季語/春の山(はるのやま)を使った俳句

「春の山」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の山」について

【表記】春の山

【読み方】はるのやま

【ローマ字読み】harunoyama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春山(はるやま:haruyama)

・春嶺(しゅんれい:shunrei)

・弥生山(やよいやま:yayoiyama)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の山を含む俳句例

降暮し~けり春の山/一茶

春の山隼松を流れけり/泊月

引導を渡すに莞と春の山/黛執

家ありや牛引帰る春の山/子規

春山の頂近く開墾す/高濱年尾

片兀に日の色淡し春の山/太祇

窓あけて春山画く机かな/至青

照鷽や春山となる櫟山/森澄雄

春山の路の牛糞友のごとし/三鬼

たゞ霞む春の山あり遠眼鏡/虚子

窓あけて窓いつぱいの春/山頭火

鴨居より下に春山美しや/上野泰

直線の堂曲線の春の山/高浜虚子

兄神も弟神も春の山/夏井いつき

筆先の茫と乾きて春の山/石嶌岳

春山に居り春山に対しをり/森澄雄

えぼし着て白川越す日春の山/乙二

春の山からころころ石ころ/山頭火

春山の一つの鳥居畏みて/後藤夜半

硯師の一服春の山を見て/森田公司

俳句例:21句目~

春の山なら顎で使いたい/永末恵子

神々の座とし春嶺なほ威あり/蓼汀

貧乏の骨や洗はむ春の山/会津八一

窯変のはじめに荒るる春の山/黛執

春の山母のみの聖観世音/松村蒼石

もの忘れするたび仰ぐ春の山/黛執

杉苗の畑もありて春の山/野村泊月

春の山竹挽く粉を零しつつ/日原傳

春嶺となれり万雷の瀧谺/川村紫陽

旅終る列車都心へ暮の春/山田閏子

今死なば瞼がつつむ春の山/齋藤玄

春山を出でくる川に堰いくつ/林火

春山や松に隠れて田一枚/村上鬼城

創痛や春の山鳩応へつゝ/石田波郷

絵巻物拡げゆく如春の山/星野立子

春山の麓に餅を搗ける音/田中冬二

円墳と思ひ春山とも思ふ/藤崎久を

雲に触れ春嶺肌を燃やし合ふ/日郎

黒を着て身の充実や春の山/石嶌岳

欄干と平らに春の山低し/子規句集

俳句例:41句目~

母独り足向けて寝る春の山/仁平勝

草籠の蔭に雉子や春の山/飯田蛇笏

春山の上に顔出す湯治客/前田普羅

山門が登り始めの春の山/茂里正治

岬山は萱山にして春の山/清崎敏郎

春山の底なる母の骨思う/金子皆子

雪つけて飛騨の春山南向き/前田普羅

骰子の一の目赤し春の山/波多野爽波

金剛と聞く春嶺の大いなり/遠藤梧逸

蝶追うて春山深く迷ひけり/杉田久女

神の住む春山白き雲を吐く/夏目漱石

畦ゆけば春山もまた歩み寄る/大串章

ほう~と紅き色あり春の山/星野立子

機の音春山色を変へつつあり/瀧春一

春嶺を重ねて四万といふ名あり/風生

春嶺の胸から小鳥飛び出せり/大串章

春山越えて人語はまろし冷し飴/苑子

春山へもたせかけある庭箒/橋本鶏二

春山に向ひてひらく寺の門/野村泊月

春山の遥かな杉と雑木かな/京極杞陽

俳句例:61句目~

闇を見るための両眼春の山/鈴木太郎

春山の道見えて吾子癒えしかな/子郷

夢に出し前鬼と後鬼春の山/角川春樹

大き月廻して眉山春の山/山田みづえ

春の山屍を埋めて空しかり/高濱虚子

春の山屡屡雲に暮れむとす/会津八一

春の山春の水御魂鎮まりぬ/子規句集

春山の腰のあたりを越えゆけり/間石

春の山残んの雪を月おもて/林原耒井

春山のごろりとしたる膝の上/松澤昭

春山の一軒家にて少女育つ/右城暮石

春山に生木たづぬる一本箸/飯島晴子

話しつゝ人登りくる春の山/野村泊月

春山の色に消えたる箒売り/中村苑子

尼の背に春山裾の跳り消ゆ/飯田龍太

春の山虚子の屍と思ふなり/岡井省二

大水車動きをる春山辺かな/吉田冬葉

縞馬の縞うすれたる春の山/吉田鴻司

少年の声にふくらむ春の山/渡辺紀子

鮮しき舌満ちてをり春の山/熊谷愛子

俳句例:81句目~

春山のむこうから物頼まれたり/橋石

春山に向ひて奏す祝詞かな/高野素十

春の山二つながらに雨深し/村沢夏風

林帯へ裾ゆるく入れ春の山/羽部洞然

楢の葉を綴ぢし氷や春の山/細見綾子

春の山人に離れて登り来る/西村和子

春の山円く聳えて重なれり/島田青峰

湖の町灯ともれば春の山消ゆる/雷子

湯花小舎重なる上の春の山/小池森閑

漉油採りにそろそろ春の山/高澤良一

寝ころぶや手まり程でも春の山/一茶

春山に二十四孝の屏風立つ/後藤夜半

春の山父喪ひし我にやさし/山本歩禅

ひめくりよ妻よ鞍馬は春の山/八十島稔

城ヶ島とは平らかなる春の山/清崎敏郎

旅人と犬おりてくる春の山/加藤三七子

春の山たたき埃のやうなもの/橋本榮治

春の山のうしろから煙が出だした/放哉

春の山ふたつ酸つぱし膳の上/攝津幸彦

春の山らくだのごとくならびけり/犀星

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ