季語/冬至粥(とうじがゆ)を使った俳句

「冬至粥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬至粥」について

【表記】冬至粥

【読み方】とうじがゆ

【ローマ字読み】tojigayu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・赤柏(あからがしわ:akaragashiwa)

・赤豆の粥(あずきのかゆ:azukinokayu)

・冬至南瓜(とうじかぼちゃ:tojikabocha)

・冬至蒟蒻(とうじこんにゃく:tojikonnyaku)

・冬至餅(とうじもち:tojimochi)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

冬至粥を含む俳句例

諍ひて一日遅れの冬至粥/咲間匡

冬至粥嫁も姑も若からず/鳥本三紗

東北の血の脈々と冬至粥/鈴木俊策

裏山に風募りくる冬至粥/栗原政子

冬至粥杢目詰みたる椀と匙/鈴木一水

塩効かす男ひとりの冬至粥/雨宮抱星

錦繍にまみれ雛師の冬至粥/中村金鈴

食作法おごそかにして冬至粥/森白象

冬至粥粥のぬくみは仏まで/恒富柊一郎

庭稲荷にも手向けある冬至粥/藤田美乗

清廉に生き来し自負や冬至粥/伊東宏晃

田に下りて鴉鳴き出す冬至粥/黒木野雨

頬杖を解く冬至粥食はんため/佐藤鬼房

一刷毛の夕映えとあり冬至粥/金箱戈止夫

冬至粥ふつふつ煮えて帰り待つ/渡辺竹子

冬至粥土鍋の蓋のことことす/小野内泉雨

冬至粥御酒をたらして炊きにけり/上村占

冬至粥身ぬちを馬車の通り過ぐ/栗林千津

句を詠んで笑はむための冬至粥/石原八束

海よりも背山親しき冬至粥/鍵和田ゆう子

俳句例:21句目~

たゞならぬ湯気や冬至の小豆粥/安藤橡面坊

冬至粥いかなる春の遠からじぞ/中村草田男

冬至粥すすりて一家すこやかに/島津友之助

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ