季語/橘(たちばな)を使った俳句

「橘」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「橘」について

【表記】橘

【読み方】たちばな

【ローマ字読み】tachibana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

橘を含む俳句例

橘の実は尚てりて余寒哉/賀瑞

仰ぎみる橘の実の二つ三つ/草兵衛

実りたる右近橘御簾の前/松野自得

橘の黄を珠として弓矢神/桂樟蹊子

橘の黄の小さきは右近かな/吉田鴻司

橘は黄を深めつつ天の鈴/長谷川秋子

旅たのし葉つき橘籠にみてり/杉田久女

橘の赤き実を愛づ旅に出て/瀬戸口民帆

青き葉の添ふ橘の実の割かれ/日野草城

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ