季語/綱引(つなひき)を使った俳句

「綱引」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「綱引」について

【表記】綱引

【読み方】つなひき

【ローマ字読み】tsunahiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・綱曳(つなひき:tsunahiki_)

・縄引(なわひき:nawahiki)

季節による分類

・「つ」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

綱引を含む俳句例

綱引の声が運動会の声/辻本斐山

綱引の首即陰の大蛇なる/沢木欣一

綱引やかの沖縄の粗き酒/赤尾兜子

綱曳の振舞酒や杓で酌む/中川秋光

綱曳や恵比寿大黒真中に/宮川史斗

鰤衆の湖中綱曳ただ叫ぶ/本多静江

二人して綱曳なんど試みよ/高浜虚子

綱引の右になだるゝ左かな/渥美渓月

綱引の綱の尻尾が退場する/辻田克巳

綱引の西町に雨ひかり降る/川上季石

綱引や双峰の神みそなはす/石井露月

綱引のづるづる旗色悪くなる/高澤良一

綱引の綱栄え飾る社頭かな/安藤橡面坊

綱曳の声山籟となりにけり/吉本伊智朗

綱引のつな栄え飾る社頭かな/安藤橡面坊

綱引の引き取られたる空手かな/大塚羽山

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ