季語/竹馬(たけうま)を使った俳句

「竹馬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「竹馬」について

【表記】竹馬

【読み方】たけうま

【ローマ字読み】takeuma

子季語・関連季語・傍題・類語など

・高足(たかあし:takaashi)

・鷺足(さぎあし:sagiashi)

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

竹馬を含む俳句例

竹馬や軒の下闇五月雨/調幸子

竹馬や少年透谷在校碑/清水基吉

竹馬の影を障子に父病めり/梧朗

竹馬が倚る白壁のうらの湖/民郎

竹馬が古本選ぶ眸をよぎり/欣一

根気よき竹馬一番星奏づ/禰寝瓶史

竹馬に土まだつかず匂ふなり/林翔

竹馬やひたと竹吸ふ足袋の股/林翔

竹馬を今はかつぎて母のもと/汀女

竹馬は青竹がよし美少年/西島輝治

竹馬が近寄り塀が背伸びする/吐天

竹馬の高き一人に従へる/鷹羽狩行

竹馬の雪蹴散らして上手かな/立子

竹馬の土まだつかず匂ふなり/林翔

竹馬の足しなふまで高きかな/梨葉

竹馬に踏み弾かれし木の実かな/旭川

更けし灯は竹馬の友か盆の村/中拓夫

竹馬の鶏追うて走りけり/赤星水竹居

横町を竹馬が来て二月来て/松山足羽

氷雨して野は竹馬の子に光る/晩羊原

俳句例:21句目~

病篤しと竹馬の子の曰く/波多野爽波

竹馬や男まさりも年頃に/広畑美千代

竹馬の一騎落ちゆく夕野原/水岡芳子

竹馬の左足やも捨ててあり/吉田英子

竹馬に仕上げて青し悴みぬ/永井龍男

竹馬が知る界隈の土の触/上田五千石

竹馬の職員室を覗きをり/松浦沙風郎

竹馬の子に投函の文托す/塩谷はつ枝

常夜燈竹馬の子の往来して/本多佑子

竹馬のさみしき顔や塀を過ぐ/大串章

弟の忌や竹馬の子が通る/土橋いさむ

竹馬に一人遊ぶ子雪の家/島村元句集

竹馬の躓きしもの見ず倒る/右城暮石

往還に出て竹馬の秩父の子/森田公司

竹馬が南大門を入りゆけり/千葉皓史

竹馬に真つくれないの空の祭/佃悦夫

竹馬や近くの山に父と母/鈴木六林男

塀にもたれ竹馬の子に愁あリ/福田蓼汀

家畜小屋竹馬の友とすれ違う/畑中/憲

戛々と来しは竹馬女の子なり/井沢正江

俳句例:41句目~

暗くなり子等は竹馬なほ下りず/波津女

竹馬が倒れて竹の音を出す/有馬いさお

忌籠の家の竹馬見えてをり/波多野爽波

竹馬でげんげの畦を歩きをり/高木晴子

竹馬とともにくづれし子らの円/風間圭

竹馬に乗りて男に負けてゐず/藤松遊子

竹馬に乗れてお使どこへでも/谷口米雄

竹馬のわらはに蹤くは女のわらは/青篁

竹馬の伏目のままに通り過ぐ/福永耕二

竹馬の別るゝ声のしてゆふべ/清原枴童

竹馬の桁ゆるびけり冬ぬくく/永井龍男

竹馬の季節次郎を憶ひ出す/佐野まもる

竹馬の影近づきし障子かな/松本たかし

竹馬の目路の高さに朝の海/小野恵美子

竹馬の立てかけてある墓籬/波多野爽波

竹馬の闊歩行先なけれども/橋本美代子

竹馬の青きにほひを子等知れる/草田男

竹馬へもどる子高し神父より/朝倉和江

竹馬やこんにやく島と俗によび/龍岡晋

竹馬や住吉さまへ路次つづき/甲賀山村

俳句例:61句目~

竹馬や叱ってくれる人減りし/宇咲冬男

わが竹馬ひくきを母になげきけり/林火

垣の内竹馬の子に覗かるゝ/池内たけし

竹馬をよけて通るや猿まはし/高浜虚子

竹馬を立て掛け谷中の築地塀/脇坂啓子

門をまだ出ず竹馬の脚馴らし/佐藤和枝

集金や竹馬の子が蹤いて来る/皆川白陀

竹馬に乗り倒れしてふるさとよ/桑原三郎

竹馬に乗つて行かうかこの先は/飯島晴子

竹馬のかけぬけて行く師走かな/小澤碧童

竹馬にのぼりて忘る総理の名/宇多喜代子

竹馬のいつも遅れて吾子の来る/藤野/力

竹馬の高からざりし記憶かな/相生垣瓜人

竹馬で比叡が見える機屋露地/杉岡せん城

校庭を出て竹馬をかつぎゆく/松本ヤチヨ

暮れてなほ竹馬の子や奈良井宿/飯塚秀城

竹馬のめり込む砂地にて遊ぶ/山口波津女

古都の子はひとりで遊ぶ竹馬に/中村明子

竹馬の大股歩き「神死す」と/小川双々子

竹馬の手綱ともがなつるいちご/服部嵐雪

俳句例:81句目~

乗れるはずなる竹馬に焦りもし/豊田淳応

竹馬の子が折り廻る氷柱かな/石島雉子郎

麦笛を吹けど竹馬の友のゐず/遠藤若狭男

竹馬の子ぞひそみをり長命寺/八木林之助

竹馬を雪に下りたる裸足かな/島村元句集

舟の子の竹馬かつぎ上り来し/米澤吾亦紅

足病めば歩きたくなり竹馬見る/国弘賢治

竹馬に土ほこほこと応へけり/山田みづえ

鶏小屋の屋根より乗りぬ竹馬に/増澤和子

竹馬を御す手胸辺にやすみなし/橋本多佳子

不具の子に竹馬高々と通りけり/島村元句集

たのまれて竹馬の子のポストまで/黒田杏子

竹馬子の影もとゞめず落ちにけり/西島麦南

筆投げて児の竹馬に乗りてみる/文挟夫佐恵

竹馬の吾子のつめたき眼にあへる/田中裕明

竹馬や青きにほひを子等知れる/中村草田男

竹馬の子のおじぎしてころびけり/星野立子

竹馬の脚のささくれ子の病めり/中戸川朝人

竹馬やうれしさ見える高あるき/雪中庵龍雨

路地から路地へ鬼没の竹馬三河島/平井さち子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ