季語/山焼(やまやき)を使った俳句

「山焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山焼」について

【表記】山焼

【読み方】やまやき

【ローマ字読み】yamayaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・焼畑つくる(やきはたつくる:yakihatatsukuru)

・山焼く(やまやく:yamayaku)

・山火(やまび:yamabi)

季節による分類

・「や」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

山焼を含む俳句例

○山笑う

山焼の柱に映つる庵かな/青々

山焼の雨に終れば鯛蕪/角川春樹

中天の月の昏さよお山焼/船木朴堂

山焼やほのかにたてる一ツ鹿/白雄

山焼の麓に暗き伽藍かな/多田桜朶

お山焼く僧六人の白頭巾/田村愛子

お山焼すみし麓に鹿遊ぶ/山下輝畝

山焼の燧袋も古りにけり/石井露月

山焼の煙は雲と逢ひにけり/小澤實

山焼のなぐれ煙や塔の尖/内田百間

お山焼山の裏にも消防夫/奥野敏子

山焼に来よと賀状の隅にあり/柏禎

山焼の煙の上の根なし雲/高浜虚子

山焼の炎の降る旅程身は一つ/原裕

山焼の人出を前に土産店/久保五峰

お山焼火は頂を皆目指す/磯野充伯

天平の火色となりぬお山焼/原好郎

鹿の眼に映る焔やお山焼/角田勝代

火の変化風に従ふお山焼/稲畑汀子

俳句例:21句目~

火が鬩ぐ鶯御陵お山焼/河合佳代子

戎壇院辺りは静かお山焼/橋本道子

山焼くや秩父山の子鼻たれ子/月笠

山焼イテ十日ノ市ヤ初蕨/正岡子規

山焼や賽の河原へ火のびたり/誓子

山焼や礫のごとく鳥翔り/林八重子

一社二寺司る火やお山焼/大橋敦子

山焼くよと門に彳む独言/正岡子規

鴟尾光るうちは山焼始らず/吉村宵雨

山焼の火勢鎮めの雨にほふ/山本照子

山焼くと仏の庭の人ゆきゝ/中村三山

鹿の目に地異天変のお山焼/三嶋隆英

鹿の瞳に地異天変のお山焼/三嶋隆英

山焼く火将軍塚を囲みけり/宮下邦夫

山焼く火左に見えて路曲る/正岡子規

お山焼大仏殿もただならね/長谷川櫂

山焼いて来し同窓生と酌める/中拓夫

山焼や旅に暮れける西の京/和田祥子

山焼に始まる阿蘇の牧仕事/武藤和子

山焼かれなむ銃床に降る花粉/仁平勝

俳句例:41句目~

山焼のはじめの焔注連囲ひ/渋谷/澪

お山焼築地塀割る松が照り/藤田三郎

山焼の一夜の紅蓮奈良に雪/野澤節子

山焼の匂ふ装束脱ぐ三和土/森本大樹

山焼の火の連れ来たる恋心/藤田弥生

山焼の火種引きずり走りけり/梶尾黙

山焼の灰散りこめり一碧湖/伊藤芳子

山焼の炎に叫び翔ちゆくもの/黒谷忠

まづあがる飾焚く火やお山焼/森田峠

山焼の眼の玉ふたつ燃え残り/徳弘純

三日三夜草山一つ焼にけり/正岡子規

山焼の音谺せり大阿蘇に/高木あけみ

弥勒寺の棟の左の山焼くる/河野静雲

文藝は遠し山焼く火に育ち/寺山修司

山焼きの火の躓ける岩場あり/石川薫

旅は阿蘇山焼く頃とさそはるる/汀子

東大寺方より火の手お山焼/岩崎三栄

反物は畳をころげお山焼き/大野朱香

水仙の群落に山焼くが見ゆ/松村蒼石

火の上に火の上に火のお山焼/蔦三郎

俳句例:61句目~

花なき山焼木にせぬも郭公/井原西鶴

薄曇り隣の山を焼きにけり/正岡子規

薄月の山焼きに行く路遠み/正岡子規

天界に焦すものなきお山焼/高石敏子

賀茂郡河津の庄に山焼く火/石塚友二

遠くより美しかりしお山焼/山田一女

頂上へ火の筋走るお山焼/滝沢伊代次

あかあかと山焼のさま金屏に/武藤紀子

青丹よし奈良は影絵のお山焼/貞吉直子

山焼くと裾の祠に禰宜まをす/大島牛後

山焼くに似て一冬の塵焼かる/村越化石

山焼く火熊襲の穴を燻しけり/徳留末雄

お山焼はるばる煙くさきかな/岸本尚毅

お山焼下りて来し街にも匂ふ/西村正子

山焼くやたむろ移りに鹿の影/内田雅子

山焼の火種に下ろす藁の束/千須和蟻昼

お山焼果てしばかりの闇匂ふ/稲畑汀子

お山焼果てたる寧楽は暗き街/杉山木川

お山焼火の奢りいて咎まれず/磯野充伯

お山焼見し目に繊き月ありぬ/稲畑汀子

俳句例:81句目~

お山焼見し窓闇に置き変ふる/稲畑汀子

お山焼贄のごとくに鹿が跳ね/行方克巳

火の帯が火をつつみゆくお山焼/朝妻力

山焼の灰かぶり来し仔馬かな/内藤吐天

山焼の灰の降り来る小駅かな/田中冬二

山を焼く火に近く我夜越ゆる/正岡子規

三笠山焼けつつ月の上りけり/小城古鐘

山焼のけむり千丈富士立てり/堀口星眠

山焼のしだいにかげる空の沖/石原八束

山焼く火見れば母焼く煙とも/福田蓼汀

北上の岸辺に立てば山焼くる/遠藤梧逸

双塔を嵌めて遠見のお山焼/石黒まさを

山焼の焔は嶺を匐へり日輪も/石原八束

山焼く火桑の真闇に衰へぬ/水原秋桜子

山焼の煤溜めて畝石まじり/中戸川朝人

山焼の闇を押しゆく炎かな/湯浅千加江

山焼の雄心たもつ幾日あり/沼尻巳津子

山焼のたんねんに刈る火切り道/朝妻力

山焼や火の刈萱を撒き散らし/長谷川櫂

奥人や山焼いて待つ上り鱒/廣江八重櫻

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ