季語/種茄子(たねなす)を使った俳句

「種茄子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「種茄子」について

【表記】種茄子

【読み方】たねなす

【ローマ字読み】tanenasu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

種茄子を含む俳句例

種胡瓜相憐むや種茄子/高浜虚子

赤き布つけて大きな種茄子/松本長

葛城に雲多き日の種茄子/須賀一恵

藁結んで印たしかや種茄子/本田一杉

燈台守種茄子雨に放置して/細見綾子

山寺の鎌掛けに吊る種茄子/升本行洋

老農の聖なる顔と種茄子と/渡辺鳴水

敷藁に尻をうづめて種茄子/岩下幸子

種茄子白雲を吸ふこと幾日/栗生純夫

種茄子や祭芝居の銭あつめ/中川四明

潮騒や花を小ぶりに種茄子/玉城仁子

種茄子ひらたい島を歩きけり/永末恵子

十ばかりありと思へり種茄子/前田普羅

種茄子尻を鍛へてをりにけり/石田勝彦

種茄子軒に見えつる夕べかな/上島鬼貫

寝て書いて長き手紙や種茄子/岸本尚毅

縦に割れ横に割れして種茄子/飯島晴子

西日照る戸口に吊りし種茄子/石川潤水

霜畑やとり残されし種茄子/エド-桐奚

種茄子の土に尻すゑなほ太る/山田春子

俳句例:21句目~

天の川見つつ夜積みや種茄子/芥川龍之介

峡の田のうかと日の照り種茄子/関戸靖子

気紛れに落ちくる雨や種なすび/高澤良一

種茄子を洗ひざらしの雨降れり/草間時彦

種茄子の種をくりぬき何もなし/柿本多映

種茄子川音つくるまでかがやく/栗生純夫

種茄子にひつそりと吹く夜の風/依光正樹

爆発のいつまで垂れて種茄子/佐々木六戈

種茄子のやうやく紺を失しけり/渡辺何鳴

種茄子を叩けば堕ちる音のせり/栗林千津

吊ってゐる紐の汚れし種茄子/中畠/ふじ子

来世あらば種茄子畑の底あたり/殿村莵絲子

種茄子を抜き捨てざれば無明かな/草間時彦

種茄子に晴れてまた降る雨のあり/高澤良一

種茄子の地につきてよりまた太る/高橋悦男

種茄子ものの垂るるといふかたち/後藤兼志

燃え殻のごときが裂けし種茄子/佐々木六戈

ゆつくりとかげる山の日種なすび/星野麥丘人

燃えがらのごときが裂けて種茄子/佐々木六戈

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ