季語/年取(としとり)を使った俳句

「年取」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「年取」について

【表記】年取

【読み方】としとり

【ローマ字読み】toshitori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・年取る(としとる:toshitoru)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

年取を含む俳句例

白をもて一つ年とる浮鴎/森澄雄

赤城山一つ年取る面構え/高澤良一

須磨の浦の年取ものや柴一把/芭蕉

桂川年とるものを洗ひ居り/岡田耿陽

年とるや帆柱の数ありそうみ/炭太祇

年取が済みて炬燵に炉に集ひ/高野素十

年取の大鰤梁につるしたり/瀧澤伊代次

小机に年取るこゝろざしいかに/清水基吉

年取に月のかけらもしたしくて/三宅一鳴

年取の夜の部屋ごとの灯の華麗/井沢正江

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ