季語/石蕗の花(つわのはな/つわぶきのはな)を使った俳句

「石蕗の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「石蕗の花」について

【表記】石蕗の花

【読み方】つわのはな/つわぶきのはな

【ローマ字読み】tsuwanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・石蕗咲く(つわさく:tsuwasaku)

・槖吾の花(つわぶきのはな:tsuwabukinohana_)

季節による分類

・「つ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

石蕗の花を含む俳句例

門前の石蕗に声掛く十二月/原裕

鶏の上の夕風石蕗の花/長谷川双

花なくば石蕗も下草雪残る/下田稔

石蕗一茎二茎三茎未だ莟/高澤良一

花石蕗に十一月の始りぬ/高木晴子

朝より沙の音す石蕗の花/山西雅子

山門の茅葺厚し石蕗の花/森本五郎

門前の花石蕗明り朝の海/館岡沙緻

山国や誕生石の石蕗咲けり/安西篤

石蕗の陽が移れば移り冬の蝿/里半

石蕗の葉をうちも破らぬ霰哉/熊三

尼寺の蝶花石蕗の光輪に/野澤節子

一団の黒の礼服石蕗日和/高澤良一

石蕗の花言葉短くあたたかく/林徹

一島に一戸一井万の石蕗/青木重行

竹椽や日脚傾く石蕗の花/会津八一

鶏の遠出好きなる石蕗の花/日原傳

石庭の石の間なる石蕗の花/酒井京

花石蕗の波大亀の骸打つ/谷川火鳥

身体健康心健康石蕗に虻/星野立子

俳句例:21句目~

下苅の藪きれいなり石蕗の花/養浩

大部分宇宙暗黒石蕗の花/矢島渚男

花石蕗や作務の芸術砂の紋/河野静雲

忙中の閑に日当る石蕗の花/鈴木鷹夫

片附かぬ家に鍵かけ石蕗の花/澁谷道

石蕗咲くや春夏秋冬花不断/野村喜舟

花石蕗や黒つややかに焼仏/吉野義子

石蕗の黄のいまも櫓へ隠道/古館曹人

石蕗咲くや僧侶の妻も手内職/瀧春一

石垣に石蕗咲いてゐる島畑/松藤夏山

文盲の父に手紙や石蕗の花/皆川白陀

春浅き岬石蕗の葉密生す/川島彷徨子

春秋をぬしなき家や石蕗花/高井几董

石の島石死んで石蕗花盛り/津田清子

花石蕗や果なる沖の薄明り/板谷芳浄

鰤網を敷く海くらし石蕗の花/秋櫻子

海鳴の村に嫁くる石蕗日和/高橋好温

花石蕗の頃の平戸が平戸らし/堤剣城

一隅を一切とせり石蕗の花/和田悟郎

参道の両側に石蕗呼応して/高澤良一

俳句例:41句目~

友葬り来て心老ゆ石蕗の花/川村紫陽

取りかへる支柱や石蕗の花/西山泊雲

口中に茶渋の残る石蕗日和/高澤良一

つはぶきや二階の窓に鉄格子/森慎一

石蕗の花一日一枚書く佳信/石川文子

石蕗の花膝を掴みて跼みけり/岡本眸

咲べくもおもはであるを石蕗花/蕪村

波郷の死以後の石蕗照る石鼎忌/原裕

篁に石蕗吹き曲げて城の内/古舘曹人

渡海僧舟出の潟や石蕗の花/永井敬子

大事がる布目瓦や石蕗の花/井上井月

太平洋沿岸は雨石蕗の花/和田耕三郎

石蕗の花胎蔵界の蝶飛び来/野澤節子

石蕗咲くや鼬横ぎる岡の道/鈴木無心

石蕗の黄は必死なる色東尋坊/松山足羽

あしびきの片山にして石蕗日和/堀恭子

横着に石蕗まぜてある菊の桶/安東次男

歳月や母の庭なる石蕗黄なり/小林康治

石よりも静なりけり石蕗の花/鈴木花蓑

石を切り石売る石蕗は島の花/津田清子

俳句例:61句目~

ことしもここに石蕗の花も私も/山頭火

母我をわれ子を思ふ石蕗の花/中村汀女

さびしさの眼の行く方や石蕗の花/蓼太

石蕗の葉の青々と敷松葉かな/古川芋蔓

黄八丈色に石蕗咲き妻が着て/草間時彦

つはぶきの上鳶のこゑ裏返る/高澤良一

馬嗤ぐすぐさきにあり石蕗の花/中田剛

つはぶきの花の日々新たなり/高野素十

静かなる月日の庭や石蕗の花/高濱虚子

雪舟の庭の荒れやう石蕗の花/野村喜舟

石蕗の葉に雪片を見る霙かな/高浜虚子

雨に照り日に濡れ石蕗の花崇し/原石鼎

ともに老い一師一生石蕗の花/近藤一鴻

針山も石蕗の日向や旧城下/大峯あきら

石蕗の花世間話をせるごとく/高澤良一

石蕗の崖負うてや港町書店/高田風人子

遠浪の微光に崖の石蕗の花/柴田白葉女

送金を了へたる安堵石蕗の前/高澤良一

褒貶は成り行き任せ石蕗の花/高澤良一

行年五十歳漱石は石蕗の黄に/飯田龍太

俳句例:81句目~

蜜蜂に冴え隔てたり石蕗の花/石塚友二

石蕗の茎起きあがり水ぬるむ/室生犀星

石蕗が呼ぶ虻も鎌倉日和かな/石塚友二

薫に貞意かげあり石蕗暮るる/飯田蛇笏

薄の穂石蕗の黄と冬隣り合ふ/石原舟月

一人来て一人去る島石蕗明り/中嶋秀子

一山の石蕗が忌日を濃きものに/今村青

一粒の露きらめきて石蕗に朝/中村汀女

流連の視力暗しや石蕗/椿/堀井春一郎

二階にて謡ひの稽古石蕗日和/高澤良一

僧坊の糺せし下駄や石蕗の花/国井遭子

混血も神の意のまま石蕗の花/堀口星眠

太陽と虻を引き寄せ石蕗の花/本岡歌子

花石蕗や心の張りを支へ咲く/西岡正保

石蕗越しの雲の黄昏沖にあり/木村蕪城

船笛の大きく近く石蕗の花/長島衣伊子

石蕗花に造り酒屋の落目かな/野村喜舟

寺の庭どこまでが庭石蕗の花/稲畑汀子

仏心のそこらに咲いて石蕗の花/森澄雄

石蕗の花極まるときの濤みどり/中拓夫

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ