季語/蝶(ちょう)を使った俳句

「蝶」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蝶」について

【表記】蝶

【読み方】ちょう

【ローマ字読み】cho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・粉蝶(しろちょう:shirocho)

・黄蝶(きちょう:kicho_)

・紋白蝶(もんしろちょう:monshirocho)

・紋黄蝶(もんきちょう:monkicho)

・鳳蝶(あげはちょう:agehacho)

・黒あげは(くろあげは:kuroageha)

・烏あげは(からすあげは:karasuageha)

・尾長あげは(おながあげは:onagaageha)

・麝香あげは(じゃこうあげは:jakoageha)

・山上﨟(やまじょろう:yamajoro)

・だんだら蝶(だんだらちょう:dandaracho)

・岐阜蝶(ぎふちょう:gifucho)

・小灰蝶(しじみちょう:shijimicho)

・挵蝶(せせりちょう:sesericho)

・蛺蝶(たてはちょう:tatehacho)

・赤蛺蝶(あかたては:akatateha)

・瑠璃蛺蝶(るりたては:ruritateha)

・逆八蝶(さかはちちょう:sakahachicho)

・石崖蝶(いしがけちょう:ishigakecho)

・一文字蝶(いちもんじちょう:ichimonjicho)

・小紫(こむらさき:komurasaki)

・大紫(おおむらさき:omurasaki)

・孔雀蝶(くじゃくちょう:kujakucho)

・緋縅蝶(ひおどしちょう:hiodoshicho)

・豹紋蝶(ひょうもんちょう:hyomoncho)

・天狗蝶(てんぐちょう:tengucho)

・斑蝶(まだらちょう:madaracho)

・浅黄斑蝶(あさぎまだら:asagimadara)

・蛇目蝶(じゃのめちょう:janomecho)

・日陰蝶(ひかげちょう:hikagecho)

・木葉蝶(このはちょう:konohacho)

・胡蝶(こちょう:kocho)

・蝶々(ちょうちょ:chocho)

・双蝶(そうちょう:socho)

・春の蝶(はるのちょう:harunocho)

・眠る蝶(ねむるちょう:nemurucho)

・狂う蝶(くるうちょう:kurucho)

・舞う蝶(まうちょう:maucho)

季節による分類

・「ち」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

蝶を含む俳句例

蝶の昼艶深くなる砧盤/原裕

蝶を生み蝶を失ふ青嵐/篠原

蝶に蝶巌に波飛ぶ白日夢/林翔

山寺や蝶が受取る甘茶水/一茶

蘭の香や蝶の翅に薫物す/芭蕉

湾口に蝶の点滴ザボン売/原裕

秋風に白蝶果を狂ひけり/青蘿

初蝶のはや突当曲りけり/展宏

初蝶や吾三十の袖袂/石田波郷

初蝶や只越方の畳数/石塚友二

縦横の道の渋滞蝶の昼/稲畑汀子

深庇蝶ぶらさがる暑さかな/槐太

草低く見しが失ふ山の蝶/及川貞

少年の蝶に林立するピンよ/林桂

雨やみし百日草に蝶多し/武田操

縞馬の縞の中より初蝶来/今井聖

土の黄な蝶に手向や花の露/笹分

屑々に蝶の翅や霜の石/西山泊雲

唯今只春日爛干蝶も飛ばず/虚子

中興の蝶夢法師の嚏堂/高澤良一

俳句例:21句目~

椹や花なき蝶の世捨酒/松尾芭蕉

初蝶や雪山恍と雲の上/松村蒼石

破蓮の一日二日は蝶も来ぬ/楸邨

君や蝶我や荘子が夢心/松尾芭蕉

蝶生る野は刈株と棘茨/成田千空

食後に白い蝶見てゐる/北原白秋

方丈の大庇より春の蝶/高野素十

秋風や蟷螂肥て蝶細し/正岡子規

山國の蝶眠りゐる露けさに/林桂

潦ちさくなりつつ蝶の晝/上村占

風蝕島灯のごとく蝶生れ/飴山實

暗きまで沼は緑や烏蝶/依田明倫

初みくじ大国主に蝶むすび/静塔

春風や蝶のうかるゝ長廊下/林紅

蝶になる途中九億九光年/橋間石

蝶生れ草三寸の青浄土/白井米子

芒青うて蝶を追ふ子ぞ/北原白秋

芋虫や半分蝶になりかかり/来山

ぶら下り眠れる蝶や露の中/播水

非時の蝶が白山山系に/柿本多映

俳句例:41句目~

非時の蝶が白山山系に/柿本多映

漣に蝶はじけとび岬伏す/松澤昭

蝶狙う悪い双子の弟が/高澤晶子

初蝶の力なき如昃りぬ/高濱年尾

天山へ蝶の柩を注文す/寺井谷子

初蝶を見失ふとき既に眩し/林翔

蝶迅し潟干拓の大環に/成田千空

谷深く烏の如き蝶見たり/原石鼎

下総の籬々に蝶とぶ日/高野素十

岩伝ふ渓流蝶は花伝ひ/香西照雄

蝶の来て此山里を春辺かな/跨仙

蝶の空七堂伽藍さかしまに/茅舎

冷房の郵便局の窓に蝶/新野祐子

蝶の羽の幾度越る塀のやね/芭蕉

金風の美しければ蝶も又/星野椿

椹や花なき蝶の世捨酒/松尾芭蕉

初蝶や甍の上に周防灘/藺草慶子

初蝶が過ぎ北窓の顔起す/岸田稚

塔遠み耕す人と白蝶と/和田悟朗

白芥子に羽もぐ蝶の形見哉/芭蕉

俳句例:61句目~

声立て居代る蜂や花の蝶/炭太祇

庭石が起点蝶には蝶の道/野代実

炎天の群蝶を喰ふ大鴉/石原八束

初蝶や万年筆が雫して/寺田京子

せり上る一双の蝶や橋の上/鬼城

一蝶を放ちて蓮華浄土かな/風生

初蝶やわが三十の袖袂/石田波郷

それ見たか全く鰒の蝶の夢/呑獅

蝶墜ちて大音響の結氷期/赤黄男

蝶飛んで正夢となる日向婆/原裕

石の上七夕の蝶けむりをり/楸邨

万年の瀞の渦巻蝶溺れ/西東三鬼

平明の蝶ねむり居り青薄/原石鼎

初蝶の輝く翼受胎告ぐ/有馬朗人

宇陀郡室生村蝶生れけり/安住敦

其の寺の鐘とおもはず夕霞/蝶夢

蝶飛んで風の奈落の吉野杉/原裕

蝶歩く百日草の花の上/高野素十

心労や蝶呼ぶ大地束の間に/原裕

美しき蝶の顎や月見草/齋藤愼爾

俳句例:81句目~

蝶鳥の夢や見つらん菜種蒔/樗良

葛城の神を憐れむ蝶千羽/橋石和栲

月の夜の桜に蝶の朝寝かな/千代尼

一遍の聖絵煤け初蝶来/佐々木六戈

七夕竹蝶こぼれむとして急ぐ/湘子

花白きつゝじや蝶の色かろし/正白

夕されば旅の栞の蝶白し/小島幸男

夕方の植田の広さ蝶低く/星野立子

七月の光が重し蝶の翅/橋本多佳子

夕月に七月の蝶のぼりけり/原石鼎

夕潮や蝶を収めし豆の花/藤田湘子

夕風や野川を蝶の越えしより/白雄

毛蟲焼く炎の色は蝶のいろ/栗島弘

花温室がはじく海光粉なす蝶/林翔

四五人に月落かゝるおどり哉/蕪村

夢ながら蝶も手折や花戻り/千代尼

雪折れの森囚人達の蝶結び/仁平勝

三方に蝶の分かれし立葵/中村汀女

萩の蝶黄色ばかりや山の風/星野椿

土壁の崩れしところ蝶交る/仁平勝

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ