季語/畑打(はたうち)を使った俳句

「畑打」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「畑打」について

【表記】畑打

【読み方】はたうち

【ローマ字読み】hatauchi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・畑打つ(はたけうつ:hatakeutsu)

・畑返す(はたけかえす:hatakekaesu)

・畑鋤く(はたけすく:hatakesuku)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

畑打を含む俳句例

天近く畑打つ人や奥吉野/青邨

牛を桃林に放ち畑打/岩木木外

畑打つ音や嵐の桜麻/松尾芭蕉

鉾杉の夕影いたる畑打/村岡悠

畑打や木の間の寺の鐘供養/蕪村

畑打や大根花咲く傍に/子規句集

埼玉の畑打つ昔近衛兵/川崎展宏

畑打に風のかゞやく風日和/草城

雲無心南山の下畑打つ/子規句集

畑打や柳の奥に村一つ/藤野古白

夕陽にもゆる顔あけ畑打/西山泊雲

水分の峰に雲ゐる畑打/大峯あきら

麻を蒔く畑深打に熔岩浮び/久保武

畑打つや中の一人は赤い帯/森鴎外

畑打つや屯田兵の裔いまも/東天紅

畑打に絵馬の女の顔白し/藤田湘子

姉川の四五日濁る畑打/大峯あきら

畑打の中を貫く室生道/大峯あきら

尊とやな畑打つ人の立姿/幸田露伴

畑打の右も左も名所かな/尾崎紅葉

俳句例:21句目~

畑打の幼な顔なる修道女/西野郁子

畑打や制札読みに又一人/西山泊雲

畑打や孔子去る魯の国境/大谷句仏

乙訓の四方の藪なり畑打/後藤夜半

畑打や崖の下なる海の音/藤井紫影

亡國の畑に靖節の鍬を打つ/中勘助

戻り来て足音もなし畑打/鈴木花蓑

畑打や朝暮に拝す里内裏/亀田小蛄

何年の恋や果して畑打つ/寺田寅彦

動くとも見えで畑打つ男かな/去来

千石の飛地ゆたかや畑打/厨川千江

畑打や池田の鯉を手捕つたり/誓子

春蝉や畑打ねむき晝下り/室生犀星

白虹の貫く天や畑打つ/五十嵐播水

里遠く畑打つ老か若者か/会津八一

雲水のまだ~馴れぬ畑打/森永杉洞

百段の畑も鋤かれぬ山法師/菊地一雄

降つて来る端山の空や畑打/籾山柑子

山畑の鋤かるる前の花なづな/石渡旬

畑打つて俳諧国を拓くべし/佐藤念腹

俳句例:41句目~

畑打の点景を野のひろがりに/今村青

畑打や影まねびゐる向ふ山/芝不器男

ちかよりて見れば畑打つ女かな/枳邑

畑打や我家も見えて暮れかぬる/蕪村

畑を打つ父を賎しむ工女かな/原月舟

縦に打ち横に打つ畑隣かな/三輪未央

畑打の鍬天に触れかくれ里/大東晶子

畑打つもかりかり岩の土掻いて/楸邨

万屋へ畑打たぬ日を罷越す/尾崎紅葉

五畝打てば我事畢る畑かな/会津八一

相よりて夕づく塊や畑打/吉岡禅寺洞

仏跡の畑舎利を打つならん/森下雨村

畑打や湖の返照散らしつつ/白井爽風

名所とも知らで畑打つ男哉/正岡子規

畑打や畑でうべなふ寄進帳/渡辺水巴

坐らに畑打つが見ゆ薄睡う/尾崎紅葉

畑打や豆になる迄汽車走る/籾山柑子

畑打にけふの終ひの山の影/野中亮介

畑打つやつひに娶らぬ友ひとり/原裕

天向いて眠る赤子や畑打/大峯あきら

俳句例:61句目~

畑打に切貼障子とざしけり/石橋秀野

畑打や鍬の光のたとへなく/小杉余子

定年の男となりの畑も打つ/中根洋子

畑打の鍬に応ふる障子あり/緒方句狂

畑打やや僅に乾く土の色/佐久間法師

畑打の畑ゴルフ場傾ぎ合ふ/津田清子

白萩に尻さはられつ畑を打つ/飴山實

畑を打つフランス鍬の修道女/西本一都

畑を打つ修女に乳牛来て甘ゆ/西本一都

こぶし咲き五障のおんな畑打つ/穴井太

さびれゆく村に残りて畑打つ/柳俳維摩

畑打や富士をかるつて唯一人/河野静雲

はるかなる天動説や畑を打つ/坂本宮尾

めづらしや畑打つ女五年ぶり/正岡子規

畑打の影日を追ふて膨らめり/加藤典昭

はるかなる光も畑を打つ鍬か/皆吉爽雨

吾のみの弔旗を胸に畑を打つ/佐藤鬼房

堂塔を日は塗りつぶす畑打/大峯あきら

畑打や代々につたへて畠の墓/飯田蛇笏

峡の畑人現れて打ちにけり/大久保橙青

俳句例:81句目~

忌に篭る妻を誘ひて畑を打つ/杉千代志

桃を折る我見てゐしが畑打つ/野村泊月

畑打に沼の浮洲のあそぶなり/芝不器男

畑打やひとり見送る天津雁/細木芒角星

畑打は頑なまでの振り子です/猪原丸申

畑打つて大き足跡残しけり/片山由美子

打ち返しある山畑の落葉かな/渡辺水巴

畑打の午下人の数美濃太田/猪俣千代子

畑打の音ひやひやととゞくなり/飴山實

畑打ををへたるふたり墓のまへ/中田剛

畑打女籠の野蒜をどっと捨て/山本悦子

村歌舞伎の静御前が畑を打つ/石川文子

畑打や母が灯すを見て戻る/石島雉子郎

黒潮のうねりを沖に畑を打つ/安福春水

行春やよく打たれたる寺畑/楠目橙黄子

負へる子を振り落さずや畑打/岡田耿陽

柳の井畑打つ人の汲みてけり/菅原師竹

畑打つて美濃の山城きらめかす/杉良介

雹のあと空の蒼さや畑打つ/大谷碧雲居

韓人の妻と畑打つものうげや/寺田寅彦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ