季語/行く秋(ゆくあき)を使った俳句

「行く秋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「行く秋」について

【表記】行く秋

【読み方】ゆくあき

【ローマ字読み】yukuaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋の名残(あきのなごり:akinonagori)

・秋の別(あきのわかれ:akinowakare)

・秋の限(あきのかぎり:akinokagiri)

・秋の湊(あきのみなと:akinominato)

・秋の行方(あきゆくえ:akiyukue)

・残る秋(のこるあき:nokoruaki)

・帰る秋(かえるあき:kaeruaki)

・秋に後るる(あきにおくるる:akiniokururu)

・秋ぞ隔る(あきぞへだたる:akizohedataru)

・秋行く(あきゆく:akiyuku)

・秋の果(あきのはて:akinohate)

・秋の終(あきのおわり:akinowari)

・秋過ぐ(あきすぐ:akisugu)

季節による分類

・「ゆ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

行く秋を含む俳句例

行秋や梢にかゝる鉋屑/丈草

行く秋の所々や下り簗/蕪村

行く秋や梢にかかる鉋屑/丈草

行秋のところ~や下り簗/蕪村

行秋や皆橋かけて落し水/蓼太

行秋や蹴抜の塔を散木葉/麦水

行秋の草に隠るゝ流かな/白雄

行秋や四方の哀の有磯海/樗良

行秋をぶらりと大の男哉/一茶

蛤のふたみに別れ行く秋ぞ/芭蕉

からからと貝殻庇秋過ぎぬ/一茶

塩負うて山人遠く行く秋ぞ/暁台

愛憎の夢も現も行秋ぞ/小畑一天

行く秋の鹿島暦を購ひにけり/旭

行秋や奈良にて逢し芝居者/舞閣

蛤のふたみにわかれ行秋ぞ/芭蕉

行く秋や隣の窓の下を掃く/普羅

行く秋の滝の膕拝しけり/堤保徳

行秋や入道どのゝにらみ汐/一茶

行秋や博多の帯の解け易き/漱石

俳句例:21句目~

行秋や大構して百姓家/清原枴童

行く秋や一千年の仏だち/正岡子規

行秋や芒痩せたる影法師/寺田寅彦

行秋や花にふくるゝ旅衣/向井去来

行秋や茅萱の茎の紅深き/太田鴻村

行秋の水門近く北ホテル/高木晴子

ゆく秋の人を迎へて宿篝/斉藤夏風

冬瓜の葉も蔓も無く行く秋や/漁夫

行く秋の足跡深き渚かな/西村和子

行秋の編笠茶碗すゝりけり/齋藤玄

行秋や誰が身の上の鴉鳴/小栗風葉

行秋を蟷螂の斧重げなり/寺田寅彦

行秋や身に引まとふ三布蒲団/芭蕉

行秋を踏張てゐる仁王哉/夏目漱石

行秋の見え居て探す朱肉皿/原石鼎

ゆく秋や子供の声の油売/小沢碧童

行く秋の虹の半分奈良にあり/直人

行秋や門の小草のほつれより/成美

行秋も伊良古をさらぬ鴎かな/杜国

行秋や門札かはる筋向ひ/寺田寅彦

俳句例:41句目~

行秋やすゞめの群るゝ草の原/柳芽

行秋や抱けば身に添ふ膝頭/炭太祇

行秋やどれもへの字の夜の山/一茶

木母寺の灯に見る秋の行方哉/暁台

行秋やなほ降りまさる潦/清原枴童

行秋やよき衣着たるかゝり人/蕪村

行秋や三田に延命地蔵堂/石川桂郎

行く秋の夕日飛鳥の太柱/近藤一鴻

行秋の日和を高き堤かな/増田龍雨

行く秋の光澄む古き床柱/石塚友二

雨の中に萩刈る秋の別れかな/瀾水

行秋や机離るる膝がしら/小沢碧童

起き出でて月を尋ねん秋の果/大魯

行秋や短冊掛の暮春の句/高浜虚子

行く秋や抱けば身に添ふ膝頭/炭太

行秋や人上り居る奉祝門/前田普羅

秋の果身の真中はいづことも/斎藤玄

せまり行秋や昼なく岡の虫/松岡青蘿

上手より馬あらはれて秋終る/桂信子

独房に釦おとして秋終る/秋元不死男

俳句例:61句目~

花と鳥色深めつゝ秋去りぬ/高木晴子

行秋に鮎のしら干哀れなり/加舎白雄

行秋のあしおとのごと雨きたる/幸子

ゆく秋の大方は四十近き友/石川桂郎

行く秋に着るほどもなき袷かな/牡年

ゆく秋は酒あたためしかんな屑/北枝

ゆく秋やかかしの袖の草虱/飯田蛇笏

行秋の側女にゆるむ心かな/会津八一

行秋の壁に挟みし柄なし鎌/井上井月

行秋の小禽と道に別れけり/石井露月

行秋の店閑散と焼さざえ/久米谷和子

ゆく秋や三十日の水に星の照り/園女

ゆく秋や取落したる月の欠/横井也有

行秋の朝な朝なの日田の霧/高野素十

ゆく秋や情に落入る方丈記/加舎白雄

行秋の樹海に遊ぶ懸巣かな/中島月笠

ゆく秋や案山子の袖の草虱/飯田蛇笏

行秋の浜や夕べの波たゝみ/萩原大鑑

行秋の爆弾玉子食ひにけり/田中裕明

ゆく秋や石榻による身の力/飯田蛇笏

俳句例:81句目~

行く秋の何思草粉となんぬ/矢島渚男

行秋の草にかくるゝ流かな/加舎白雄

行く秋の噴煙そらにほしいまゝ/篠原

行く秋の声も出づるや瓢から/千代尼

行く秋の我に神無し仏無し/正岡子規

行く秋の月光花のごとくなり/岡本眸

行秋やでゞむし殻の中に死す/森鴎外

行く秋の流材いたみ崩れ簗/高濱年尾

行秋や五月に糶しことし米/高井几董

行秋や人生語ることもまた/稲畑汀子

行く秋の焔の多き絵巻にて/桂樟蹊子

行秋や屋根へ霜来る峡の家/尾崎迷堂

行く秋の石山寺の石に座す/川上季石

行秋や川近く住み川を見ず/柴原保佳

行秋や引かですがるゝ箒草/野村泊月

行秋や我には多き草木の句/尾崎迷堂

行く秋の腰骨いたむ旅寝哉/正岡子規

秋終る少女が描く円の中/林田紀音夫

行秋や柱に匂ふ千年の朱/水原秋櫻子

行く秋の蝶道づれに女坂/清水貴久子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ