季語/夜焚(よたき)を使った俳句

「夜焚」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜焚」について

【表記】夜焚

【読み方】よたき

【ローマ字読み】yotaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夜焚舟(よたきぶね:yotakibune)

季節による分類

・「よ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夜焚を含む俳句例

夜焚火や乗込む頃の鮒釣場/根岸善雄

往診のわが舟照らす夜焚舟/山本砂風楼

早潮に夜焚の火屑落ちつゞく/大畑雉子

渦潮に火屑こぼるゝ夜焚かな/日野芝生

芝あをく夜焚の闇の雨きたる/桂樟蹊子

補陀落の闇深く生れ夜焚の火/高橋柿花

水の面をさよりが走る夜焚かな/小田黒潮

玄海の潮鳴きつのる夜焚かな/笠松崎帆子

紀の国に月落ちてゆく夜焚かな/浜口虞公

降り足らぬ夕立の沖へ夜焚舟/水原秋櫻子

まつさをなの逃げゆく夜焚かな/橋本多佳子

夜焚の灯にはかにふえてきたりしよ/清崎敏郎

夜焚火に浮き来し烏賊が華と咲く/米澤吾亦紅

烏賊漁夫や夜焚き疲れもなく弥撒に/小原菁々子

門司船のとくに来てゐる夜焚かな/吉武月二郎句集

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ