季語/つくつく法師を使った俳句

「つくつく法師」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「つくつく法師」について

【表記】つくつく法師

【読み方】つくつくほうし

【ローマ字読み】tsukutsukuhoshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・おしいつく(おしいつく:oshiitsuku)

・法師蝉(ほうしぜみ:hoshizemi)

・寒蝉(かんせん:kansen)

・蛁蟟(つくつくほうし:tsukutsukuhoshi_)

・くつくつほうし(くつくつほうし:kutsukutsuhoshi)

季節による分類

・「つ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

つくつく法師を含む俳句例

防空の横穴だらけ法師蝉/暮石

夕森は水噴くごとし法師蝉/林翔

法師蝉横臥のわが背に沁む/林火

法師蝉杉間に蒼む空遠嶺/石昌子

素足拭く西青空の法師蝉/中拓夫

法師蝉厨は急ぐ夕支度/吉屋信子

北谷に立てば北空法師蝉/多佳子

寂として校庭白く法師蝉/中山寛

村は今夕雲赤し法師蝉/斉藤友栄

山へ杉坂谷へ杉坂法師蝉/森澄雄

山頂の城に抜け道法師蝉/長田等

忍辱の心の裡を法師蝉/高澤良一

法師蝉鳴く短さよふと暮るゝ/青邨

頽齢や蝉の世界の法師蝉/石塚友二

法師蝉ぐうんと高き杜欅/高澤良一

相距つもの銀行と法師蝉/飯田龍太

貝をむく汗の口辺法師蝉/古沢太穂

人去りて門前低き法師蝉/三好達治

九月なほ休む学園法師蝉/岩見静々

法師蝉月の筵の設けあり/鈴木花蓑

俳句例:21句目~

身命を惜めと聞え法師蝉/山本歩禅

物干に白き風あり法師蝉/乙津喜美

灯りし小公園や法師蝉/楠目橙黄子

法師蝉挽歌の如く声終る/内藤吐天

法師蝉醤油を醸す風の中/友岡子郷

法師蝉藍甕の香が街道に/細川加賀

法師蝉茂り疲れし老柳/百合山羽公

法師蝉一章二十余りの節/右城暮石

秋風に殖えては減るや法師蝉/虚子

法師蝉畑の添竹やや乱れ/福田蓼汀

石磴の百はよき数法師蝉/長谷川双

一介の今も書生よ法師蝉/古館曹人

山淋し急げ急げと法師蝉/福田蓼汀

風鶴院微笑の空や法師蝉/佐藤鬼房

法師蝉煮炊といふも二人きり/風生

山の雨にほひ立つ法師蝉/松本美簾

往生の手形に写経法師蝉/高澤良一

風のあと幹の身近な法師蝉/中拓夫

法師蝉海へ放ちしこゑをさむ/誓子

法師蝉今年の夏の短しと/福田蓼汀

俳句例:41句目~

帚目は雲にも槇の法師蝉/斎藤美規

一偈また一偈と老の法師蝉/後藤夜半

海見れば海にさんさん法師蝉/森澄雄

一本の杭がたちまち法師蝉/加藤楸邨

三世仏暮るると法の法師蝉/福田蓼汀

法師蝉日毎にふゆる畑の幸/福田蓼汀

越後より信濃に来つる法師蝉/森澄雄

法師蝉駅下りてすぐ砂浜に/桜井博道

今日の命今日の命と法師蝉/佐藤五秀

仏足の肉づけの石法師蝉/秋元不死男

雨脚の光りの中の法師蝉/冨田みのる

法師蝉撥条人形捻子巻けば/吉野義子

歩くなら坂本あたり法師蝉/高澤良一

十代はつくづく遠し法師蝉/西村和子

法師蝉正しき声の重なれり/山口誓子

死顔に眼鏡ありけり法師蝉/飯田龍太

法師蝉赤松の幹いまほてる/桜井博道

啼き納め方にも作法法師蝉/高澤良一

法師蝉夫の診断告知待つ/石田あき子

城山が透く法師蝉の声の網/西東三鬼

俳句例:61句目~

声そろへ摂社末社の法師蝉/鷹羽狩行

餅をつく庭に一匹犬もゐる/高木晴子

法師蝉金策の膝掴みて立つ/小林康治

法師蝉大病室に夫ひとり/石田あき子

夕雲はなべて横雲法師蝉/鷲谷七菜子

奥信濃つくづく青し法師蝉/野田健太

飯しろく妻は祷るや法師蝉/石田波郷

法師蝉声に疲れの際立てり/関森勝夫

閉づる花開く花あり法師蝉/福田蓼汀

法師蝉聞き入る苔の佛たち/田所一滴

退院の靴そろへられ法師蝉/横山白虹

行水の名残鳴きけり法師蝉/小沢碧童

薄紙をはがす句集や法師蝉/対馬康子

山寺や毛物鳴きして法師蝉/後藤夜半

茶粥して箸は木の音法師蝉/今村俊三

江津神社とはおん小さく法師蝉/汀女

岬端の岩落ちさうに法師蝉/右城暮石

法師蝉多宝如来のこゑ以て/高澤良一

法師蝉ひとこゑ高き鬼来迎/木内香月

約束のなき日は楽し法師蝉/星野立子

俳句例:81句目~

筑紫より三熊野戀し法師蝉/高橋睦郎

石塊ののりし鳥居や法師蝉/芝不器男

法師蝉渚といふも巌ばかり/下村槐太

法師蝉朝より飢のいき~と/石田波郷

法師蝉南柯の夢の声に出て/和田悟朗

ひと杓の水大切に法師蝉/福田甲子雄

法師蝉法師と絶句せるを聞く/赤松子

戻り来て妻喘ぐなり法師蝉/杉山岳陽

手習のあと乾きつつ法師蝉/三橋敏雄

托鉢の声嗄らびけり法師蝉/小倉覚禅

法師蝉ひねもす西郷終焉地/野上水穂

日雨ぽつんと対岸の法師蝉/廣瀬直人

暑に咲きし花何々ぞ法師蝉/中村汀女

書庫守に夕風湧けり法師蝉/岩田昌寿

生き残りゐし法師蝉雨上り/稲畑汀子

杉山はどこより暮るる法師蝉/森澄雄

黒牛の黒瞳が聴いて法師蝉/香西照雄

法師蝉校舎の北の玻璃ひびく/中拓夫

森を吹く風にけざとし法師蝉/有働亨

法師蝉声をかぎりに桜衰ふ/林原耒井

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ