季語/百合(ゆり)を使った俳句

俳句例:201句目~

人妻に致死量の花粉こぼす百合/齋藤愼爾

別世界あるかに百合に包まれて/菊地史登

卓の百合夜となる沙漠やすらへる/有働亨

卓涼しこころをこめて百合白く/橋本鶏二

双腕はさびしき岬百合を抱く/正木ゆう子

口つぐむ百合に魂胆あるごとし/高澤良一

吹きあぐる風に百合の香勿来関/新井英子

地球儀を廻せば百合の匂ひけり/高見岳子

壁に向く鉄砲百合のなほ開かず/古館曹人

夏花とす那智の笹百合負ひ来る/田中敦子

大和路の床しさは今百合まつる/佐藤春夫

天離る百合の下葉のうち黄ばみ/太田鴻村

好きな方向いて山百合ひらきけり/樋笠文

姫早百合山がすとんと落ちて海/栗林千津

姫百合や硝子張り越しそらなみだ/仁平勝

嫁ぐ子の白きうなじや百合の花/川口洋子

子が秘むる母よぶ心露の百合/柴田白葉女

山に百合そうして農夫嫁が来て/細谷源二

山の茶屋百合挿して我荷預りし/中島月笠

山百合がすすき叢より覗きをり/高澤良一

俳句例:221句目~

山百合に雹を降らすは天狗かな/渡邊水巴

山百合のうつむきがちに霧流れ/伊東宏晃

山百合の匂ひに噎せて君とゐし/小幡九竜

山百合の哄笑谷に木魂せり/ジヨニー平塚

山百合の茎たくましき崖のふち/福島武蔵

山百合の香を掻き立てて雨至り/高澤良一

山百合やまだ公園の整はず/阿部みどり女

山百合や嵐烟巌を這ひのぼる/鈴鹿野風呂

山百合を囲ひて管理事務所かな/西村和子

山百合を捧げて泳ぎ来る子あり/富安風生

岩百合や岩にちらつき鳴く千鳥/佐野良太

峡いづる百合の花粉に肘染めて/野澤節子

庭の百合にほひ来りし時計鳴る/高木晴子

御文庫に百合の莟のふれてをり/田中裕明

手を頬に話きゝをり目は百合に/高浜虚子

捧げ持つ百合一文字三輪の巫女/岩崎照子

方舟に遅れしものら百合に寄る/安達真弓

照り潮やためとも百合は丘に咲き/林火/

爆心の百合挿す母の手なりけり/古舘曹人

父祖は海賊島の鬼百合蜜に充ち/坪内稔典

俳句例:241句目~

献花いま百合の季節や原爆碑/後藤比奈夫

瓶に挿す百合の蕾にそむかるる/西村和子

癌をとる父にひらかぬ百合一茎/菖蒲あや

百合さはに活ける慣はし一忌日/川口咲子

百合の句案明日又越えん山の事/石井露月

百合の束かかへて霧のどの家へ/友岡子郷

百合の花片方さがりさかり過ぎ/高木晴子

百合の雀斑少女の頸の腱強し/田川飛旅子

百合の香と小過去吾を眠らせず/相馬遷子

百合の香に近く未明を愛されし/寺井谷子

百合の香を枕上にて寝冷えけり/林原耒井

百合一輪からだ燃ゆるは簡単に/寺田京子

百合剪つてくれし少年尼僧めく/中村苑子

百合匂う地球は月を抱きにけり/細井啓司

百合化して蝶や自決の崖に/真栄城いさを

百合咲くや水浴びし馬の蹄鳴り/石井露月

百合咲くや裳裾をつぼめ躾け糸/香西照雄

百合大輪じはっと気温昇りけり/高澤良一

百合折るや明るさ逃ぐる湖の上/中島月笠

百合抱へきてうすうすと夕の汗/野澤節子

俳句例:261句目~

百合活けて島の懺悔座帳なし/辻本みえ子

百合活けて座を起去りぬ五尺程/石井露月

百合涼し右にゆれても左にも/河東碧梧桐

百合白し母と茅舎の忌日けふ/川端紀美子

百合祭果てて佐保なる水辺かな/大橋敦子

百合開きかけ口笛を吹くつもり/柴田奈美

百合開き朝新しく来てをりし/石井とし夫

石投げて水縫ふ淵や百合うつる/籾山柑子

笹叢を大山百合のぬきんずる/鈴鹿野風呂

胸をやむ人を似せてや百合の花/横井也有

花ちりて秋暑に耐へぬ山の百合/飯田蛇笏

苔青く総立つ百合や春浅し/長谷川かな女

草山に浮き沈みつつ風の百合/松本たかし

草山やこの面かの面の百合の花/高濱虚子

落ちてくる水の力や百合の花/大木あまり

蕾む百合あうむ返しをせる如し/高澤良一

蕾む百合こづいて籠ノ登山の風/高澤良一

被きゐし土塊抱きて百合芽伸ぶ/米沢徳子

起ち上る風の百合あり草の中/松本たかし

透し百合今朝咲く色と教はりぬ/高澤良一

俳句例:281句目~

稲光百合のまはりの汚れけり/佐々木六戈

遠くより声あるごとく百合開く/宮津昭彦

野の百合は柩の花となりにけり/石田勝彦

鉄砲百合活けて真面目に話する/滝井孝作

開くかな百合は涙を拭いてから/折笠美秋

離島なる鉄砲百合は丈なさず/末廣紀惠子

風の百合雌蕊受粉のよろこびを/西島麦南

あまた嶺の主峰いづれぞ車百合/冨田みのる

看護婦の手元で折れてしまう百合/対馬康子

うつむいた恨みはやさし百合の花/正岡子規

おもかげや手機の傷と百合の花/柴田白葉女

百合の香や誓ひのキスを父母の前/奈良文夫

ワイシャツの肩姫百合の花粉つく/京極杞陽

かにかくにためらい傷や百合の花/大西健司

かのこ百合やうやう暑さ納まるか/高澤良一

岬の百合手のとゞかざる辺にばかり/森田峠

三面鏡ゆつくり開く角度に百合/櫛原希伊子

伊那谷や百合が見張りて百合畠/大木あまり

百合の香に一とまどろみの淡き夢/鈴木花蓑

大手術終へ来て百合のかぐはしや/新村三水

タイトルとURLをコピーしました