季語/吾亦紅(われもこう)を使った俳句

「吾亦紅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「吾亦紅」について

【表記】吾亦紅

【読み方】われもこう

【ローマ字読み】waremoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・吾木香(われもこう:waremoko_)

・我毛香(われもこう:waremoko__)

季節による分類

・「わ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

吾亦紅を含む俳句例

常に見て浅間鮮し吾亦紅/有働亨

空耳に母の声あり吾亦紅/和田登

一病に仕ふる余生吾亦紅/巌谷小波

一谷の羽虫痴れたる吾亦紅/小澤實

吾亦紅ばかりの壺は正面に/星野椿

吾亦紅雫し合へる山の雨/館岡沙緻

吾亦紅母をあやしに帰り来し/原裕

師に向ふ墓一つあり吾亦紅/上村占

吾亦紅風の音にも色沈む/渡辺桂子

鶴歩む吾亦紅また吾亦紅/伊藤晴子

叢や吾亦紅咲く天気合ひ/飯田蛇笏

風敏し花野の中の吾亦紅/草間時彦

金婚のけふを妻なき吾亦紅/有働亨

吾亦紅霧の日輪珠となる/植山露子

考えてゐる顔の前吾亦紅/望月皓二

嵐めく風が吹く丘吾亦紅/高木晴子

吾亦紅村人だけの通る径/倉田静子

灯台の孤独な佇立吾亦紅/奥平考芦

此秋も吾亦紅よと見て過ぎぬ/白雄

一峰にしたがふ一湖吾亦紅/本井英

俳句例:21句目~

存在の吾亦紅より野の暮色/稲畑汀子

吾亦紅執拗に咲く妻癒えよ/青木重行

吾亦紅基督嫌ひ釈迦嫌ひ/別所真紀子

吾亦紅壮なる時過ぎて立つ/山口誓子

山風に朝はやさしき吾亦紅/松村蒼石

からうじて山彦もどる吾亦紅/下田稔

吾亦紅霧の奥にて陽が育つ/宮坂静生

抽んでて日の寵受くる吾亦紅/樋笠文

旅の膝揃へしままや吾亦紅/堀口星眠

朝逢へば朝の意通ふ吾亦紅/田中水桜

朱の帯生涯似合へ吾亦紅/殿村莵絲子

死ぬときも九文半吾亦紅/鳥居美智子

浅間越す人より高し吾亦紅/前田普羅

吾亦紅山もここらは平らかに/上村占

吾亦紅心臓がまだどきどきと/辻桃子

湖よりも山に峙ち吾亦紅/百合山羽公

湿原に暮色を誘ひ吾亦紅/小池龍渓子

吾木香初代一条さゆり逝く/小林貴子

吾亦紅撮りつつ現像する話/高澤良一

狂ほしき馬の母情や吾亦紅/堀口星眠

俳句例:41句目~

二童女を一つの墓に吾亦紅/遠藤梧逸

生涯の一句いつの日吾亦紅/藤谷令子

佛どちこの茎とまれ吾亦紅/齋藤夏風

甲斐駒の返す木霊や吾亦紅/山下喜子

吾亦紅枯首あげて霧に立つ/前田普羅

初風や草の中なる吾亦紅/高橋淡路女

藤袴吾亦紅など名にめでて/高濱虚子

血で書きし文の昔や吾亦紅/伊藤通明

吾亦紅さやぐ背川の芋水車/石原八束

霧濡れの牛の声なし吾亦紅/石丸恭子

青萱と丈をきそへり吾亦紅/松村蒼石

吾亦紅活けたる暗き灯かな/岸本尚毅

吾亦紅独りごころを通す黝/高澤良一

吾亦紅の力根さぐる春の土/松村蒼石

吾亦紅村の祭の口火切る/百合山羽公

吾亦紅風が持ち去る日月よ/渡辺桂子

夕風は絹の冷えもつ吾亦紅/有馬籌子

吾亦紅もて転牧の牛追へり/太田土男

天女より人女がよけれ吾亦紅/森澄雄

吾亦紅低き火星へ路通ふ/殿村菟絲子

俳句例:61句目~

あかときの風に水の香吾亦紅/根岸善雄

挿してその無口を愛す吾亦紅/遠藤梧逸

いくたびも鏡見る日や吾亦紅/大石悦子

かくなれば早く卒寿を吾亦紅/長谷川双

夕日とは別のやさしさ吾亦紅/橋爪四季

遠山の晴間みじかし吾亦紅/上田五千石

吾亦紅露ふくむほど色顕ちし/石原八束

夢鳥ヘニンフのタクト吾亦紅/井上鷹洋

沼風にごっつんこして吾亦紅/高澤良一

どこ歩いても足もとの吾亦紅/高木晴子

湯治場の露地の浅さよ吾亦紅/高井北杜

ひとまはり違ふ後添へ吾亦紅/橋本榮治

熊除けの鈴のきてゆく吾亦紅/和知喜八

山の雨さと過ぎつんと吾亦紅/森田游水

昼は寝て夜泣きの石や吾亦紅/宮坂静生

山の雨束の間なりし吾亦紅/高田風人子

山の雨野に来てやさし吾亦紅/椎橋清翠

省略とは点と線との吾亦紅/山田みづえ

眞すぐに千草の中の吾亦紅/甘利/敏子

何となく孤りの花や吾亦紅/北見さとる

俳句例:81句目~

神小さきものに宿れば吾亦紅/岩岡中正

糸の茎に淋しさよろし吾亦紅/松瀬青々

系図には女とのみや吾亦紅/松田ひろむ

吾亦紅生きて時間の流れけり/金田咲子

吾亦紅その先へ膝折りにけり/金田咲子

草の中すいと抜けたる吾亦紅/高木晴子

荒野原小さきすゝきと吾亦紅/高木晴子

山裾のありなしの日や吾亦紅/飯田蛇笏

虫まけをせぬを手柄か吾亦紅/井上井月

吾亦紅ははは一度も紅ささず/木田千女

蜻蛉また虹翅赭眼や吾亦紅/水原秋櫻子

吾亦紅ミロの構図を想ひをり/高澤良一

吾亦紅信濃の夕日透きとほる/藤田湘子

山頂の吾亦紅風も日も止らず/細見綾子

吾亦紅夕日といへど眼に痛し/福永耕二

吾亦紅夕日の雑木くすぶりぬ/山口草堂

街角の花屋に咲ける吾亦紅/富樫美津子

西へ行く旅はひとりの吾亦紅/角川春樹

近づけば紅遠のけば吾亦紅/後藤比奈夫

吾亦紅家を抜け出てあてもなし/後藤章

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ