季語/簟(たかむしろ)を使った俳句

「簟」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「簟」について

【表記】簟

【読み方】たかむしろ

【ローマ字読み】takamushiro

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

簟を含む俳句例

細脛に夕風さはる簟/蕪村

大勢の中にふと我簟/立子

篠山の三尺花鳥簟/斉藤夏風

象嵌の匠どつかと簟/堀政尋

簟髪切虫のばたと来る/虚子

簟心の塵もはらひけり/几董

京の宿置行灯に簟/西山泰弘

窓なりに昼寝の台や簟/芭蕉

廬山寺の僧似合しや簟/暁台

下腹に脈覚ゆるや簟/会津八一

病床を空けて涼しむ簟/中川岩

簟ひやひや暗し祭笛/野澤節子

骨高き外くろ節や簟/矢田挿雲

枕辺に這ふ山蟻や簟/赤木格堂

棕梠の葉を打つ雨粗し簟/草城

簟少し日当る朝のほど/石井露月

簟名残におきし銀煙管/松瀬青々

簟屈託の膝噛みにけり/大石悦子

刀鍛つ火花に焦げし簟/荏原京子

嗚咽して御飯を鵜呑み簟/赤松子

俳句例:21句目~

雨を含む梧桐の風や簟/河野南畦

簟物狂ほしく蟻の這ふ/高浜虚子

簟名残の夜を山に向き/児玉輝代

簟妾の帯びだる微醺哉/篠崎霞山

この家に越して二日や簟/長谷川櫂

たましひの昼をぬけをる簟/森澄雄

弓取の帶の細さよたかむしろ/蕪村

大硯の海干る風や簟/菅原師竹句集

寝返れば佳き音したり簟/大石悦子

細脛に夕風さはるたかむしろ/蕪村

危座兀座賓主いづれや簟/高浜虚子

拭きこみて母生涯の簟/塩谷はつ枝

父在りし日の空ありぬ簟/白井爽風

簟児のいばりの流れけり/子規句集

大いなる父の胡座や簟/ほんだゆき

簟玉ばしりしてこぼれ水/鈴木花蓑

語らずにゐる涼しさや簟/岡安迷子

風なくて物書きよげぞ簟/角田竹冷

蒲筵長しと思ひつつ話す/高野素十

虫聴くや素足に痛き蒲筵/小泉迂外

俳句例:41句目~

ゆく水にうちまたがせよ簟/加舎白雄

山添ひに馴れ簟名残りかな/萩原麦草

お茶粥をご馳走になり蒲莚/串上青蓑

蒲筵一枚敷いてあるばかり/高濱年尾

簟ぬすつと歩きしてゐたり/大石悦子

池殿の簟にも誰か居し/横田/八重子

簟にわが子守唄古りにけり/斎藤節子

湯上がりの素足の匂ふ簟/塩谷はつ枝

新嫁の里のもたらす蒲莚/三浦/まさゑ

籐筵移宅次第に自家となる/平井さち子

絵莚や水のごとくに夫婦ゐて/山田弘子

青巒の月小さゝよたかむしろ/飯田蛇笏

招じたる人高浮びたかむしろ/井沢正江

松風や池の月見るたかむしろ/篠崎霞山

浴して且つうれしさよたかむしろ/召波

なつかしみ見て蒲筵かと問ひし/高野素十

絵筵の花つぎの世はなに病まむ/綾部仁喜

君端居われは離れにたかむしろ/高濱年尾

巖の上を汐のながるるたかむしろ/田中裕明

日は西に我ふとりけん簟/京-幸佐/元禄百人一句

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ