季語/夜長(よなが)を使った俳句

「夜長」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜長」について

【表記】夜長

【読み方】よなが

【ローマ字読み】yonaga

子季語・関連季語・傍題・類語など

・長き夜(ながきよ:nagakiyo)

・長夜(ちょうや:choya)

・夜長衆(よながしゅう:yonagashu)

・夜長人(よながびと:yonagabito)

・夜長妻(よながづま:yonagazuma)

季節による分類

・「よ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

夜長を含む俳句例

長き夜や猿の鼾鶴の夢/霊子

軸の中屯してゐる夜長人/原裕

山鳥の枝踏かゆる夜長哉/蕪村

浅草や夜長の町の古着店/荷風

唐紙に鼠溺す夜長哉/寺田寅彦

○△□圖判じゐる夜長/高澤良一

襖絵の鴉夜長を躍り居る/原石鼎

長き夜や眼鏡に曇る雨の音/成美

夜長し家号鰻の絵の添ひて/昭彦

わが夜長妻の夜長の灯一つ/占魚

夜長咄狐が人を騙す型/高澤良一

夜長妻栗色の靴買へと言ふ/欣一

妻一語又妻一語して夜長/上野泰

相対ひ夜長の巌峡の口/西山泊雲

峠のその向ふの話夜長なり/化石

何笑ふ声ぞ夜長の台所/子規句集

長き夜の柱につるす狐面/上村占

甃音曾て無く夜長かな/尾崎迷堂

夜長さや処もかへず茶立虫/白雄

北山の夜の長さを杉育つ/細見綾子

俳句例:21句目~

七人の敵今は無し長き夜/天日照子

長き夜や生死の間にうつら~/鬼城

大津絵の鬼枕上ミ宿夜長/大橋敦子

水盤の花衰ふる夜長かな/橋本鶏二

落人の伝記繙く夜長かな/二村美伽

妹に軍書読まする夜長哉/正岡子規

色鉛筆削りそろへて夜長父子/林翔

節黒の杉板囲ひ夜長の湯/高澤良一

長き夜や今後ジテとなる江口/立子

酒肴癌にも与え夜長かな/柿本英二

長き夜やいろ~に聞く虫の声/許六

一人酌む酒は蓬莱宿夜長/高澤良一

夜長人彭々と銀座十一時/清原枴童

長き夜の隔離の廊下魔が通る/左右

長き夜を金堂の鳩塔の鳩/津田清子

妻が書く夜長まかせの文長き/林翔

長き夜の遠野に遠野物語/倉田紘文

文鎮を置き替へ長き夜の稿/長田等

長き夜の育てし遠野物語/鱒澤行人

足音も鯖街道の夜長かな/榎本好宏

俳句例:41句目~

長き夜の纜高き舳より/五十嵐播水

夜長宿宴席の名も草千里/高澤良一

干鮎を煮びたす鍋の夜長かな/柳芽

夜長し卓に土産の火山弾/太田土男

長き夜の空に谺し孔雀経/横山白虹

長き夜を重ね~し枕かな/高浜虚子

階段の頭注意の夜長かな/石田勝彦

末の子の又起きて来し夜長かな/泰

文殻を鼠引き行く夜長哉/寺田寅彦

稚子のともしけしたる夜長哉/士川

珠大き算盤使ひ夜の長き/栗城節子

長き夜を杳と灯れり能舞台/西村和子

里ありて夜長の妻に落花生/宮津昭彦

長き夜を月取る猿の思案哉/正岡子規

めつむれば夜長の母の糸車/新家豊子

長き夜や針を狂はす噴火音/宝亀重子

長き夜や遺影の眼鏡こちらむく/照子

長き夜や通夜の連歌のこぼれ月/蕪村

イヨマンテ北の夜長を熱唱す/星野椿

水上に薄雪おりて夜長なる/前田普羅

俳句例:61句目~

長き夜や書架に無数の文字眠り/林翔

殺戮の歴史親しき夜長かな/櫂未知子

長き夜や孔明死する三国志/正岡子規

長き夜や千年の後を考へる/子規句集

ピアノ高音部夜長に倦みて打つ/林翔

灯火をさぞ長き夜の力ぐさ/上島鬼貫

父在さば八十一の夜長かな/宮津昭彦

山夜長寝ねし時のみ涙なく/福田蓼汀

狂女なりしを召使はれて夜長し/静塔

夜長し父を継ぎたる農日誌/影島智子

夜長し背中ばかりの虫歩く/大石雄鬼

一燈を残し夜長の仕事終ふ/高濱年尾

連れ立ちて湯畑巡る夜長人/高澤良一

夜長し遠流の果てに東京都/櫂未知子

山近みわが白障子夜長来る/村越化石

山郷の夜長をしるく欅鳴る/飯田蛇笏

長き夜や我をる故の我が一家/上野泰

晩学の絵筆の進む夜長かな/高田里江

人間が単純になる湯に夜長/高澤良一

年寄の部類に入り夜の長し/高澤良一

俳句例:81句目~

月遅き垣根の草の夜長かな/増田龍雨

峡の灯は減りて殖えゆく夜長星/蓼汀

お染久松通ひの毬の夜長かな/龍岡晋

くさ原に月はたゞある夜長かな/石鼎

侵されている山間の夜長し/森田智子

夜長の灯人の一生読み了る/高木石子

栃の實の渋抜夜長咄かな/八木林之介

街道の夜長床屋に客ひとり/福田蓼汀

蔵はさみ灯り灯らぬ夜長宿/福田蓼汀

越えてきし峠のはなし夜長し/下田稔

出るかと妖物をまつ夜長哉/高井几董

加藤洲の大百姓の夜長かな/高浜虚子

梟の眼うごく時計の夜長かな/龍岡晋

ともし置いて室明き夜の長さ哉/漱石

弁慶の道具しらべる夜長哉/正岡子規

同じ事程経て思ふ夜長かな/籾山柑子

長き夜の熱きが薬地蔵の湯/高澤良一

構想を二つ持ちゐる夜長人/京極杞陽

長き夜の寝惚先生文集読む/高澤良一

長き夜の大方は反古棚の本/高澤良一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ