季語/菜飯(なめし/なはん)を使った俳句

「菜飯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菜飯」について

【表記】菜飯

【読み方】なめし/なはん

【ローマ字読み】nameshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菜飯茶屋(なめしぢゃや:nameshijiya)

・菜飯もどき(なめしもどき:nameshimodoki)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

菜飯を含む俳句例

春雨や菜飯を好む女達/井上井月

菜飯噴く昔々の昔かな/高野素十

水仙に口切寺の菜飯かな/水田正秀

西国の黄昏長き菜飯かな/西村和子

菜飯より始まる伏字多き旅/櫂未知子

菜飯とて揃の椀も柿右衛門/村田黒潮

塩田の頃の大釜菜飯ふく/高瀬/初乗

大盛りの秀衡椀の菜飯かな/皆川盤水

忘れ草菜飯に摘まん年の暮/松尾芭蕉

いちじくの甘露煮も菜飯熱し/石川桂郎

一握となりし間引菜飯を食ふ/山口誓子

二三本飲んだる後の菜飯かな/藤平寂信

朧とは夜々の菜飯のやはらかな/原石鼎

桐柳民こまやかに菜飯んかな/服部嵐雪

夫の留守一人の昼餉菜飯かな/鈴木久子

菜飯たく幽きかまども一つ家/大田古索

小佛の峠の茶屋の菜飯噴く/塩月/能子

箸置いて菜飯の色を賞でにけり/江国滋

弘法の湯を浴び泊つる花菜飯/中山純子

菜飯思ふ重湯一椀もてあまし/相馬遷子

俳句例:21句目~

落人に菜飯うめぼしあらたふと/中勘助

無礼討なき世をとこへ菜飯かな/嶋田麻紀

畑打に替えて取りたる菜飯かな/服部嵐雪

老妻の手つ取り早き菜飯かな/小泉冬耕子

耳順来る啄むに似て菜飯かな/鳥居おさむ

菜飯くへば古里に似し雨が降る/桜木俊晃

菜飯上手ほかにとりえのなき妻の/上村占

菜飯喰ひ少しふとりしかと思ふ/草間時彦

風雨止んで夕べ明るき菜飯かな/渡辺桂子

とりどりの菜飯を散らし母老いぬ/石寒太

割箸にまつはることの菜飯の菜/高浜年尾

菜飯炊き誰にも気がねなき暮し/田中一石

古妻と云はるゝ所以菜飯炊く/根津しげ子

一人分炊きてうれしき菜飯かな/都筑智子

雨音のまた近くなる菜飯かな/菅原多つを

宵雨に灯のちからづく菜飯かな/上田五千石

おたがひに肱張つて食ふ菜飯かな/川崎展宏

菜飯喰ふ夕はやけれど燈ともして/角川春樹

過疎村に住みて菜飯のあたたかし/高橋宏子

師の古稀に集うて甲斐の青菜飯/伊藤いと子

俳句例:41句目~

菜飯炊く蝋燭からの火をとって/吉田さかえ

さみどりの菜飯が出来てかぐはしや/高浜虚子

菜飯炊き銃後守る父母はげまして/小原菁々子

結婚記念日ぬくき菜飯を食ひ足りぬ/草間時彦

菜飯あらばなにもいらぬという男/工藤眞智子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ