季語/春落葉(はるおちば)を使った俳句

「春落葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春落葉」について

【表記】春落葉

【読み方】はるおちば

【ローマ字読み】haruochiba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の落葉(はるのおちば:harunochiba)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春落葉を含む俳句例

春落葉四六の蟇を掌に/原裕

七盛が墓吹きおろす春落葉/原裕

名園の思はぬ嵩の春落葉/檜紀代

春落葉放課後長き聴講生/二村典子

千年の樟息づける春落葉/神山果泉

隍の落葉の上の春落葉/鳥居美智子

観音さんへ婆を案内に春落葉/岸田稚

山蟻の巣を隠すかに春落葉/大島民郎

磊落な椨の落とせる春落葉/高澤良一

祓戸の神に雨ふる春落葉/藤田あけ烏

一つ家の窯元休む春落葉/下村ひろし

葛飾や春の落葉を雨に掃く/細見綾子

春落葉墓のうしろを水流る/関戸靖子

鎮守府の官舎の樟の春落葉/高澤良一

宙返り春の落葉といふことも/上野泰

加齢とは落葉のうへに春落葉/友岡子郷

宿痾また分身となる春落葉/冨田みのる

春落葉いづれは帰る天の奧/野見山朱鳥

春落葉さはさりながら命惜し/富安風生

木の梢に父ゐて降らす春落葉/中村苑子

俳句例:21句目~

淡き日に墓守が焚く春落葉/古賀まり子

茅葺きの小門かたむけ春落葉/河野南畦

葬列の一人となりて春落葉/市ヶ谷洋子

蜥蜴とも膝つき合へり春落葉/松山足羽

春落葉しきりに音をかさねけり/岸田稚

跼みては佇ちては春の落葉焚/石田波郷

野宮や春の落葉の氷りたる/大木あまり

あすなろの明日を重ねし春落葉/丸山海道

がじゆまるの春の落葉や錨石/下村ひろし

四肢ゆらと亀が浮きくる春落葉/松本幹雄

春落葉焚きては昨日忘れけり/古賀まり子

春落葉鶏鳴つやをもてりけり/小松崎爽青

瀬に舞へば光降るかに春落葉/鷲谷七菜子

春落葉恋の木椅子に降りしきり/斎藤節子

春落葉利休この世を去りし日か/飯田龍太

春落葉母恋ひ掃けば限りなし/田中/珠生

春落葉波に濡れたるところにも/岸本尚毅

雪の上春の落葉のちるわびしさ/松村蒼石

いつせいに春落葉塔はばたくか/上田五千石

もの忘れわらひあひたり春落葉/柴田白葉女

俳句例:41句目~

春落葉焚く火が昨日を儚くする/小松崎爽青

春落葉ゆらぎそめにし人への信/小松崎爽青

ひとりにて焚き了ふまでの春落葉/石田あき子

春落葉えたいの知れぬものも掃く/鍵和田釉子

春落葉ゆふかぜの尾のなまぐさき/ほんだゆき

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ