季語/百合(ゆり)を使った俳句

俳句例:101句目~

百合の壺匂ふ真下に濃き珈琲/吉屋信子

蘂掻いて百合の丸蜂あわてもの/島村元

かりそめに早百合生ケたり谷の房/蕪村

百合の香のうえ黒人の口動く/和知喜八

山の百合宵庚申の鉦ひびけり/太田鴻村

日の勢やくるしくうごく百合の花/素絵

百合に旭松を上る蟻下る蟻/田川飛旅子

鬼百合や山の夕日の狐いろ/柴田白葉女

山乙女異な筒袖や百合の花/石島雉子郎

鬼百合や妻が少女となりし家/香西照雄

薬草を乾して牧舎の百合咲けり/及川貞

蕾また為朝百合の名に愧ぢず/大橋敦子

山百合にねむれる馬や靄の中/飯田蛇笏

しづけさは鬼百合の丈そのあばた/澄雄

つなぎたる手が命綱崖の百合/椎橋清翠

ひめ百合や姿見をする子供から/千代尼

鬼百合が漂うている夜の書肆/大西泰世

高千穂の赭き山冷ゆ鳴子百合/古舘曹人

山百合のうへに出でたる狸掘/高澤良一

驟雨欲来五尺ノ百合ヲ吹ク嵐/正岡子規

俳句例:121句目~

飛来して鬼百合が刺す朝の駅/坪内稔典

イタリアヘ越す峠見ゆ朝の百合/有働亨

風逃げし百合の重さに浸るなり/松澤昭

山百合の斑や滾々と夜来たる/奥坂まや

茅舎忌の朝開きたる百合一花/高野素十

風咲きの笹百合の風恥かしや/永田耕衣

ケルン経て風届くなり車百合/高澤良一

山百合の純白守り抜く香なり/廣瀬町子

頸あをき少年と対す百合の前/石田波郷

百合の露揚羽のねむる真昼時/飯田蛇笏

山百合の重きうなじに魂迎へ/井沢正江

百合の蘂金色に妹とく癒えよ/澤木欣一

山百合は日蝕の燈ささげたり/萩原麦草

百合影す径を泉へ行かんとす/大野林火

月蝕へ笛吹くさまの天使百合/朝倉和江

青天の蛇は縦に裂くべし車百合/仁平勝

服薬や夜明の百合のうすみどり/岡本眸

百合咲いて俄かに近し向う山/吉屋信子

靄晴れて暑き空なり百合の花/石動炎天

百合の花花粉流れし跡のある/岩田由美

俳句例:141句目~

山百合や母には薄暮父に夜/堀井春一郎

山百合や真昼の空気日に光る/中島斌雄

山百合や真昼の闇に神香る/加藤知世子

山百合や腕うっすら日焼して/高澤良一

聖玻璃の受胎告知や百合匂ふ/荒井書子

雲衲に裏山の百合咲けば江湖/河野静雲

百合の列青春開花何時の日ぞ/香西照雄

素ッ気なくて鉄砲百合の青蕾/鈴木栄子

二月半ばの病室に百合置かれ/金田咲子

井の水を打ちて室咲き百合出荷/杉本寛

山里や火の見の足を百合の中/野村喜舟

山霧の引きゆく迅さ小鬼百合/星野恒彦

梅干せば鬼百合色を失へり/相生垣瓜人

今朝秋や蝶来て落ちし百合の瓣/及川貞

岩崎邸百合も進取の香り立ち/高澤良一

百合の花朝から暮るるけしきなり/一茶

岩百合や鵜の嘴も沖を見て/永田耕一郎

百合の花超然として低からず/高屋窓秋

百合うつむき七面鳥の雛四羽/大野林火

今生のこれも夢なる百合の風/石塚友二

俳句例:161句目~

笹百合や土用をかけて秋の風/中村史邦

雨粒の巡りて到る百合の底/佐々木六戈

笹百合の咲く古里の山偲ぶ/久保ふさ子

崖の百合揺れゐて波浪注意報/高澤良一

何思ふ子の横顔や百合ひらく/和田祥子

雑草に少し遅れて百合吹かれ/今瀬剛一

笹百合の上気するてふ祭かな/後藤夜半

座棺より寝棺が似合ふ百合峠/栗林千津

笹百合の一茎一花の孤愁かな/吉野義子

百合うつり雷とどろけり熱帯/石田波郷

径もなき山より百合を抱き戻る/森田峠

傾きて崩るるごとき百合の山/横光利一

笹百合のさ揺れさ走る笹の原/吉年虹二

鼠棲む百合が社章の銀行に/田川飛旅子

我という化物の手に笹百合よ/鳴戸奈菜

鐵砲百合神の鐵砲として白き/富安風生

鎌倉の悲しき山や百合咲きぬ/赤木格堂

手をのべて届く崖百合窓涼し/福田蓼汀

神の声湧くごと森の車百合/加藤知世子

百合の花子供居らねば着道楽/岩田由美

俳句例:181句目~

かや垂れて百合の花仄かに白し/石井露月

風葬のきりぎしに咲く鉄砲百合/山城青尚

香煙より百合の香勁し忌の疲れ/北野民夫

鬼百合がしんしんとゆく朝の空/坪内稔典

鬼百合がすめば為朝百合が咲き/岩本千代

鬼百合の枯れなんとして鬼々し/寺田寅彦

鬼百合やりんとひらいて蝉の声/中村史邦

鬼百合よきのうもが燃えて哭く/坪内稔典

黒い瞳の少年百合の香の湧けり/鳴戸奈菜

かへりみる夫の目送鹿子百合/石田あき子

黒岳の稚児百合の実ぞ深紅なる/西本一都

黙契や鬼百合の脈ゆっくり打つ/大西泰世

くもの糸一すじよぎる百合の前/高野素十

すかし百合わが裡に咲く一花のみ/斎藤玄

ひだるさをうなづきあひぬ百合の花/支考

ニス塗りし如くに百合の莟かな/高澤良一

ハンドベル金の蕊振る朝の百合/吉原文音

一弁のやゝ反りてより百合開く/阪田ひで

一日のはじめにありき壺の百合/横山康夫

三つ咲きし鉄砲百合を好みけり/野村喜舟

タイトルとURLをコピーしました