季語/日向ぼこ(ひなたぼこ)を使った俳句

「日向ぼこ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「日向ぼこ」について

【表記】日向ぼこ

【読み方】ひなたぼこ

【ローマ字読み】hinataboko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・日向ぼっこ(ひなたぼっこ:hinatabokko)

・日向ぼこり(ひなたぼこり:hinatabokori)

・日向ぼこう(ひなたぼこう:hinataboko_)

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

日向ぼこを含む俳句例

鶏逃げし石の階日向ぼこ/原裕

一碧の空に横たふ日向ぼこ/篠原

姉絵本弟積み木日向ぼこ/上野泰

太陽に吾も埃や日向ぼこ/平赤絵

松とるや鶏は田に犬日向ぼこ/躑躅

凩や崖下はよき日向ぼこ/野村喜舟

手に足に青空沁むと日向ぼこ/篠原

一跨ぎ程の命や日向ぼこ/政所小枝

紺青の空と触れゐて日向ぼこ/篠原

晩年の白一色の日向ぼこ/鷹羽狩行

倖せに自ら甘え日向ぼこ/永井賓水

天界に雲の山川日向ぼこ/木田千女

老木と同じ日向に日向ぼこ/村越化石

美醜際立つ女生徒の日向ぼこ/楠節子

日向ぼこ齢は花のごと萎れ/清水衣子

日向ぼこ平等院を借り申す/中野柿園

笹山に那須嶽仰ぎ日向ぼこ/渡邊水巴

禅寺の庭に座敷に日向ぼこ/高浜虚子

屑買に屑の天地や日向ぼこ/山本歩禅

人間が猫に加はり日向ぼこ/山田弘子

俳句例:21句目~

丁寧に仏具を磨き日向ぼこ/鈴木花蓑

日向ぼこ母の法悦淋しめり/大橋敦子

年賀の座日向ぼこりを賜りし/岸田稚

黒猿の黒き夫婦の日向ぼこ/三好達治

不束のままに金婚日向ぼこ/松本昭子

日向ぼこ頭の抽出より挿話/高澤良一

飄と行く白雲高し日向ぼこ/貝塚放朗

病間や破船に凭れ日向ぼこ/杉田久女

主曰く村一番の日向ぼこ/遠入たつみ

男とか女を超えて日向ぼこ/櫂未知子

伊太利の太陽の唄日向ぼこ/高浜虚子

雑沓を見て傘役の日向ぼこ/西本一都

日向ぼこ死後の極楽疑はず/田中政子

雀とぶそれも光芒日向ぼこ/皆吉爽雨

兎より亀が早しと日向ぼこ/西川五郎

犬という命と並び日向ぼこ/鳴戸奈菜

身中の虫出でゆけり日向ぼこ/小島健

日向ぼこ湯浴のごとく人加ヘ/岡本眸

流木を一人に一つ日向ぼこ/綾部仁喜

日向ぼこ天神橋の裏を見て/石倉啓補

俳句例:41句目~

日向ぼこ年内といふ柵の内/高澤良一

考への小は切捨て日向ぼこ/依田明倫

老犬の如くに我も日向ぼこ/京極杞陽

地獄耳どうし耳寄せ日向ぼこ/岬雪夫

墓二三遠見えてゐる日向ぼこ/塘柊風

曲り家の曲りに跼み日向ぼこ/西本一都

日向ぼこ世間の事をみな忘れ/福井玲堂

日向ぼこ仏掌の上にゐる思ひ/大野林火

尼どちの頭の円光や日向ぼこ/原田翠芳

かたまつて同じ事務服日向ぼこ/岡本眸

からからに枯れし芭蕉と日向ぼこ/篠原

岩雫すれ~に鴛鴦の日向ぼこ/鈴木花蓑

日向ぼこ佛掌の上にゐる思ひ/大野林火

師の墓と尽きぬ話の日向ぼこ/渡辺恭子

風強き玻璃戸のうちの日向ぼこ/上野泰

雲行くは行き園丁の日向ぼこ/下鉢清子

雪落つる光飛び来ぬ日向ぼこ/鈴木花蓑

なにもなき元日もよし日向ぼこ/中勘助

昼月をつら~見上げ日向ぼこ/鈴木花蓑

足許の風の気になる日向ぼこ/稲畑汀子

俳句例:61句目~

褒貶は彼方に在りて日向ぼこ/大本正貴

胸もとを鏡のごとく日向ぼこ/大野林火

耳遠き故にうとまれ日向ぼこ/桐田句昧

子等雀墓の一茶と日向ぼこ/加藤知世子

まだ着居る国民服や日向ぼこ/京極杞陽

伝へ聞く友の栄華や日向ぼこ/日野草城

着陸機待ちて給油車日向ぼこ/大島民郎

胎内へ還るおとうと日向ぼこ/齋藤愼爾

両岸に両手かけたり日向ぼこ/斎藤愼爾

上げざりし瞼一線日向ぼこ/赤松ケイ子

日向ぼこ睡魔とあそび疲れけり/茂一郎

人として淋しき人の日向ぼこ/京極杞陽

日向ぼこ心温もるまでゐたり/西村和子

磯臭くなるまで海の日向ぼこ/堀米洋江

日向ぼこ少しの暇なほうれし/高木晴子

目の横をとびゐる埃日向ぼこ/橋本鶏二

流人島指呼に婆らの日向ぼこ/池上樵人

水流れ刻はとどまる日向ぼこ/吉年虹二

昃ればすぐ立ち上り日向ぼこ/高濱年尾

半分は死に体にゐて日向ぼこ/松山和子

俳句例:81句目~

仔羊の三百頭の日向ぼこ/坊城としあつ

死ぬことを忘れ歳々日向ぼこ/村越化石

歳月の影をうしろに日向ぼこ/榎本虎山

日向ぼこ頬杖といふ杖もあり/村越化石

三猿とならび腰かけ日向ぼこ/福田蓼汀

大仏の座禅倣ひて日向ぼこ/岡本郁三郎

切株を仲間のごとく日向ぼこ/村越化石

大寺のいくつほろびし日向ぼこ/小澤實

大愚また大賢に似て日向ぼこ/下村梅子

福耳の透きとほるまで日向ぼこ/檜紀代

天網はかくもやはらか日向ぼこ/橋本薫

稿送り骨の髄まで日向ぼこ/斉藤すず子

太陽の下僕となりて日向ぼこ/大橋敦子

太陽の手をいただいて日向ぼこ/堀内薫

太陽も宇宙の塵か日向ぼこ/大塚千々二

欲ばりな嫗いつまで日向ぼこ/黒田杏子

次の世へ空席のあり日向ぼこ/田中荒砂

縁側にどうと倒れて日向ぼこ/京極杞陽

大仏の掌にある思ひ日向ぼこ/鷹羽狩行

虚子庵はがらんどうなり日向ぼこ/上野泰

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ