季語/ヨットを使った俳句

「ヨット」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ヨット」について

【表記】ヨット

【読み方】よっと

【ローマ字読み】yotto

子季語・関連季語・傍題・類語など

・快走艇(かいそうてい:kaisotei)

・ヨットレース(よっとれーす:yottoresu)

季節による分類

・「よ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

ヨットを含む俳句例

眼前にヨツト傾く一人旅/桂信子

傾きてヨツトは進む青嵐/野村泊月

銃眼にヨット近づく萩城址/大島民郎

緑蔭や渚につなぐヨットあり/秋櫻子

並走の同じ傾きヨットの帆/公文東梨

紋所明智か疾走するヨット/川崎展宏

胸に抱くヨットの舵を命とも/米谷孝

老夫婦の黙に沖さす遠ヨツト/桂信子

少年病む畳の西日ヨット形/香西照雄

湖へ散りヨットとなれよ冬桜/林昌華

密談のごとくにヨット凪港/関森勝夫

雲の峰ヨット俄かに迷走す/佐藤稚男

万葉集全巻積んでヨット発つ/伊藤径

ヨット航く南半球初景色/小見山希覯子

秋光を断ち反転のヨットの帆/丹羽啓子

女名のヨットひきだす海開き/品川鈴子

傾きの角度が速度ヨツトゆく/柏木志浪

夕映の色巻き畳むヨットの帆/山田弘子

鱚釣にヨツトは岬を廻り出づ/岸風三樓

遠景にヨット近景にもヨット/柴崎七重

俳句例:21句目~

ヨットいま長浜城を廻りくる/小林篤子

船虫に忽然としてヨットかな/中村汀女

帰り来しヨットの白帆放心す/西村和子

ヨットの帆三角になり線になり/花谷清

薫風の湾を弾ます新ヨット/百合山羽公

ヨットの帆切つ先揃ふ大海原/西村美枝

ヨツトの帆復活祭の風はらむ/池田秀水

弥生期の船団憶ふヨットの帆/吉原文音

峰雲へ身を傾けてヨット押す/西村梛子

一湾のヨツト空より舞ひ降りし/大串章

岳の影ヨット卸せし波にあり/岡田貞峰

一点を揺れるヨットや風光る/鈴木智子

群れ霞むヨツトに青年覚めてをり/原裕

ヨット来る山が拡ぐる翳の中/高木峡川

隧道出づ一面ヨット畑かな/にいざ蚯蚓

鏡中にヨット傾き子の熟寝/秋元不死男

ヨットゆく沖には沖の時流る/高/二彦

ヨット走す広き帆は夫梶帆われ/品川鈴子

ヨット部が沖に結集してゐたり/塩川雄三

ヨット部の去りて力の抜けし浜/杉原史耕

俳句例:41句目~

一湾をヨットの占むる安息日/荒井千佐代

倒しあるヨツトの陰の荒布かな/依光陽子

傾きをもどして進むヨットの帆/福川悠子

地球儀の海にヨットとなる白蛾/石川文子

夜の海ヨットは骨となりにけり/江坂衣代

女の腋ヨットの沖を膨らます/河野多希女

岩頭の無防備にゐてヨット見る/中村明子

どのヨツトにも紺碧の空ありぬ/会田仁子

快走のヨット日本語きらきらす/工藤克巳

成人の日のヨット部のみな湖へ/中條弘子

枇榔樹の大き葉影やヨットゆく/神村洋子

梯梧咲き潮入川を曳くヨット/前田/白雨

椎の照り海港しろきヨツト翔ぶ/中尾白雨

残照が痒いヨットの帆をたたむ/河合凱夫

片々の詩のごと遠きヨットの帆/大橋敦子

秋涼の海に飽かれし紅ヨット/百合山羽公

ヨットの帆清澄娼婦の街からも/伊丹公子

鐙摺のヨット馳すなり薔薇の窓/高澤良一

ヨットの帆傾きしとき曲るとき/高濱年尾

風待ちのヨット等海の水芭蕉/百合山羽公

俳句例:61句目~

ヨットの帆孕む風ごと畳みけり/平野辰美

風溜めしヨットは湖の金字塔/佐藤美恵子

ヨットの帆張るや青春ただ中に/伊東宏晃

湾の風あつめてヨット沖めざす/小島左京

ヨットの帆臀たくましく担ぎゆく/有働亨

ヨットの顔さだかに洗ひ夏雲ヘ/中島斌男

ヨット出す夫の纏へり今朝の秋/小池文子

ヨット出て土嚢が二つづつ残る/大橋敦子

ヨット航く4という字が傾いて/河盛鷹郎

ヨット解く春の桟橋水漬きつつ/加藤耕子

おばしまの遠眼鏡よりヨツトの帆/山崎行雄

お披露目のごとくヨットの快走す/高澤良一

知多の灯ヘマスト林立夜のヨット/加藤耕子

かの赤きヨットのけふも来る時刻/富安風生

ことごとく沖さすヨット往来忌/山崎ひさを

ヨット行く湖底に眠るナウマン象/安井信朗

立ち直りたりしヨツトは沖めざし/高橋笛美

ヨット群れ海の平らのおそろしき/河野南畦

ただ一つ湖心となりしヨットかな/高濱年尾

ヨット操る男サルビア色のシャツ/高澤良一

俳句例:81句目~

ヨットの帆小女は髪をあみはじむ/三枝成子

カーニバル海の座標にヨット燃え/石原八束

縞柄の帆が派手ヨット仕立てをり/高濱年尾

ヨット帆を倒し湖の季惜しみけり/名越直子

翅ひらく蝶よヨツトも向きを変ふ/羽部洞然

ヨット出発女子大生のピストルに/西東三鬼

一列に玩具のようにヨットゆく/曽根かずこ

ヨットゆく風をよろこびゐる如く/稲畑汀子

若き四肢ふんだんに使ひヨット出す/桂信子

ヨットの帆呼ばれしごとく反転す/西川織子

薔薇色の海はヨットを淋しくす/野見山朱鳥

ヨットの帆海へ言葉を撒くやうに/山崎正子

帆おろすやヨットの奢り巻き込みつつ/篠原

帆を上げしヨット逡巡なかりけり/西村和子

帆を垂らし魂抜けのヨットかな/土山山不鳴

言い出せぬ想いに高きヨットの帆/切輪南子

貸ヨツト美しからずたのしけれ/成瀬正とし

辻占師の背後いくども湾のヨット/伊丹公子

恋人たち言葉ヨットのように過ぎ/前川弘明

鋭きこゝろヨットを迅く迅く駆る/片山桃史

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ