季語/玉葱(たまねぎ)を使った俳句

「玉葱」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「玉葱」について

【表記】玉葱

【読み方】たまねぎ

【ローマ字読み】tamanegi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

玉葱を含む俳句例

ふるさとや吊玉葱の厚埃/小澤實

かり宿の玉葱吊れる大廂/下鉢清子

中世は崖ぎはに塔玉葱穫り/竹中宏

咳一つ生きて玉葱岬に積む/原田喬

玉葱をまはりに育て湖透ける/林徹

玉葱に土臭き風通りけり/嶋田麻紀

玉葱の皮むき女ざかりかな/清水基吉

つとめ妻玉葱にすぐ涙ぐむ/品川鈴子

玉葱がすめば一年中ひまに/美馬風史

玉葱の白く積まるる大地かな/坂井建

玉葱を吊りて入日に近き家/柳澤和子

初凪の芥に芽吹く玉葱よ/高麗銀糸尾

厨にて芽吹く玉葱母の忌来る/朔多恭

吊されて玉葱芽吹く受難週/中尾杏子

玉葱の流れて来るや出水川/岸本尚毅

玉葱を吊す必ず二三落ち/波多野爽波

玉葱にとまる金蝿夕映えて/岸本尚毅

浄瑠璃人形玉葱畑の波に/中村ヨシオ

玉葱はいま深海に近づけり/飯島晴子

玉葱の寒き匂ひを刻みけり/野村喜舟

俳句例:21句目~

鶏鳴に玉葱一本づつ抜かる/岸辺千鶴子

七八個なれば不穏の芽玉葱/中尾寿美子

四月馬鹿玉葱刻みつつ泣けり/米田一穂

強し青年干潟に玉葱腐る日も/金子兜太

暗き母影軒の玉葱髪垂らす/磯貝碧蹄館

火薬庫の前を玉葱さげてくる/大石雄鬼

炒めつけられて玉葱甘くなる/保坂リエ

熱の顔なお玉葱を切りきざむ/和田悟朗

玉葱がるいるい土間の夕明り/飯島匂川

玉葱に笑窪のありて腐りたる/大石雄鬼

黄色の芽出し原爆地捨て玉葱/黒田謙司

玉葱の寂しき胸を剥がしをり/金城けい

玉葱の擬宝珠は寂し抽んでて/下村槐太

玉葱の外側にゐる易者かな/磯貝碧蹄館

玉葱の皮が落葉に交り飛ぶ/田川飛旅子

玉葱の臭ふ埠頭の倉庫かな/大星たかし

玉葱やすてられて泣く浮気もの/龍岡晋

玉葱やふるさとに来て妻若し/高橋悦男

玉葱をきざんでよりの流燈会/佐川広治

貧なる父玉葱噛んで気を鎮む/西東三鬼

俳句例:41句目~

買物籠充たす玉ねぎ鳥雲に/稲垣きくの

玉葱の影なすを見をり横臥しに/杉山岳陽

玉葱や遺品の中に芽吹きゐて/立木青葉郎

内干しの玉葱小屋の猛暑かな/藤田あけ烏

玉葱を提げて朝より主婦暑し/小合千絵女

体臭となるまで玉葱作り老ゆ/柴田白葉女

玉葱の晩生の玉のまこと大/片倉/志津恵

玉葱に泣きつつ勤労感謝の日/佐久間尚子

麦踏にあらで玉葱の芽を踏める/西本一都

畑に光る露出玉葱生き延びよと/西東三鬼

ころがつて玉葱芽だす涅槃西風/秋元不死男

玉葱は吊るさるるもの海鳴れり/大門美智子

玉葱のころげてありし海女の村/伊谷/詢子

新玉葱研ぎしばかりの刃に応ふ/岡本まち子

玉葱を一とまづをさむ小屋と聞く/鳥井春子

妻といふ名捨てて玉葱の皮軽し/長谷川秋子

玉葱を吊るだけにある小屋傾ぎ/多田羅初美

納屋の天井玉葱芽吹き豆ひく香/田川飛旅子

荷こぼれの玉葱まろぶ埠頭かな/大星たかし

玉葱苗霜枯れぬつぎつぎ風邪に寝る/古沢太穂

俳句例:61句目~

玉葱の吊り乾しの下からも見ゆ石狩川/橋本夢道

玉葱のいのちはかなく剥かれけり/久保田万太郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ