季語/新年会(しんねんかい)を使った俳句

「新年会」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新年会」について

【表記】新年会

【読み方】しんねんかい

【ローマ字読み】shinnenkai

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

新年会を含む俳句例

女子寮に男声する新年会/阿部寿雄

床生けの松大いなり新年会/平林洲芳

放浪子酒下げ故郷の新年会/千保霞舟

新年会一本締をきめて果つ/本橋美和

新年会終へて窯場の唄荒し/中島花楠

新年会降る雪を見て高階に/川畑火川

袴の裾に銀座の泥や新年会/富安風生

今も師に遠く坐すなり新年会/風間ゆき

新年会夜の銀座といふところ/土井碧水

新年会果てしか雪に声高に/町田しげき

炭火匂ひ人まだ寄らず新年会/山田春洋

いまも師に遠く座すなり新年会/風間ゆき

新年会校歌となりて果てにけり/宮下邦夫

道に逢うて並び入る門や新年会/山口うたゝ