季語/竹瓮(たっぺ)を使った俳句

「竹瓮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「竹瓮」について

【表記】竹瓮

【読み方】たっぺ

【ローマ字読み】tappe

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

竹瓮を含む俳句例

竹瓮舟未だ湖明けやらず/舟木紺雨

弁天の竹生に近き竹瓮舟/大石悦子

影重ね竹瓮沈める夫婦舟/浅井陽子

沈めたる竹瓮の水を顧みし/上村占

淀の竹瓮にまよふ一つかな/飯田蛇笏

朝靄の深き田舟に竹瓮あげ/松林是夢

朝靄を分けつ棹さす竹瓮舟/萩原正章

鮎の宿竹瓮行灯部屋ごとに/茂里正治

楸邨の見し古利根の竹瓮竿/森田君子

沈みたる竹瓮が濁す水の底/前田普羅

雨叩く最上川べり破れ竹瓮/高澤良一

尺余る鮒の手応へ竹瓮揚ぐ/吉田芹川

沈めたる竹瓮に竹生島の波/井沢正江

あげてゆく竹瓮々々に波尖る/田中王城

この竹瓮鰻の入る筈なりし/後藤比奈夫

竹瓮揚ぐ水の濁りの静まらず/高浜年尾

どてらの手遠くで動き竹瓮編/草間時彦

脳病院五時の鐘鴨る竹瓮かな/宮坂静生

一筋の縄に揚がりし竹瓮かな/岡田抜山

竹瓮舟芦を乗り敷き現れし/西沢十七星

俳句例:21句目~

竹生島澄む日は竹瓮凍りけり/大島民郎

舟過ぎて竹瓮にの跳ねる音/摂津よしこ

蝦竹瓮水なめらかに抜けにけり/石嶌岳

朝はしぐれ夕べ霰の竹瓮かな/草間時彦

竹瓮いまは湖の屑たり残り鴨/木村蕪城

竹瓮あぐる人にかぶさる男山/前田普羅

竹瓮あげ放生川にあらはるゝ/前田普羅

竹瓮はや底ひの水に馴染みをり/辻帰帆

竹瓮上げ沼の光の集まりし/深見けん二

竹瓮上げ沼道濡らす惜命忌/町田しげき

ただよひて引佐細江の竹瓮船/松崎鉄之介

暮るゝ水動かしをれり竹瓮舟/石井とし夫

最上川あきつの止まる破れ竹瓮/高澤良一

湖いまだ凍てず竹瓮につもる雪/木村蕪城

積みあげし竹瓮の中の地蔵盆/米沢吾亦紅

沈みゆく竹瓮に水面しづもりぬ/稲畑汀子

竹瓮よりの嘆きの聞こゆなり/後藤比奈夫

糊いまだ凍てず竹瓮につもる雪/木村蕪城

竹瓮揚げ次の竹瓮へ漕ぎゆけり/清崎敏郎

湖涸れて忘れ竹瓮のありにけり/飯田青水

俳句例:41句目~

白玉や竹瓮あげゐるところ見え/関戸靖子

ひきあぐる手応へありし竹瓮かな/下村梅子

児をのせて竹瓮をあげにゆく舟か/亀井糸游

竹瓮沈めそしらぬふりの沼の面/成瀬櫻桃子

竹瓮上ぐ水ざあざあとこぼれけり/藤松遊子

沈みゆく波になりたる竹瓮かな/藤田あけ烏

鯰の子竹瓮はたけば出てきたる/石井とし夫

東風の波竹瓮に来ては秀をあぐる/梅原黄鶴子

夜にまぎれ竹瓮仕掛くる一家かな/坊城としあつ

芦の芽にいつまで漬けて竹瓮かな/長谷川零餘子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ