季語/紙漉(かみすき)を使った俳句

「紙漉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「紙漉」について

【表記】紙漉

【読み方】かみすき

【ローマ字読み】kamisuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒漉(かんすき:kansuki)

・紙干場(かみほしば:kamihoshiba)

・紙漉女(かみすきめ:kamisukime)

・楮晒す(こうぞさらす:kozosarasu)

・楮蒸す(こうぞむす:kozomusu)

・三椏蒸す(みつまたむす:mitsumatamusu)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

紙漉を含む俳句例

卯花や塵紙漉が垣の隙/昌夏

紙漉を見て彳めば暮早き/風生

雪匂ふ鳥の子紙の漉雫/影島智子

春風や紙漉く水に玉襷/野村喜舟

紙漉の梅の日向は猫歩く/森澄雄

紙漉の槽に匠の息太し/大川輝子

紙漉の舟の上なる鏡餅/市川三三

百漉けば百の祈りや紙漉女/林翔

紙を漉く静かな業の為人/森田峠

紙漉きし昔の家の窓低し/森田峠

粗壁を貫く筧紙を漉く/谷口雲崖

紙漉の天気都合や初霙/井上井月

紙漉くや小学校と谷距て/沢木欣一

名人は概ね無口紙を漉く/鎌倉園月

紙漉の手鏡己れのみ映す/津田清子

三椏や紙漉村は渓沿ひに/鈴木良花

雪を来て紙漉く人と立話/高橋睦郎

紙漉の神技手技里に雪/文挟夫佐恵

紙漉を三日休めば水逸る/行方克己

焚火して紙漉村の川辺なる/所山花

俳句例:21句目~

秋祭すめば女は紙漉きに/藤後左右

粗壁に裸灯淡し紙を漉く/山田和子

紙を漉く明治と同じ雪明り/長田等

紙漉きの廃れし沢に花楮/黒岩保行

朝顔や塵紙を漉く一つ家/正岡子規

紙漉女冬百日の手炉ひとつ/石田波郷

山裾や落花引き込み紙漉女/河野南畦

紙漉女冬万灯をゆくごとし/栗林千津

廃屋と思ひしが紙漉く音す/今瀬剛一

たゞ一戸たゞ一槽や紙を漉く/森田峠

頬照りて若き紙漉き雪解川/橋本榮治

紙漉く家白鷲流るごと渡る/西村公鳳

曇り日の水の粘りや紙漉女/宮坂静生

あはき灯の紙漉工房秋時雨/緑川啓子

崖下に沈む一戸や紙を漉く/鳴沢富女

紙漉く灯月の庇の奥にかな/川村紫陽

死金を一壺に蓄めて紙漉婆/近藤一鴻

雪解風紙漉小屋をゆさぶりぬ/森重昭

きさらぎや獣くさき紙漉村/丸山嵐人

雪しろや紙漉村の畦もつれ/西本一都

俳句例:41句目~

紙漉を天職として村を出ず/清宮文江

貫ける太梁一つ紙を漉く/深見けん二

紙漉きの薄紙かさぬ雪の界/大野林火

薄氷か紙の水子か紙漉場/百合山羽公

翠巒や風を漉き込む吉野紙/倉田勝栄

秋澄むや紙漉く里の水の音/稲垣一雄

紙漉やとぷとぷ水の裏返る/山田弘子

天井を汚すなりはひ紙を漉く/森田峠

紙漉くや天の羽衣より薄く/有馬朗人

初晴れの蔀戸を揚ぐ紙漉場/立半青紹

跡つぐ子槽を並べて夜紙漉/大野林火

口寒く紙漉女紙を使ひをり/萩原麦草

一画家の望みに叶ふ紙を漉く/森田峠

紙を漉く国栖の翁の昔より/田畑比古

紙を漉く四角に水を掬ひては/柊愁生

一枚の雲の如くに紙を漉く/井桁白陶

紙を漉く音を正しく繰返す/橋田憲明

妊りて紙漉く乳房冷々と/井筒紀久枝

漉きなほす紙の臭や冬の蝿/内田百間

水責の道具揃ひて紙を漉く/後藤夜半

俳句例:61句目~

枯野宿陸奥紙は漉けるかな/野村喜舟

紙漉くや水泳選手出でし家/大島民郎

一峡に充ちし一姓紙を漉く/林十九楼

新しき波を育てて紙を漉く/稲田眸子

紙漉の娘と浮舟のことなどを/橋本薫

嗣ぐ子あり漆漉く紙すき続け/田中英子

そうめんが川に沈める紙漉村/細見綾子

如月の漉く紙水にうつりけり/萩原麦草

一と朝の紙漉き家族の蜆殻/加倉井秋を

一枚を念ずるごとく紙漉けり/山口誓子

子に託す一縷の望み紙を漉く/小川翠畝

山茶花や羽衣いろに紙を漉く/伊藤敬子

書き初めの紙は石見の手漉紙/田中冬二

漉きあげし紙まだ水の光もつ/金藤優子

漉き紙の仮の世界に雪降れり/和田悟朗

大いなる日めくり紙漉女の上に/辻桃子

女の月日白き紙漉き重ねては/津田清子

娘と嫁の紙漉きし嵩ほゞ同じ/大橋敦子

紙を漉く一人一人の音ちがふ/大西不葉

紙を漉く技も曾っての武蔵紙/高澤良一

俳句例:81句目~

谿を出ぬ一生や紙を漉く女/長谷川素逝

廃されず老母の坐る紙漉場/百合山羽公

谿空に錆びし日輪紙を漉く/長谷川素逝

雁やひと日漉きたる紙の量/鈴木真砂女

風の音なき日は淋し紙を漉く/原田青児

杉に降る雪さらさらと紙漉場/西村公鳳

枇杷咲いて紙漉一戸一乙女/赤松ケイ子

枯木星ひとつぶ紙漉村眠る/迫田白庭子

残菊や日ざし乏しき紙漉場/成瀬桜桃子

水ぎわの光を揺らす紙漉女/武藤あい子

汚れたる灯の一つ垂れ紙漉場/大橋敦子

泡を吹き塵をつまみぬ紙漉女/湯浅五生

紅梅のしんじつ紅き紙漉村/馬場移公子

紙漉いて九官鳥も可愛いがり/京極杞陽

紙漉きの乾きし土間に手毬つく/長田等

紙漉きの紙とならざる滴りよ/塩川雄三

紙漉きの言葉の端も地の處女/津田清子

紙漉き女黙せり何か怺へをり/津田清子

紙漉くは寂しき故によく喋る/桜井一尾

紙漉くや水あるところ氷張り/大橋敦子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ