季語/霜焼(しもやけ)を使った俳句

「霜焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「霜焼」について

【表記】霜焼

【読み方】しもやけ

【ローマ字読み】shimoyake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・霜腫(しもばれ:shimobare_)

・凍瘡(とうそう:toso_)

・霜焼薬(しもやけぐすり:shimoyakegusuri)

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

霜焼を含む俳句例

霜焼に角ばみ小さき片の耳/篠原

高野僧耳の霜焼まぬかれず/森田峠

霜やけを不二の光にこころ儘/園女

霜焼の耳美しき燈下かな/中西正史

凍傷の痛痒織機フル運転/津田清子

蝶日和霜焼の膝ほどき見る/富田木歩

霜焼の頬の赤らも頼まるゝ/林原耒井

大き手の霜焼の指愛しめり/仙田洋子

大聲の霜焼の子や川つぷち/田中裕明

霜焼けの杉襖なす雪解かな/小林康治

凍傷の手もて岳友に花捧ぐ/福田蓼汀

霜焼の耳ばかり見て聴き役に/上野章子

霜焼の膝ツ子うづく夜伽かな/富田木歩

人好しの貧乏耳に霜焼けして/平山藍子

叱るべき児の霜焼をふと庇ふ/富永小谷

霜焼をこすり歩きぬ古畳/長谷川かな女

客のあと妻霜焼の足を出す/下村ひろし

少し耳かゆし霜焼とも思わず/高浜年尾

杣を籠め霜焼け深き杉の山/小島千架子

父祖の血を承けけり頬の霜焼も/不破博

俳句例:21句目~

鮎の炉や霜焼の子は掌を抱く/前田普羅

凍傷者をれど一行無事と知る/小川里風

海苔場あり凍傷の手の女らに/市橋一男

凍傷を火鉢でこすり勤めけり/草野戎朗

霜焼けの子の手がつくる砂の塔/佐川広治

霜焼けの手に息かけて機を織る/斉藤夏子

霜焼もせず臈たけしいつのまに/久米正雄

霜焼や叱つてばかりゐる子にて/中村汀女

霜焼の耳こすりつゝ遅刻の子/吉塚久二三

霜焼し泣き顔ならず泣きつづけ/宮坂静生

霜焼けの黄やみちのくの早苗束/沢木欣一

霜焼の小さき手より見舞ひ花/石田あき子

霜焼のわが指をわが指が揉む/加倉井秋を

雨聞くや凍傷薬を耳にもぬり/秋元不死男

霜やけをこすり歩きぬ古畳/長谷川かな女

霜やけを踏まれ総髪を逆立たす/宮武寒々

きまじめに家具屋の友の霜焼ぐせ/川崎展宏

子の泣く顔霜焼の手に覆ひきれず/宮坂静生

霜焼の小指が過去を覚ましけり/丸田余志子

霜焼のかゆきにつけて母恋うて/成瀬櫻桃子

俳句例:41句目~

霜焼の手を子は告ぐる婢は告げで/中村汀女

じゃんけんのぐうは霜焼にぎりしめ/草間時彦

霜焼けのくすり机上にモオツアルト/桜井博道

霜焼に手ふれつおもひまとまらず/馬場移公子

霜焼にかこつけ嘘をいふあはれ/阿部みどり女

霜焼けの頭をころころと蕗の薹/きくちつねこ

京も終霜やけ薬貝に盛る/『定本石橋秀野句文集』

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ