奈落/上野さち子

力潮ちらと見しのみ観潮船/松村多美

渦潮の霞に鳴れり船も鳴る/山口草堂

白波のむれて観潮刻を得つ/皆吉爽雨

渦潮の鰆とる舟かしぎ舞ふ/山口草堂

若布刈舟観潮船の波に堪ふ/浦野芳南

渦潮やたつなみ草は風がまへ/近藤忠

渦潮や秋日輪をちりぢりに/石川文子

渦潮を落ちゆく船の姿して/山口誓子

神鳴に瀬戸の渦潮応へけり/野村喜舟

観潮の太陽威力なくくもる/鈴木達弥

観潮の己れ失なふ息乱す/柴田白葉女

観潮船逆行の鐘二点打つ/猿橋統流子

観潮の渦出来かゝる潮の音/東根市昌

角固き観潮船の切符持つ/猿橋統流子

しのゝめの渦潮の空鷹渡る/井川泊水

小春凪渦潮もまた渦を解く/新田巣鳩

俳句例:41句目~

岩は皆渦潮しろし十三夜/水原秋櫻子

浜菊や瀬戸の渦潮激ち合ふ/河本好恵

あかときの渦潮の紅さくら鯛/加藤守

観潮の高みにすみれひとたむろ/原裕

渦潮に日影つくりぬ春の雲/高浜虚子

渦潮のゆるみそめたる轡虫/山内弘子

観潮や流るゝ水母岩ばしり/永谷香波

渦潮の向ふの海の油照り/稲垣きくの

観潮や片手漕ぎなる舟にあふ/森田峠

観潮や舟乗りすてゝ山の上/鈴木花蓑

観潮や赤前垂の婢も乗せて/高野素十

渦潮の奈落仏眼ならば見ゆ/斎部薫風

観潮の船を打ちつつ渦見ゆれ/皆吉爽雨

渦潮へ早や散葉せり島の木々/近藤一鴻

岬かげを出て矢とすすむ観潮船/松本進

祓はれし観潮船の汽笛かな/高瀬/初乗

渦潮のごとくに風の白牡丹/稲垣きくの

渦潮ながるるてふてふならんで/山頭火

渦潮の母子よ父の渦どこに/秋元不死男

渦潮は神の狂気か黒鯛を釣る/田中水桜

俳句例:61句目~

観潮の帆にみさごとぶ霞かな/飯田蛇笏

渦潮に火屑こぼるゝ夜焚かな/日野芝生

渦潮の波光むらだつ天の澄み/石原八束

渦潮の芯のくらさも日の盛り/中尾杏子

渦潮に入りゆく嬰児抱きつづけ/長田等

観潮の風の逆髪意にもせず/稲垣きくの

渦潮の叫喚船をかたむけぬ/稲垣きくの

渦潮の渦やや小さく春は行く/本岡歌子

渦潮の奈落に竜宮ありやなし/松村多美

観潮や渦の奈落の底見ゆる/高崎小雨城

観潮會酒樽渦のなすままに/下村ひろし

観潮船ふつと白煙音とならず/山口誓子

渦潮の渦の快楽を思ひ寝る/上田五千石

海に壷ありて渦潮なだれ落つ/品川鈴子

観潮船傾ぎ女を抱きにけり/加藤三七子

渦潮や渦中相摶つ揉まれ黒鯛/関谷嘶風

観潮船橋下奈落の渦を越ゆ/下村ひろし

観潮船逆立つ潮につまづきぬ/伊藤隣平

渦潮の渦巻きをらむ霧の底/米田双葉子

渦潮みて荒き心を隠さざる/橋本多佳子

俳句例:81句目~

渦潮や燈にまみれたる納涼船/川崎展宏

観潮船雨粒びつしりと鎧ひ/波多野爽波

鯊を釣る突堤伸びて渦潮へ/今井千鶴子

観潮の高さのままにあらあらし/伊東達夫

観潮やマフラー一つ手にしたる/岸本尚毅

観潮の小手をかざしぬ鳴門晴/中村柘榴子

観潮船みんな花子となっている/永末恵子

観潮船ストーブ赤く燃えゐたる/岸本尚毅

渦潮のふなばた蝶を放ちしか/稲垣きくの

渦潮に対ふこの大き寂しさは/橋本多佳子

渦潮の底の底まで巻きゐるや/宮澤富士男

渦潮にふれては消ゆる春の雪/今井つる女

かもめ飛ぶ観潮の帆の遅日かな/飯田蛇笏

渦潮の流転わが世の比ではなし/品川鈴子

巻きそめし渦潮釣瓶落しかな/長谷川史郊

渦潮の滝なすいくり近よれず/稲垣きくの

渦潮の辺に若布刈舟たゆたへり/高浜年尾

まぎまざと覗く渦潮地獄なり/稲垣きくの

渦潮の鰆とるふねかずしれず/佐野まもる

行きちがう観潮船に手を振れる/姫野丘陽

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ