季語/風知草(ふうちそう)を使った俳句

「風知草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「風知草」について

【表記】風知草

【読み方】ふうちそう

【ローマ字読み】fuchiso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・裏葉草(うらばぐさ:urabagusa)

・風草(かぜぐさ:kazegusa)

季節による分類

・「ふ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

風知草を含む俳句例

日輪の滴る紅に風知草/柴田白葉女

風知草女主の居間ならん/高濱虚子

琴唄の恋を燈して風知草/河野多希女

風知草雨もつ風に戦ぎけり/若林潮雨

風知草風の露台に忘られて/三宅一鳴

うなづくは応へをるなり風知草/轡田進

氷河期の風が吹きをり風知草/満田春日

風止みてみどり戻りぬ風知草/井桁蒼水

風知草そこより生る風ならめ/榊原花子

風知草たちさわぎをる一日あり/岸田稚

風知草らしき姿に吊られけり/伊東奈美

風知草掴んで蝶も靡きをり/杉山三知子

風知草故人はゆめに前のまま/藤田湘子

風知草涼しき声でもの言はな/鈴木栄子

目をとぢてゐて目の前の風知草/細川加賀

部屋の風風知草置くところより/稲畑汀子

風知草よろこぶ風をよろこびぬ/宮下翠舟

風知草二つに割りて水そそぐ/田川飛旅子

風知草子にまづ養気もたらすか/赤尾兜子

風知草毘沙門さまの露のまま/能村登四郎

俳句例:21句目~

わが独語にこたへて座右の風知草/富安風生

地下階段の冷々として風知草/長谷川かな女

子を抱く夫見るうれし風知草/長谷川かな女

風知草穂を出し風をさぐるごとし/草村素子

風知草にのりたる風をたのしめり/三谷いちろ

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ