季語/行く春(ゆくはる)を使った俳句

俳句例:201句目~

春尽くる越に来てをり伊勢神楽/森澄雄

春尽の何もせざれど疲れにし/高田蝶衣

春愁を置き去りにして春行きし/比奈夫

春盡の何もせざれど疲れにし/高田蝶衣

春行くと片身を濡らす杉の幹/奥名春江

春行くや苗一つ~しまふ燈に/渡辺水巴

春逝くやしきりに枯るゝ竹林/前田普羅

春逝くや高きところに亀ねむり/桂信子

春逝くを病院の出口まで見て/和田悟朗

海鳴れり惘然と寝て春行く夜/石塚友二

硝子戸の中の静かや春逝く日/島田青峰

落葉松に春逝く谺ひびきけり/小林吐秋

象谷の春行く雨の止まず降る/下村梅子

ゆく春のこころに拝む仏かな/飯田蛇笏

ゆく春の人に巨帆や瀬多の橋/飯田蛇笏

ゆく春の夜のどこかで時計鳴る/山頭火

ゆく春の店きららかに扇売る/三好達治

ゆく春の父にしばらく麦粒腫/桑原三郎

ゆく春の田螺ほろりと沈めけり/小島健

ゆく春の舷に手を置きにけり/鴇田智哉

俳句例:221句目~

ゆく春の雲血のごとし地に癩者/山本肇

ゆく春やおもたき琵琶の抱心/蕪村遺稿

ゆく春やとげ柔らかに薊の座/杉田久女

ゆく春やながい糸ひく箸の蕗/那須辰造

ゆく春や人魚の眇われをみる/飯田蛇笏

ゆく春や失走通ひの舟ちさく/岸風三楼

ゆく春や孔雀の翅に玉模様/今井杏太郎

ゆく春や恩赦相當不相當/久保田万太郎

ゆく春や日々に忙しく日々に雨/及川貞

ゆく春や杖突峠なほ上り/久保田万太郎

ゆく春や松柏かすむ山おもて/飯田蛇笏

ゆく春や汐騒はわが鎮魂歌/鈴木真砂女

ゆく春や洋書も嫁ぐ子の荷にて/及川貞

ゆく春や身に倖せの割烹着/鈴木真砂女

ゆく春や鬘下地に髪かろく/大場白水郎

ゆく春を惜しむこころに人丸忌/森澄雄

ゆく春を睫毛の多き人とゐる/大石雄鬼

写し絵や行く春の夜の蝋燭火/石塚友二

友二先生逝く春雪は解け易き/青木重行

小国線たった一輛春田行く/佐藤寥々子

俳句例:241句目~

行く春の亭に子女よる嶽一つ/飯田蛇笏

行く春の厩にのこす馬の鞍/馬場移公子

行く春の水瓶ももって引越し/阿部完市

行く春の菩薩に影すまろ柱/小澤満佐子

行く春やほうほうとして蓬原/正岡子規

行く春ややぶれかぶれの迎酒/正岡子規

行く春や反古につまみし夜の蜘蛛/碧童

行く春や壁にかたみの水彩画/夏目漱石

行く春や天女のひとり後ろ向き/石嶌岳

行く春や女神は老いず二千年/佐藤春夫

行く春や尺に満ちたる蕗の薹/正岡子規

行く春や披露待たるる歌の選/夏目漱石

行く春や旅を重ねて今能登に/高濱年尾

行く春や昔話のどんとはれ/久根美和子

行く春や桑名十里の道しるべ/井上其竹

行く春や潮鳴りに似て松の風/山本洋子

行く春や畑に拾ひし矢の根石/田村了咲

行く春や花押の褪せし殿の文/山崎朋子

行く春や道にいくつも水鏡/河原枇杷男

行く春や鎌倉どこも人なだれ/石塚友二

俳句例:261句目~

行く春をひとり鼻ひる女かな/正岡子規

行く春を剃り落したる眉青し/夏目漱石

行く春を小夜中山の石なでつ/横光利一

行く春を巣立ちて鳥のもう見えぬ/原裕

行く春を白い小花は山いちご/細見綾子

行く春を走り抜けたる一馬身/笹尾照子

逝く春にはじまる紀行翁の忌/下村梅子

逝く春の夢の子細に及びけり/橋本榮治

逝く春の夢の渚にひとと逢ふ/野澤節子

逝く春の影やはらかし野の仏/池田雅水

逝く春の水門芥の寄るべかな/山口草堂

逝く春の蛻の殻といふがあり/中原道夫

逝く春の青靄包む十字架山/下村ひろし

逝く春の魚群我を食ひ散らす/葛城綾呂

逝く春や師と長命を競はねば/近藤一鴻

逝く春や白髪戻しを独り占め/石川桂郎

逝く春や粥に養ふ身のほそり/中川宋淵

逝く春を股の中より惜みける/佐藤春夫

亡きひとに似て行春の立女俑/大島民郎

行春のいづち去けむかゝり舟/蕪村遺稿

俳句例:281句目~

行春のこころ實生の松にあり/後藤夜半

行春の帆舟も出でよ円通寺/宇佐美魚目

行春の床几たゞある茶店かな/野村泊月

行春の明け放したる二階かな/島田青峰

行春の朽木倒れて明るくなる/橋石和栲

行春の渡船に乾くさよりの尾/横山房子

行春の玉座加持の灯翳りけり/萩原麦草

行春の苔に色ある山雨かな/大谷碧雲居

行春の道に佇めば海女の笛/吉岡禅寺洞

行春の酒をたまはる陣屋かな/子規句集

行春の魚のはらわた腐りけり/正岡子規

行春やうしろ向けても京人形/渡邊水巴

行春やしきりに滲む夜の立木/渡辺水巴

行春やゆるむ鼻緒の日和下駄/永井荷風

行春やよく打たれたる寺畑/楠目橙黄子

行春や今日青麦の吹きなびき/中村汀女

行春や伊勢のたよりもあまたたび/几董

行春や四方とざしたる浮御堂/芝不器男

行春や地に寐て犬の耳やすし/渡辺水巴

行春や島の俳諧遅々として/大野きゆう

タイトルとURLをコピーしました