季語/摘草(つみくさ)を使った俳句

「摘草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「摘草」について

【表記】摘草

【読み方】つみくさ

【ローマ字読み】tsumikusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・草摘む(くさつむ:kusatsumu)

季節による分類

・「つ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

摘草を含む俳句例

摘草や三寸程の天王寺/子規

摘草や嬋妍として人の指/青邨

鶏にやる田芹摘みにと来し我ぞ

なにげなき餅草摘の身拵/斎藤玄

摘草の童女の籠に鈴の音/大串章

芹摘みが来れば空港白々し/静塔

摘草や髪と裳裾に風みゆる/舗土

摘草や印籠提し尼の公/高井几董

摘草や渡りし橋の遥かなる/篠原

摘草や船橋ゆるゝ風の中/野村喜舟

蓬摘潮のさざなみ川のぼる/中拓夫

摘草の水の音する方へ行く/半澤律

草摘に光り輝く運河かな/川端茅舎

三月の空を忘れて野蒜摘/高澤良一

妹に摘草の手を高く上げ/高野素十

摘草や拾ひ始めは一羽毛/能村研三

庭水辺摘む七草の芹紅に/山口青邨

右腕は雲の匂いに蓬摘む/守谷茂泰

摘草の籠を移すや人移る/尾崎迷堂

背で聴く育児らの摘む蓬の音/兜子

俳句例:21句目~

摘草や蝉嬋として人の指/山口青邨

天心に跼むは蓬摘める母/齋藤愼爾

餅草を摘む歌の橋華の橋/永井龍男

摘草や橋を渡りて路二つ/会津八一

草摘むや御室の道の右左/尾崎迷堂

優婆塞が佛性ほどの蓬摘/筑紫磐井

草摘むや峡より出づる雲の影/春藻

故里に帰りし女芹を摘む/真柄嘉子

摘草やよそにも見ゆる母娘/炭太祇

摘草や一つの雲に日の昃り/上野泰

奥山の枯もけぶれり野蒜摘/中拓夫

摘草や遺作展覧会のひま/下村槐太

道とへば芹摘む女中教へけり/常矩

草を摘む昭和一桁雑食派/本宮鼎三

蓬摘一人は遠く水に沿ひ/田中王城

香具山の蓬摘まんと大袋/大島雄作

蓬摘む墳の死角の片日和/赤尾恵以

風呂敷を袋にむすび蓬摘む/上村占

野霞のこぼす小雨や蓬摘/芝不器男

耶蘇祀り摘草峠野萱草/小原菁々子

俳句例:41句目~

蓬摘む一円光のなかにゐて/桂信子

摘草や百日百夜は独り寝と/辻桃子

遠江国分寺跡野蒜摘む/野末美代子

芹摘みし指を洗ふも芹の水/畠山譲二

さぼしある摘草匂ふ門の月/喜谷六花

芹摘むや雨雲うごき浪うごく/中田剛

芹摘める二人話の届く距離/高澤良一

芹摘の足を拭き行く杉菜哉/尾崎紅葉

芹摘や草に手をふく昼餉時/巌谷小波

芹蓬摘めよと與ふ子に刃物/石川桂郎

草餅を作る気になり蓬摘む/椎野房子

蓬摘む生れかはりし童たち/松村蒼石

蓬摘む籠の中まで夕日入る/鈴木幸子

摘む前の蓬の上に眠りたし/今瀬剛一

袖口に風ささやける蓬摘/古賀まり子

小判草摘んで千両ほどの音/小金千鶴

川上のむかうの岸に草摘める/草田男

芹の香や摘あらしたる道の泥/炭太祇

足許の覚束なくて田芹摘む/しょう人

摘草に取残されてゐる画帖/山田弘子

俳句例:61句目~

足許を先づは築きて田芹摘/高澤良一

野蒜摘み手足に残る昼の酒/富田直治

摘草のその子の母もうら若し/大串章

下総は沼より明くる野蒜摘/木山白洋

摘草のつひの一人に風強き/行方克己

摘草のわが影長し帰らねば/松尾静子

摘草の一つの籠に何もかも/藤村礼子

食ふに摘む草ぞ芳し決戦下/渡邊水巴

山門の下に摘みたる蓬かな/佐藤芙陽

摘草の嫁菜にまじり似たるもの/若沙

摘草の子に白波のかぎりなし/大串章

摘草の子の三人が仲よくて/高濱年尾

濤ひとつびとつ轟く野蒜摘/児玉小秋

摘草の歌声ひびく野末まで/金子啓二

摘草の母の背中に凭れけり/野村泊月

摘草の湯女とおぼしき一人かな/篠原

何ほども蓬摘めずに一歳妻/鷹羽狩行

摘草の籠一ぱいの軽さかな/唐沢樹子

摘草の膝を揃へて余念なく/野中木立

摘草の野の果もまた殉教地/朝倉和江

俳句例:81句目~

摘草や今戸の人に橋場まで/羅蘇山人

流れには遂に出逢はず蓬摘む/波津女

摘草や土ともならず新聞紙/松藤夏山

摘草や壬生の狐の面かたげ/中川四明

摘草や女の越せぬ川ありて/志田素琴

摘草や橋なき土手を何処までも/篠原

摘草や清水がもとの鬼の面/井上井月

摘草の子に白雲のながれけり/月二郎

摘草や童の言葉数ふえて/平地美紗子

摘草や裏より見たる東山/松尾いはほ

摘草や話して聞かす草双紙/野村喜舟

摘草や鶏の出てくる人の庭/籾山柑子

摘草に夕どよもすや町の空/島田青峰

極月や摘みて匂はぬ芹だまし/有働亨

波聞え来る摘草の夕ぐもり/大谷句佛

物置に摘草籠のありし筈/池内たけし

梅の木にぶつかりながら蓬摘/辻桃子

晩年もなほ日永にて摘む蓬/中村苑子

籠負うてまだ摘草を続けゐる/森田峠

昃れば風まだ寒き田芹摘む/野林博子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ