季語/若葉(わかば)を使った俳句

「若葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「若葉」について

【表記】若葉

【読み方】わかば

【ローマ字読み】wakaba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・谷若葉(たにわかば:taniwakaba)

・里若葉(さとわかば:satowakaba)

・山若葉(やまわかば:yamawakaba)

・窓若葉(まどわかば:madowakaba)

・若葉時(わかばどき:wakabadoki)

・若葉風(わかばかぜ:wakabakaze)

・若葉雨(わかばあめ:wakabaame)

・柿若葉(かきわかば:kakiwakaba)

季節による分類

・「わ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

若葉を含む俳句例

蛇落て驚く崕の若葉哉/維駒

地に影梅若葉の空/北原白秋

焼寺も春来て萩の若葉哉/几董

真鶴の付林の総若葉/高澤良一

校門の欅若葉の下を掃く/直人

花過て若葉に安き軒端かな/双

古本の本郷若葉しんしんと/青邨

鰹見し若葉は紅葉はしり鮭/涼山

水晶の念珠に映る若葉かな/茅舎

竹青く棚繕ふや藤若葉/会津八一

窓の燈の梢にのぼる若葉哉/蕪村

星仰ぐ頬に雨粒や庭若葉/原石鼎

天蚕の卵が育つ若葉風/加藤良子

世田谷は桜若葉に行々子/原石鼎

山深し若葉の空に蛭の降る/几董

酒断ちの旅なり瑞の夕若葉/林翔

水棲の机閑なる若葉哉/会津八一

飯の白さ梅の若葉の朝/北原白秋

若葉して水白く麥黄ミたり/蕪村

青葉若葉一龕の灯冷に/大塚甲山

俳句例:21句目~

伊賀国丈六村の桑若葉/大橋敦子

雷は太古の響き青若葉/柴田奈美

若葉こし甍こしてや西の海/一音

濃く薄く奥ある色や谷若葉/太祇

残せ花若葉若後家若衆また/露言

しら壁や若葉のひまの薄曇/葉圃

湖の古鏡曇りや若葉冷え/上村占

夕映えの一村囲む桑若葉/桂信子

方一町若葉遶らす邸哉/篠崎霞山

清経の面にさしぬ若葉翳/稲岡長

狂言の東北訛り朴若葉/中山純子

燦々と日裏日表風若葉/原コウ子

雨に啼く鳥は何鳥若葉蔭/森鴎外

藪椿門は葎の若葉かな/松尾芭蕉

少年の唾曇天の蔦若葉/藤岡筑邨

若葉雨僧上堂の傘連ね/中村青屯

若葉山園にめでたき一つ哉/麒六

あらたうと青葉若葉の日の光/芭蕉

やくや若葉の雨に湯治客/松瀬青々

魂の色褪せゆくを若葉光/勝村茂美

俳句例:41句目~

懸額の評判高き若葉かな/野村喜舟

養池へ湖の水引く荻若葉/大竹孤悠

我影のそれかと覗く若葉かな/智月

拍子木も若葉に帰る木玉かな/西望

風折々来る寂しさよ萩若葉/菅裸馬

こぼしゆく水売車楡若葉/原田青児

ざぶざふと白壁洗ふ若葉かな/一茶

目を病むや若葉の窓の雨幾日/鴎外

湯殿出る若葉の上の月夜かな/李千

そよぎけり若葉の山葵竹の箆/正友

方丈へ筧走らす若葉かな/野村喜舟

雪嶺の麓に迫る若葉かな/野村泊月

陶榻の五つの色に萩若葉/遠藤梧逸

大方は雑木乍らも山若葉/高澤良一

関の跡若葉の故の昔かな/尾崎迷堂

重づめに泡盛酒や若葉蔭/井上井月

老鴬や若葉青葉の曇れる日/原石鼎

里若葉ゆふべの厨焼ける/田中冬二

白玉を若葉におくや千団子/一/萍

身の内の閂外れ若葉の湯/高澤良一

俳句例:61句目~

晩鐘に雫もちらぬ若葉かな/千代尼

晴天より欅若葉の緑の聲/相馬遷子

白水の伊勢を出払ふ若葉かな/沾徳

更衣若葉の風に吹せけり/尾崎紅葉

法事すみ心安けし若葉雨/田中冬二

山守が私欲もいかに若葉の花/昌夏

山崩れ跡消ゆ葎若葉かな/河野美奇

三井寺は三千坊の若葉哉/正岡子規

蔦若葉風の去来の新しく/稲畑汀子

朴若葉胎蔵界の風吹けり/沢木欣一

不二ひとつ埋み残して若葉哉/蕪村

不断着の雀と親し城若葉/首藤基澄

少年に窓の若葉や啄木忌/角川春樹

産土の空奪ひ合ふ槻若葉/玉木郁子

若葉光開きて小さき柩窓/嶋田麻紀

寺の町すこし出来萩若葉/山口青邨

若葉して雑木林も風の歌/山本歩禅

木道の果て十方の若葉風/松本照子

京襲ふ雨のさすがに若葉冷/村田脩

屋上へあと一息の蔦若葉/中村和子

俳句例:81句目~

若葉して欅は杜の明り取/高澤良一

若葉して御目の雫ぬぐはばや/芭蕉

若葉して光は光影は影/今橋眞理子

蛇を截てワたる谷路の若葉哉/蕪村

萩若葉霖雨の中の晴一日/青木月斗

消息の聞えて恋し梅若葉/中村汀女

梅若葉の中の軒燈ついた/北原白秋

修覆成る神杉若葉藤の花/子規句集

泪金の事も一件に端若葉/内田百間

菰巻の植樹若葉す新設校/田中照子

柘植若葉百樹夏悉く濃し/石塚友二

芋植ゑて門は葎の若葉哉/松尾芭蕉

良寛のながき顎や若葉光/佐川広治

槍投の裸像の空を若葉風/福本天心

槻若葉雫しやまずいつまでも/楸邨

若葉雨筍塚のぬれている/田中冬二

美しの宮に願かけ萩若葉/畑美津恵

絶頂の城たのもしき若葉かな/蕪村

山伏の梢ふみ行く若葉哉/幸田露伴

庭若葉煙のやうな雨上る/高木晴子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ