季語/十薬(じゅうやく)を使った俳句

「十薬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「十薬」について

【表記】十薬

【読み方】じゅうやく

【ローマ字読み】juyaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・どくだみ(どくだみ:dokudami)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

十薬を含む俳句例

十薬に一点の雨廃工場/桂信子

葉畳となり十薬の深緑/飯村周子

十薬は裏に咲く花南蛮寺/村井隆

花言葉なき十薬の花盛る/瀧一郎

十薬も天に咲く花九十九谷/林翔

無住寺の十薬多き垣根かな/洗耳

十薬や杉谷底の昼の闇/松根東洋城

蜑の墓十薬の径消え易し/小林康治

十薬のまだ一つ花十歪む/斎藤空華

毀すべき庭に十薬花盛り/和田祥子

校庭に十薬茂るわが戦後/桑原三郎

悪友に似て十薬の花点々/鈴木鷹夫

十薬は逢魔が刻を点す花/中島畦雨

夕残る十薬の花明りかも/清水基吉

十薬の花も風情やつゆの庵/中勘助

長雨や十薬匂ふ井桁なる/野村喜舟

十薬を道に散りばめ少し富む/林翔

黄落を歩めば吾子の唄とどく/原裕

十薬や精養軒へ道しるべ/筒井泰子

十薬にも植物園の標示札/高澤良一

俳句例:21句目~

十薬や雨の流るゝ小坂越/野村喜舟

十薬や川狩漁夫等酒あほり/杉本寛

十薬の花の厚みの曇り空/牧石剛明

十薬の筒芽棒立ち選佛場/高澤良一

十薬の花の近くの灰かぐら/桂信子

うつむいて庭の十薬引一途/高澤良一

磴厳し十薬の辺に弱音吐く/高澤良一

石除るや十薬の根の白々と/西山泊雲

恋塚に踏まれ十薬花を持つ/桂樟蹊子

地の限り十薬十字切り進む/宮脇白夜

丁子散り十薬ぬれて群生す/宮武寒々

十薬を浸す流が滝となる/鈴鹿野風呂

十薬の花の十字や流人墓/村上喜代子

十薬に朝の一刻日差しけり/高澤良一

十薬の花ほど疎き堂後かな/尾崎迷堂

十薬や犬の出歩くきつね雨/小原俊一

十薬や柩舁き据え二三人/石島雉子郎

十薬の花咲きたてや草の中/星野立子

十薬や映画を見ては鬱を増し/日原傳

十薬の吊されかわく仁王門/澁川公子

俳句例:41句目~

十薬の四弁静かに平らかに/高橋馬相

十薬の天に向ひて十字切る/高澤良一

十薬の径今日の人通りそむ/高橋馬相

十薬の闇を溜めゐる氷室跡/不破幸夫

十薬の根の長々と瓦礫より/細見綾子

十薬の花触れあひて庭暗し/原田初枝

十薬の匂ひかきたて捜索す/田崎令人

十薬の渚のごとく歩を返す/古舘曹人

十薬の白き十字を以て誓ふ/福田蓼汀

十薬や寺の東司の昼点り/松本三千夫

十薬の白さ肌には宥さぬ白/中嶋秀子

十薬の匂ひに慣れて島の道/稲畑汀子

十薬の蕊高くわが荒野なり/飯島晴子

十薬はだんまり花よ蔵の裏/高井北杜

十薬やまつることなき庭祠/広川楽水

十薬のゆれさゞめくや塀雫/西山泊雲

十薬の香の手を洗ふ忘れ汐/青木重行

十薬や軒つき合はす島暮し/泉/礼子

虚子庵の寂しさに十薬の白/高木晴子

十薬の匂ひの高き草を刈る/高濱虚子

俳句例:61句目~

十薬や叱るも躓きがちの妻/杉山岳陽

十薬のうつりし水を馬呑めり/萩原麦草

十薬のにほふ日猟奇事件あり/高澤良一

十薬のむっと一雨ありさうよ/高澤良一

十薬の五薬を信じ軒に干す/目崎てる子

十薬の今日詠はねば悔のこす/斎藤空華

十薬の手にする迄もなき匂ひ/高澤良一

十薬の根絶ち難し絶たんとす/和田博雄

十薬の臭ひに噎せる一会かな/中村苑子

十薬の花のこし置く笑はれつ/遠藤はつ

十薬の花ひつぱつて蜘蛛の絲/星野立子

十薬の花敷きつめて泣き羅漢/橋本榮治

十薬の見目うるはしき立石寺/高澤良一

十薬の野にまどろみし顔蒼し/萩原麦草

十薬や才気ささふるもの狂気/鷹羽狩行

十薬やかくれ遊びを窯元に/上野さち子

十薬やつひにひとりの旅の尿/小林康治

十薬をざくざくと掘り未亡人/横山節子

十薬を干しすこやかに母在す/山川充恵

十薬を抜く戦争を知らぬ子と/川崎俊子

俳句例:81句目~

十薬を踏みてかける絵馬新しき/原月舟

取り果てず草と十薬に花咲かす/及川貞

吹かれゆがめり十薬の十文字/行方克巳

引きぬきし十薬の根の生白さ/横山房子

早苗饗の花の十薬刈られけり/皆川白陀

十薬を煎じ詰めれば母がいる/長浜聰子

禅寺の東司どくだみ明りかな/橋本榮治

十薬に娶りのばされゐる影よ/杉山岳陽

十薬に彳ちて己を宥さずをり/野澤節子

裏庭に十薬咲かせ医師病めり/衣川砂生

十薬に痰のからみし刻来たり/萩原麦草

雑然たり十薬の花咲く他は/加倉井秋を

青山の崖の十薬いまもおなじ/大島民郎

熱の眼に十薬遠し置きにけり/石川桂郎

十薬の匂ふ我が家のくらしかな/衲/敬子

母は病む十薬の花咲きさかり/鈴木しづ子

十薬や母の生地の土やはらか/上田五千石

十薬や無事一日の湯のあふれ/工藤眞智子

十薬の匂ふジーンズ干されけり/阿部寿雄

十薬の花さへ崖に暮れをはる/佐野まもる

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ