季語/被布(ひふ)を使った俳句

「被布」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「被布」について

【表記】被布

【読み方】ひふ

【ローマ字読み】hifu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

被布を含む俳句例

夕霰冥府の母に被布やらむ/関戸靖子

被布暮し山寺暮し変りなし/山口笙堂

紫の被布をこのみて老にけり/池田歌子

美しき老刀自なりし被布艶に/高浜虚子

言いはず触れず女の被布の前/石塚友二

悲喜何れにも著る被布の一帳羅/山口笙堂

被布を召す毎朝といふ剃髪に/赤松けい子

被布を着し姉を思ふや姉の忌に/吉本虚林

被布を着し嫂と寺を立ち出づる/村山古郷

被布を著て全く老いし母なりし/木村子瓢

老僧といつしか云はれ被布似合ふ/獅子谷如是

被布を着てかなしきことを言ひて去る/日野虚人

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ