季語/檀の実(まゆみのみ)を使った俳句

「檀の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「檀の実」について

【表記】檀の実

【読み方】まゆみのみ

【ローマ字読み】mayuminomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・山錦木(やまにしきぎ:yamanishikigi)

・真弓の実(まゆみのみ:mayuminomi_)

季節による分類

・「ま」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

檀の実を含む俳句例

旅にをり旅の日和の檀の実/森澄雄

檀の実まぶしき母に随へり/岸田稚

霜の朝せん檀の実のこぼれけり/杜国

村人の明るさこそは檀の実/高澤良一

鳥影の縺るるばかり檀の実/福永耕二

檀の実牧の扉にひかり充ち/宮坂静生

戸隠や杉に風鳴りまゆみの実/森岡由江

日の逃げて風のみ急ぐ檀の実/太田蓁樹

日は沼の沖をねむらせ檀の実/佐藤鬼房

檀の実持てば嶺越しの風の音/加藤楸邨

檀の実圧し来る如く天蒼し/望月たかし

檀の実画家の鉛筆やはらかし/小川軽舟

真弓の実華やぐ裏に湖さわぐ/杉山岳陽

こころいま旅に飢ゑをり檀の実/角川春樹

さしばゐて島の阿檀の実の青き/吉田紫乃

しだれつつ夢のくれなゐ檀の実/堀口星眠

まなかひに高千穂立てる檀の実/米谷静二

まゆみの実みじかく笑う笑い損/永末恵子

まゆみの実見よと促す人もなく/高澤良一

昃りてもあたゝかき色真弓の実/斎藤紫暁

俳句例:21句目~

檀の実爆ぜて色濃くなりにけり/小泉良子

泣きしあとの眼の鮮しや檀の実/草間時彦

真弓の実持てば嶺越しの風の音/加藤楸邨

近づけば花にはあらず檀の実/石井とし夫

檀の実嫁かずの月日密に濃き/つじ加代子

檀の実割れて山脈ひかり出す/福田甲子雄

まゆみの実真つ白な雨山消して/八木林之助

手のひらに結びほつれの檀の實/八木林之介

温泉の町のたそがれに逢う檀の実/徳部文子

湯あたりの女人臥しをり真弓の実/橋本鶏二

風邪癒えて雨あたゝかし檀の実/望月たかし

父も母も君も無き世のまゆみの実/殿村菟絲子

近づきて花にはあらで真弓の実/五十嵐八重子

しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実/後藤比奈夫

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ