季語/つくつく法師を使った俳句

俳句例:101句目~

橋立をリフトの膝に法師蝉/桂樟蹊子

あるときは我も幹なり法師蝉/山本歩禅

飛び移り来し息づかひ法師蝉/後藤夜半

法師蝉鳴き終りたる水明り/深見けん二

くらがりに立つ仏体に法師蝉/三島晩蝉

けぶり立つ毛野やつくつく法師蝉/重信

こゑの終りの遠し遠しと法師蝉/中拓夫

つくつく法師五度以上今日は来し/篠原

ひとりさす眼ぐすり外れぬ法師蝉/草城

わが夫はいつも仰向け法師蝉/日野晏子

エプロンをかけお使に法師蝉/福田蓼汀

一声のよくつゞくなり法師蝉/高浜年尾

世阿弥忌のいづれの幹の法師蝉/森澄雄

力尽き矢尽きしと啼く法師蝉/品川鈴子

午すぎてよりの暑さの法師蝉/岸風三樓

垣根ごし餅つく杵の高く見え/高木晴子

夕焼けて法悦に入る法師蝉/上田五千石

家を出てすぐに旅人法師蝉/上田五千石

島山や鳴きつくさんと法師蝉/清崎敏郎

島山を鳴きつくさんと法師蝉/清崎敏郎

俳句例:121句目~

忙しくなるぞと法師蝉のこゑ/高橋逸郎

旅いまもうしろより妻法師蝉/古舘曹人

朝風や声あたらしき法師蝉/千代田葛彦

森深しここには聞かぬ法師蝉/稲畑汀子

水に映る松には見えず法師蝉/渡邊水巴

法師蝉いつもの山のいくつ聳つ/斎藤玄

法師蝉の初蝉なれや鳴きをはる/草田男

法師蝉ひとを憶ひて目つむりて/岡本眸

法師蝉まだ鳴いてをり暦見る/河野静雲

わが三十路果つ法師蝉町に鳴き/有働亨

法師蝉初めて聞きて終りとす/みどり女

法師蝉双手はすでに暮れており/菅原操

法師蝉吟曲にのみ紛れつつ/相生垣瓜人

法師蝉啼きやみしかば夕勤め/能美丹詠

法師蝉声なき後も声聞こゆ/橋本美代子

法師蝉天より遠きところなし/油布五線

法師蝉妻なき子なきときはなき/友次郎

法師蝉寡欲の貌に死せりけり/鈴木栄子

法師蝉松の鱗となるまでは/殿村菟絲子

法師蝉濁る庭木と澄む庭木/百合山羽公

俳句例:141句目~

法師蝉疲るゝばかり読み耽り/星野立子

法師蝉真昼淋しき返書かく/殿村菟絲子

法師蝉眼鏡外して聞きゐたり/山口誓子

法師蝉突と鳴き出で素兄亡き/岸風三樓

法師蝉耳に離れし夕餉かな/阿波野青畝

法師蝉遠しや木なし砂町は/軽部烏頭子

法師蝉陸より海の静かかな/豊長みのる

法師蝉雨に明るさもどりけり/冨山俊雄

法師蝉鳴きつぎ四十九日はや/福田蓼汀

法師蝉鳴く新学期始まれり/水原秋桜子

生涯のひとりのみちの法師蝉/木下/春

秋風にふえてはへるや法師蝉/高濱虚子

終章を存分に鳴けつくつくし/小泉恭子

芳一の空耳に似てつくつくし/清水基吉

茶菓出でて後は静かに法師蝉/中村汀女

萩の絵の古りし杉戸や法師蝉/河野静雲

虚無僧の尺八を聞け法師蝉/山口超心鬼

諄々と鳴きをさめたる法師蝉/西村和子

迎鐘三つ三つと鳴りつゞく/経谷一二三

遠くゐて近きかなしみ法師蝉/藤崎久を

俳句例:161句目~

遠鳴きが良し病む床に法師蝉/森定南樂

遺句集を手向ける墓に法師蝉/中里行雄

重りてこゑの翳れる法師蝉/上田五千石

鎌倉に虚子庵古りぬ法師蝉/成瀬正とし

開け放つ海辺の暮し法師蝉/杉原美代子

陰暦の月日もつもり法師蝉/百合山羽公

隣る木の声をうけつぎ法師蝉/木内彰志

雨露の乾くをまたず法師蝉/百合山羽公

いはけなき法師蝉きく端居かな/芝不器男

うずくまる籠りの婆や法師蝉/鈴木しげを

また微熱つくつく法師もう黙れ/川端茅舎

己が譜に鳴きつまづきて法師蝉/大橋敦子

寸前や法師蝉ふゆるばかりなり/石田波郷

法師蝉啼く日となりて妻は亡し/臼田亞浪

一望の穂田やどこかに法師蝉/米沢吾亦紅

法師蝉わが世誰ぞと唱ふらし/相生垣瓜人

法師蝉むかしがたりは遠目して/高野寒甫

法師蝉ばかりの昼や百花園/阿部みどり女

寝茣蓙して法師蝉けふ聲加ふ/石田あき子

人の辺にゐてひと遠し法師蝉/古賀まり子

俳句例:181句目~

法師蝉薄荷のやうに頭に沁み来/高澤良一

法師蝉しろがねのこゑ放ちけり/小川軽舟

はるけさへ刻をあやつり法師蝉/豊長秋郊

法師蝉走り込み鳴きしたりけり/高澤良一

ポンプ井戸ひびく一つ家法師蝉/池沢葦於

母はいま津和野あたりを法師蝉/岡崎桂子

法師蝉金堂の扉に啼き出でぬ/加倉井秋を

生き時間日に日に減るよ法師蝉/三好潤子

つくつくし前口上を端折りけり/高澤良一

法師蝉つんぼおどしに孫が来る/遠藤梧逸

つくつくし桜の園といふところ/石田勝彦

また逢ふ日ありや遠くに法師蝉/那須乙郎

法師蝉しみじみ耳のうしろかな/川端茅舎

法師蝉いくばく残る子の休暇/下村ひろし

法師蝉友蝉ゐねばこゑとぎれ/橋本多佳子

荘の灯を取りに今宵は法師蝉/浅井青陽子

法師蝉家込みながら椎の庭/阿部みどり女

つくつくし一光体となりて澄む/山縣樵二

連れ鳴きの末はだらけて法師蝉/高澤良一

法師蝉村雨雲をよびにけり/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました