季語/鷽替(うそかえ)を使った俳句

「鷽替」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鷽替」について

【表記】鷽替

【読み方】うそかえ

【ローマ字読み】usokae

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

鷽替を含む俳句例

暁の鷽替へて来た袂かな/尾崎紅葉

鷽替や夕べ吹かるる橋の上/福島勲

鷽替へて昔の色の寒夕焼/塚原巨矢

鷽替や節くれの指華奢な指/橋本博

鷽替の嘘を誠に替えにけり/芝田教子

鷽替の寒き鯉汁たうべけり/増田龍雨

鷽替へて巾着うせぬ戻り道/松瀬青々

鷽替や隣の孀婦替へ当てし/上田僊堂

吉凶の顔や等しく鷽替へぬ/吉田鴻司

鷽替や鷽売切れの旗あがる/高木良多

鷽替に親子で渡る太鼓橋/白木サダ子

晴天に雪散る日なり鷽替る/前川素泉

鷽替の人波勢ひつき来たる/浅井陽子

病む母の産土神の鷽替へて/能村研三

別々に鷽替へて居る夫婦あり/武藤樹青

友ら遠し立身の鷽替へもせず/小林康治

雪の中鷽替への渦移りゆく/岡部六弥太

鷽替て幸せくると信じをり/徳重/敏乃

鷽替に楠の夜空は雪こぼす/野見山朱鳥

鷽替へて日向の方へ歩きけり/宮下翠舟

俳句例:21句目~

鷽替へにをとこ東方より来る/内田美紗

鷽替のこぼれもどりの隅田川/杉山岳陽

鷽替や少女の白き手に触れて/永沢達明

鷽替の数だけ福の笑み貰う/中川三千草

鷽替の金の当りて埓もなき/後藤比奈夫

鷽替や黒き手套の落ちてをり/館岡沙緻

倖せをはなしたくなき鷽替ふる/有森一雄

手から手へ鷽替神事鼓に果つる/小松弘枝

音たてぬ夫いることも鷽替える/古川塔子

鷽替ふるならば徹頭徹尾替ふ/後藤比奈夫

鷽替へてあをき空ある太鼓橋/喜多みき子

鷽替へて手のぬくもりを戴きし/竹中弘明

鷽替やどうせこの世は嘘ばかり/菖蒲あや

鬼燻べて楠の大樹も枝鳴らす/山田つるの

八十路なほ恃むものあり鷽替ふる/千原満恵

鷽替の掌をふれ合ひしよりの仲/竹内/一芝

鷽替の勢子先づ禰宜の神酒を受く/福井大節

鷽替へて眉目おもしろき鷽にあふ/仁井一路

鷽替のいとちさき鷽もらひけり/石田あき子

弾き出されては飛び込み鷽替ゆる/岡部六弥太

俳句例:41句目~

死にはぐれ嫁ぎはぐれて鷽替ふる/古賀まり子

鷽替ふる顔見うなづき替へにけり/小原菁々子

鷽替へてそくばくの運あるごとし/大沢ひろし

茶屋に待つはゝそはに鷽替へて来し/竹末春野人

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ