季語/七月(しちがつ)を使った俳句

「七月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「七月」について

【表記】七月

【読み方】しちがつ

【ローマ字読み】shichigatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

七月を含む俳句例

七月や萱は切先豊かにて/上野燎

七月や海の店にも李出て/森澄雄

雨粒の中なる街も七月へ/小澤實

七月や少年川に育まれ/山根真矢

七月の広き草原楡一樹/河野恭二

七月の童糞せり道の上/石田波郷

七月やひづめの音を奥山に/原裕

七月の花を梢に深山朴/西本一都

七月の行方烏賊釣火は沖へ/原裕

夕月に七月の蝶のぼりけり/原石鼎

七月の青い鴎をとりにゆけ/皆吉司

七月の青き水ゆく竹の奥/石原舟月

七月の少女の産毛金色に/芦川巣洲

七月の面暗しや返り梅雨/石塚友二

七月や方舟になき羅針盤/鈴木栄子

駒鳥が鳴く七月の南谷/伊藤いと子

七月の殺気真昼の水を過ぐ/桂信子

軍神も七月の足臭からめ/筑紫磐井

七月の海峡ただよふ竹箒/横山房子

七月の海真つ青な暦剥ぐ/玉田年春

俳句例:21句目~

見送るや七月すでに鰯雲/相馬遷子

七月の湖あり利休絣着て/岡井省二

腰を病む甘納豆も七月も/坪内稔典

七月の雨瀟々の居職の窓/下村槐太

紺着流す風樹相摶つ七月の/桂信子

生陶に射す七月の夕暮光/大橋敦子

七月の光が重し蝶の翅/橋本多佳子

七月の舞台鞴の茣蓙に雨/宮武寒々

物一つ置かぬ円卓七月ヘ/村越化石

少年のつばさなす耳七月へ/林邦彦

七月の夜明の浪や垣の外/増田龍雨

自転車を倒し七月匂いけり/和田悟朗

七月の海退屈に日が沈み/猿橋統流子

七月の病躯起すに縄のごと/下村槐太

七月の舞台幕ごと飯食べる/宮武寒々

七月の諒闇といふ静けさよ/筑紫磐井

ねむの花ちる七月の仏かな/飯田蛇笏

七月の赤がれ見ゆる芒山/冨田みのる

七月の躑躅が燃ゆる霧の中/大島民郎

七月の青嶺まぢかく熔鉱炉/山口誓子

俳句例:41句目~

七月といふ晩年の空のあり/櫂未知子

七月や山てつぺんの立話/大木あまり

七月は水の落ち合ふ東京府/筑紫磐井

七月へ光る一点樹上の人/櫛原希伊子

七月やいま大宰府の雨太き/中村祐子

七月やロダン立像漆黒に/石田あき子

七月や予感はいまも草の中/大坪重治

七月や壮年の樹に風はらみ/筑紫磐井

七月や子を連れ歩ゆむ山鴉/萩原麦草

七月や既にたのしき草の丈/日野草城

七月や目玉大きく合羽着て/松本文子

七月や紫苑の丈に雨そゝぎ/林原耒井

七月の僧と向きあふ小半日/石川桂郎

七月や銀のキリスト石の壁/大野林火

暑き日に潤一郎忌加へけり/細川加賀

七月の利久燈籠どこも濡れ/横山白虹

七月尽星の赤光士気盈つる/斎藤空華

妻恋へば七月の野に水の音/角川源義

日日の照七月やふどし干す/下村槐太

秋雨の如きパリーの七月に/高木晴子

俳句例:61句目~

七月の夜空の潔さ群青忌/渡邊千枝子

七月の家ゆるがせて汽車黒し/桂信子

七月のてのひらにおく八ケ岳/神蔵器

七月の手足光れり泥染師/能勢真砂子

紀の川を七月の風渡り初む/今泉貞鳳

七月の切傷あまき血のにじむ/長山順子

あてもなく買ふ七月の旅鞄/渡邊千枝子

七月や団地は角を張り詰めに/毛塚静枝

妻の忌の七月七日もう真近か/足立刀水

七月や山羊の目遠き水上へ/波多野爽波

ひとりこぼれて七月のどまん中/林恒子

夫も孫も七月生れ草矢射る/伊藤いと子

七月の言はれて母の忌日かな/石川桂郎

七月や雨脚を見て門司にあり/藤田湘子

七月や描く眉墨の細く濃く/野村津也子

七月の雨きらきらと犀の檻/栗原利代子

七月のこゑ白雲が蜂起せり/千代田葛彦

七月の運河見てゐる傘を垂れ/大屋達治

七月やてのひら白く水つかふ/館岡沙緻

七月や林檎をシャワーもて洗ふ/皆吉司

俳句例:81句目~

七月や流寓の子の櫨かぶれ/百合山羽公

七月の輪飾をして元湯かな/八木林之介

七月や冷してたまふ水ぐすり/石田波郷

七月も十日過ぎたる雨の音/宇多喜代子

勘違いして七月の長きかな/宇多喜代子

三夕なりけり七月八月九月はけふ/調鶴

七月や砂地が影になつてゐて/細見綾子

七月の夕闇ちちもははもなし/平井照敏

七月の夜に入る山のくるみの木/嶺治雄

七月や四方延びに我が浅水は/永田耕衣

七月の日の出雉鳩鳴きつゞき/高橋馬相

七月の暑さとなりぬ麦を刈る/三谷美子

七月の蝌蚪が居りけり山の池/高浜虚子

旅人に七月さむき風吹けり/福田甲子雄

七月の雨犬猫を濡らしけり/今井杏太郎

明日よりは七月となる祓かな/成瀬千代

高山七月老鶯をきく昼寝かや/飯田蛇笏

七月の菩提樹の実をかく拾ふ/後藤夜半

七月の耳よりも冷え耳かざり/土生重次

磐梯の七月はらわた軽かりき/寺田京子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ