季語/蒲公英(たんぽぽ)を使った俳句

「蒲公英」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蒲公英」について

【表記】蒲公英

【読み方】たんぽぽ

【ローマ字読み】tampopo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ふじな(ふじな:fujina)

・たな(たな:tana)

・白花たんぽぽ(しろばなたんぽぽ:shirobanatampopo)

・蒲公英の絮(たんぽぽのわた:tampoponowata)

・鼓草(つづみぐさ:tsuzumigusa)

・西洋たんぽぽ(せいようたんぽぽ:seiyotampopo)

・食用たんぽぽ(しょくようたんぽぽ:shokuyotampopo)

季節による分類

・「た」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

蒲公英を含む俳句例

蒲公英の絮吹雪なす海の上/昌勝

遠景の野に失ひし鼓草/稲畑汀子

蒲公英や石垣匂ふ海のふち/欣一

蒲公英の絮の大小海近き/行方克巳

蒲公英や一座々々の花盛/西山泊雲

蒲公英に春光蒸すが如きかな/虚子

蒲公英に置く廃港の錆錨/福田蓼汀

たんぽゝもけふ白頭に暮の春/召波

農歌舞伎草の桟敷の鼓草/仁井一路

短足の昭和一桁浜蒲公英/中村棹舟

蒲公英や懶惰の朝の裾さむし/波郷

蒲公英の花柄短し犬返し/橋本夢道

蒲公英の一番花の茎短か/瀬戸十字

蒲公英やローンテニスの線の外/子規

たかし忌の旧居へ鼓草の遺/井沢正江

蒲公英の花を傾け蟻の塔/軽部烏帽子

蒲公英へ烏が歩み暗い噂/田川飛旅子

蒲公英や音なし川のへり塘/松岡青蘿

蒲公英や手に新しき出席簿/小林葭竹

城壁に柄なが蒲公英春深し/西本一都

俳句例:21句目~

蒲公英や連り長き多摩の丘/尾崎迷堂

蒲公英や薊に影をうち重ね/小杉余子

蒲公英や荒磯はつねに根なし雲/空華

蒲公英や空より戻る観覧車/佐藤幸子

蒲公英や白系露人今いかに/福田蓼汀

炭盗むたんぽぽ色の冷害野/古館曹人

蒲公英や日はいつまでも大空に/汀女

蒲公英の座を焦してむ飾焚く/山口青邨

たんぽゝや紅腿引の里わらべ/久米正雄

蒲公英のかたさや海の日も一輪/草田男

たんぽゝの折目乳出て新社員/平畑静塔

少年と蒲公英の数限りなし/沼尻巳津子

たんぽゝに東近江の日和かな/加舎白雄

馬借りて蒲公英多き野を過る/子規句集

校長に蒲公英絮をとばす日ぞ/加藤楸邨

母在すたんぽぽ百を従へて/山田みづえ

雲間より射す日たんぽぽ甦り/高澤良一

蒲公英や炊ぎ濯ぎも湖水まで/飯田蛇笏

鉛筆を落せし騒ぎたんぽぽ黄/嶋田一歩

蒲公英やまだ鼻輪なき牧の牛/田中珠生

俳句例:41句目~

踏切の音たんぽぽを叩き過ぐ/森川光郎

蒲公英やつゞいて通る竹車/五十嵐播水

蓮如忌や木の芽田楽たんぽ酒/水上紫雲

蒲公英や姉より老けてよき妹/久米正雄

蒲公英のひらき洗濯日和かな/平山眞澄

蒲公英は大地の花よ返り咲き/永倉しな

釣月軒日本たんぽゝ庭に見し/河野静雲

あづさ弓はるの小川の鼓草/藤田あけ烏

花蕊濃きたんぽぽ赭顔発光す/香西照雄

蒲公英の咲き満ちし後停電す/庄子紅子

草々に蒲公英の黄の自己主張/福島恭子

たんぽゝや少年畦を駆けり来る/岸風三楼

たんぽゝや長江濁るとこしなヘ/山口青邨

たんぽぽを女見て居り男折る/佐々木有風

たんぽヽや北へ細りて飛鳥川/藤田あけ烏

日に酔へる我にます~たんぽゝ黄/上村占

たんぽぽ三つ四つ梅の古木の苔/北原白秋

フィヨルドの夏蒲公英の絮とびて/有働亨

乳吐いて蒲公英の茎折れにけり/室生犀星

光線を踏みたんぽぽ咲き過ぎた/北原白秋

俳句例:61句目~

市女笠蒲公英の上に休らひぬ/岡本癖三酔

日に酔へる我にます~たんぽゝ黄/上村占

旧要塞とのみ蒲公英の絮しきり/南部憲吉

突風のしばし蒲公英見えざりし/岸本尚毅

絮たんぽぽ肺活量は人並み以下/高澤良一

絮たんぽぽ風を孕みて崩れざる/池田博子

絮の無い蒲公英の殖え夜の勤め/館岡沙緻

縫ひあげし湯たんぽ袋良寛忌/山田みづえ

茎もたぬ蒲公英に波立ち上る/殿村菟絲子

蒲公英が何処にも咲いて皇居内/三谷貞雄

蒲公英が咲き睡たさが風にのり/菖蒲あや

蒲公英に茜さすまで黄の濃ゆく/福田蓼汀

蒲公英に雨しみひかる聖母祭/下村ひろし

蒲公英に馬車は停まれる尿かな/島田青峰

蒲公英のほとりから沙無限かな/加藤秋邨

蒲公英のやや大ぶりに加賀の里/今泉貞鳳

蒲公英の咲き針金の見え見えず/京極杞陽

蒲公英の咲くを笑ふと思ふかな/辻美奈子

蒲公英の坩堝に迷ひたるふたり/櫂未知子

蒲公英の絮吹いてすぐ仲好しに/堀口星眠

俳句例:81句目~

蒲公英の絮吹きとんでゆく未来/上野澄江

蒲公英の絮吹く風の助っ人が/湯沢千代子

兎に摘むたんぽぽ満たし聖週期/原コウ子

蒲公英の絮飛び艪音暮れにけり/鈴木漱玉

蒲公英の黄の鮓やかに石油基地/大下健二

蒲公英や利島の失せし沖の凪/水原秋櫻子

蒲公英や岬の鼻飛ぶ男鹿の舟/小林黒石礁

蒲公英や座をおかし合ひ花盛り/西山泊雲

蒲公英や背中でゆらす牧の柵/岩淵喜代子

蒲公英や風と遊んでゐる帽子/石丸しずえ

行く春や蒲公英ひとり日に驕る/室生犀星

賃金貰ふ眼の異るか蒲公英踏む/岩田昌寿

踏む外はなき蒲公英の中歩く/石井とし夫

配流の地洋たんぽぽを拒みけり/阿部朝子

顔じゅうを蒲公英にして笑うなり/橋間石

たんぽゝに城出て遊ぶ女達/長谷川かな女

たんぽゝに水玉飛ばす小堰かな/久米正雄

たんぽゝの土嗅ぎゐしが馬交る/佐藤念腹

たんぽゝの絮北海の波が浚ふ/殿村菟絲子

蒲公英の絮着地せりボランティア/田村實

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ