季語/鷽(うそ)を使った俳句

「鷽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鷽」について

【表記】鷽

【読み方】うそ

【ローマ字読み】uso

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

鷽を含む俳句例

照鷽や春山となる櫟山/森澄雄

神楽笛飄と天ゆく鷽守り/野沢節子

鷽の雄の群れ竹箒横倒し/星野紗一

雪山の鷽が来てをり春祭/加藤岳雄

照鷽や吉備の乙女ら弓しぼる/神蔵器

早起きの鷽が琴弾く父の山/黒田杏子

雪おろす人の面を鷽わたる/前田普羅

通草みな採れざる高さ鷽のこゑ/沢聰

鷽下りて雪沁む苔を啄める/黒木夜雨

鷽鳴くや麓の村の照り曇り/和田明子

鷽鳴くや山頂きに真昼の日/相馬遷子

山墓の一つがふえて雨の鷽/斎藤小夜

鷽の群雪来し朝の峡にをり/山谷春潮

鷽の声きゝそめてより山路かな/式之

空腹や人に遭はねば鷽の径/石川桂郎

あけぼのや山静かなる鷽の琴/高田蝶衣

かへまけて小さき鷽を袂かな/樋口得川

鷽の来る空やはらかし姫胡桃/堀口星眠

鷽の空快気の思ひ深くあり/平井さち子

インク消もちひし文や鷽の鳥/石川桂郎

俳句例:21句目~

鷽納め碧き月日を惜しみけり/古館曹人

旅の果子恋の鷽の鳴きにけり/杉山岳陽

日表にかかりし山路鷽鳴けり/久田澄子

木の芽食む鷽の胸紅数しれず/皆吉爽雨

梅固き一つの鷽を捨てにけり/古舘曹人

雪おとす樹々も静まり鷽渡る/前田普羅

照鷽や杉の暮色のとどこほり/鈴木太郎

生絹めく山路の雨に鷽鳴けり/井沢正江

倒木のまた道堰くや鷽の声/小澤満佐子

紙漉くや鷽は来てゐし淵の上/藤田湘子

雨のこる森のあけぼの鷽の声/神田/岩

雨鷽に雨気づかひつ種播ける/田中冬二

雲崩なき凡日籠の鷽鳴けり/殿村莵絲子

鷽の声雪しまくときなほ幽か/山谷春潮

しづけさに堪へず鷽鳴く雪の谷/手島靖一

御風呂屋を覗きも得ずよ鷽の鳥/石川桂郎

花芽啄み荒す鷽には手をやくと/松尾緑富

籠の鷽消え入る如く鳴きにけり/犬塚春径

山酔ひの睡魔うつつに鷽のこゑ/小西藤満

照鷽は籠に照り春のしぐれ止む/皆吉爽雨

俳句例:41句目~

朝の紅茶鷽の口笛聞きながら/尾田秀三郎

鷽鳴くや霧のいたゞき夜と別る/山谷春潮

黒鷽の嫌はれつゝも飼はれをり/岡田耿陽

かへ~て遂によき鷽得ざりけり/安藤橡面坊

木の芽雨どこかで鷽が啼いてゐる/田中冬二

鷽と見つ梅もどきこぼれざりけり/林原耒井

鷽のはみこぼす花芽と知らざりし/桑田青虎

鷽の喉こゑ溜め雪解はじまれり/小林黒石礁

嶺せまる大きしじまに鷽のこゑ/松本たかし

胸染めて鷽はしづかに雪解待つ/小林黒石礁

鷽の来てあけぼのゝ庭に胸赤し/水原秋桜子

鷽鳴くやわざ老ゆるなき筆づくり/内山亜川

売り切れて鷽の木彫ぞおもしろき/石田波郷

声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て/加藤楸邨

乙子神社へおりゆく雨の鷽伴れて/山田みづえ

鷽のゐていつせいに雪解けはじむ/千代田葛彦

屋根に来てかゞやく鷽や紙つくり/水原秋櫻子

鷽啼くと夜明けさみしき独りごと/稲垣きくの

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ