季語/百合(ゆり)を使った俳句

「百合」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「百合」について

【表記】百合

【読み方】ゆり

【ローマ字読み】yuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・山百合(やまゆり:yamayuri)

・鬼百合(おにゆり:oniyuri)

・天蓋百合(てんがいゆり:tengaiyuri)

・小鬼百合(こおにゆり:koniyuri)

・菅百合(すげゆり:sugeyuri)

・姫百合(ひめゆり:himeyuri)

・黄姫百合(きひめゆり:kihimeyuri)

・鹿の子百合(かのこゆり:kanokoyuri)

・滝百合(たきゆり:takiyuri)

・笹百合(ささゆり:sasayuri)

・さゆり(さゆり:sayuri)

・透百合(すかしゆり:sukashiyuri)

・鉄砲百合(てっぽうゆり:teppoyuri)

・さく百合(さくゆり:sakuyuri)

・車百合(くるまゆり:kurumayuri)

・竹島百合(たけしまゆり:takeshimayuri)

・白百合(しらゆり:shirayuri)

・紅百合(べにゆり:beniyuri)

・百合の香(ゆりのか:yurinoka)

季節による分類

・「ゆ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

百合を含む俳句例

百合低し筏飛ぶ時及ぶ波/原月舟

鬼百合に桃の名残や國文字/林桂

日々に諸手合せて百合の花/秋色

百合の花人もねぶたき盛哉/成文

蒼朮や東寺百合文書群/丘本風彦

山百合の白新しき峠道/滋田房子

魂送百合ことごとく蕾解き/岡本眸

百合青し人戛々と停らず/石田波郷

古妻の手桶重げに百合花/石井露月

蜘蛛の糸一筋よぎる百合の前/素十

裏庭の百合も主を喪ひし/津田清子

百合の香や人待つ門の薄月夜/荷風

奉公日仏の華の百合を買ふ/瀧春一

一髪の海が見えそめ百合開く/原裕

北壁は墓標か勿れ牧の百合/有働亨

朝市へ鉄砲百合を肩抱ヘ/矢島渚男

日曜の百合満開に脳死論/松本恭子

山百合の崖も立待岬かな/渡部蛍村

山百合の白の鮮烈爆破点/鷹羽狩行

花百合や隣羨む簾越し/芥川龍之介

俳句例:21句目~

帰還兵被る雨や百合長けぬ/齋藤玄

我見ても久しき蟾や百合の花/一茶

凛々の生気為朝百合に見る/大橋敦子

水神に大山百合の白さかな/前田正治

車百合かたへに間引六地蔵/高澤良一

鬼百合に一掬の海残しやる/櫂未知子

鬼百合の背後で理髪屋の曇り/仁平勝

暁暗の水音百合の奥はたらく/松澤昭

鬼百合に白き雨降る吉野村/山田弘子

鬼百合にそふいばら木の籬かな/信徳

書斎兼寝室机上百合一輪/五十嵐播水

高嶺百合潮のごとき雲に向く/有働亨

人のごとく深夜鉄砲百合は立つ/楸邨

満目の百合折る事も飽きにけり/虚子

百合の香や松籟向つ山に移る/瀧春一

姫百合や白樺をもて橋渡す/岸風三楼

鉄砲百合固き莟は天に向く/柴田奈美

野ぎつねの嫁とる雨や百合匂ふ/一瓢

百合の香の中の大黒柱かな/浦野芳南

蘂包む百合流感の都心まで/津田清子

俳句例:41句目~

山の百合巨大に下の昼寝村/和知喜八

山中の大百合もたらせし中夜吟/原裕

百合の花おける小舟の舳哉/松瀬青々

山百合に咋日と同じ刻の雨/西村和子

雨音をきく佗しさの百合蕾/高木晴子

萱の中に鼻摺る百合や青嵐/杉田久女

牧に満つ平安百合は妻が手に/有働亨

狂院の百合のとび出す盆踊/古舘曹人

百合の空岩壁はなほ夜の昏さ/有働亨

百合の木の花戒律は破るべし/原田喬

茅舎忌や百合の青蕾脈走り/岩崎健一

谷風や花百合そ向きま向きして/青畝

大神の笹百合を挿す投票日/品川鈴子

浜百合や岬を人ら嶋と呼び/田村了咲

山百合の群落雉の子が育つ/松村蒼石

山百合は熱き息吐き谷倉仏/松山足羽

山百合は般若心経唱ふさま/高澤良一

笹百合や嫁といふ名を失ひし/井上雪

山百合やもの日に使ふ外厠/青木重行

百合白く雨の裏山暮れにけり/泉鏡花

俳句例:61句目~

山百合や夜泣石まで坂一丁/関森勝夫

山百合や風に乗つたる雨の粒/日原傳

白き矢の浮ぶ泉や百合の花/会津八一

純白の放つ光に百合の花/今橋眞理子

山頭火旧居編笠百合咲いて/大橋敦子

笹百合や白夜を常の村ひとつ/有働亨

峯々の唱和を天に百合暮るる/有働亨

笹百合の蕾一顆と数ふべき/右城暮石

夕月に山百合は香を争はず/飯田龍太

笹百合の人近づけば横を向き/檜紀代

百合かぐや忽ち走る仔馬かな/原石鼎

夕雲に百合の断崖やはらげり/大串章

戦跡の鉄砲百合は海へ向く/高橋悦男

初湯出で青きを保つ百合の芯/野沢節子

百合叢ラや草原空の流れ雲/東洋城千句

百合匂ふ神との対話刻かけて/川村紫陽

里に月なし鉄砲百合の逆さ吊り/仁平勝

水打つて百合の花粉の漂へる/山西雅子

車百合蝶をくるりと返しけり/高澤良一

叢に咲く百合にして日蔭無し/久米正雄

俳句例:81句目~

沙漠越すひと日百合揺す食堂車/有働亨

観音の御手より晴れて百合の花/星野椿

百合匂ふ昼人に句を勧めけり/村越化石

夏断して百合の香骨に沁む思/島田五空

百合剪るや飛ぶ矢の如く静止して/耕衣

夏草に折々百合や通りけり/岡本癖三酔

夜の松に海風たまり百合開く/飯田龍太

見おぼえの山百合けふは風雨かな/立子

行きすぎて月の叢百合の見ゆ/高濱年尾

百合匂ふ机にありて夜もすがら/上村占

盆花の流れに遅る鹿の子百合/佐野美智

持ち歩く百合の花粉が花汚す/右城暮石

百合さすや地獄廻りの駕の中/野村喜舟

百合一枝あまり短く折にけり/会津八一

百合開く絵皿の中にある異国/有馬朗人

蛇逃げて山静かなり百合の花/子規句集

蛇のとぐろほどきぬ百合の花/西山泊雲

放馬五頭山百合雲の上に咲き/大野林火

百合祭生絹の雲をかけにけり/大橋敦子

百合折るや下山の袖に月白き/飯田蛇笏

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ