季語/捕鯨(ほげい)を使った俳句

「捕鯨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「捕鯨」について

【表記】捕鯨

【読み方】ほげい

【ローマ字読み】hogei

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鯨突(くじらつき:kujiratsuki)

・勇魚取(いさなとり:isanatori)

・鯨舟(くじらぶね:kujirabune)

・捕鯨船(ほげいせん:hogeisen)

・鯨見(くじらみ:kujirami)

・鯨番(くじらばん:kujiraban)

・一番銛(いちばんもり:ichibammori)

・二番銛(にばんもり:nibammori)

季節による分類

・「ほ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

捕鯨を含む俳句例

一番は迯げて跡なし鯨突/太祗

襖絵は古式捕鯨の島の宿/中/裕

静かなる入港調査捕鯨船/小島健

己が吐く煙の中の捕鯨船/酒井竹馬

捕鯨船著いて俄の浜景気/中村不草

捕鯨船見送り帰り大食す/波止影夫

捕鯨船並び花環を砲に懸け/山口青邨

街の女窓に捕鯨船霧を出づ/宮武寒々

飾り砲向けて繋りぬ捕鯨船/西畑常山

みちのくの卯波の沖に捕鯨船/佐川広治

剥げてゐる沖の汽船は捕鯨船/山本京童

大灘に暮れのこりたる捕鯨船/南出南溟

捕鯨船いつ出づるともなき煙/中村三山

捕鯨船かなしき別れ妹を抱き/山口青邨

捕鯨船まばたきの音大きかり/小林貴子

捕鯨船牡牛のごとく黙し泊つ/桜木俊晃

潮錆びて南風の沖指す捕鯨砲/伊藤孝一

雪避けて小浦繋りや捕鯨船/水原秋桜子

鳥賊などを干し碇泊の捕鯨船/永倉しな

よく揺れてゐる青き灯は捕鯨船/串上青蓑

俳句例:21句目~

宵の灯をかゝげてねむる捕鯨船/小山寒子

捕鯨船凧より近くかゝりたる/米沢吾亦紅

捕鯨船荒涼と日のあたりたり/榎本冬一郎

毛布にてわが子二頭を捕鯨せり/辻田克巳

捕鯨船嗄れたる汽笛をならしけり/山口誓子

鯨突のよろひて立つたる浜辺かな/柳原極堂

白南風や乾びきつたる捕鯨基地/笠原さとし「星の座標」

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ