季語/雨水(うすい)を使った俳句

「雨水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雨水」について

【表記】雨水

【読み方】うすい

【ローマ字読み】usui

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

雨水を含む俳句例

亡命は雨水の頃に夜の闇に/小野元夫

北国の嶺に雪ふる雨水かな/角川春樹

大楠に諸鳥こぞる雨水かな/木村蕪城

渓川の石走らすも雨水かな/山根和子

書道部が墨擦つてゐる雨水かな/大串章

色めでて草餅を買ふ雨水かな/藤岡筑邨

地に降りて雀濡れゐる雨水かな/池田秀水

地をおほふ靄に雨水の日の夕べ/井沢正江

墨堤に人ごゑひびく雨水かな/喜多みき子

桑の瘤芽吹くきざしの雨水かな/芋川幸子

藻を焼いて浜の煙れる雨水かな/棚山波朗

雨水より啓蟄までのあたたかさ/後藤夜半

鵯の尾のずぶぬれてとぶ雨水かな/原石鼎

並びゐる土器の耳立つ雨水かな/上田日差子

夕空に晴れ間の見えし雨水かな/今井杏太郎

雨水てふ佳き日ありけり母微笑/上野さち子

湧き水と見ゆる雨水や山の春/飛鳥田れい無公

落ちてゐし種ふくらめる雨水かな/滝沢伊代次

こんにゃくのさしみふるふる雨水かな/高澤良一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ