季語/朴の花(ほおのはな)を使った俳句

「朴の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朴の花」について

【表記】朴の花

【読み方】ほおのはな

【ローマ字読み】honohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・厚朴の花(ほおのはな:honohana_)

・朴散華(ほおさんげ:hosange)

季節による分類

・「ほ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

朴の花を含む俳句例

朴の花猶青雲の志/川端茅舎

山また山霽また雨や朴の花/林翔

影ふみの影を匿い朴の花/渋谷道

朝空を青一枚に朴の花/濱口秀村

朴咲けり水勢風を作る上/羽部洞然

業車まわし花朴よりも白/和知喜八

天上の妻への手紙朴の花/大嶽青児

谷風に捲れしままや朴の花/細田静

山刃伐の雨荒々し朴の花/石川文子

山峡の二里の往診朴の花/松尾白汀

枝先に遠由布抱き朴の花/藤間蘭汀

朴の花暫くありて風渡る/高野素十

目を戻し再び天の朴の花/高澤良一

朴咲けり幾嶺かけて月の暈/金子潮

朴咲けり伐採音の頂点に/熊谷愛子

山彦は湖に出てゆく朴の花/長田等

風の空泰山朴の花芯見ゆ/栗田直美

泉湧く朴の花影片寄せず/羽部洞然

朴の花水源林と記しあり/太田土男

青空が創りし朴の花白し/橋本鶏二

俳句例:21句目~

山に来る夕闇蒼し朴の花/長谷川翠

朴咲いて空の渚を近うせり/上村占

峠の名空と伝へて朴の花/南うみを

深き谿ほど夕暮の朴の花/伊藤久夫

峡空をわたる日輪朴散華/竹久雨町

明方の水音ひびく朴の花/皆川白陀

月あれば月へ散華す朴の花/西田誠

朴の花仰ぐ荒波見し目もて/朔多恭

天にある風の奔流朴の花/大岳水一路

天涯に雲の扉ひらく朴の花/野中亮介

朴の花父を尊ぶごと対し/深見けん二

太陽にもつとも近く朴の花/下村梅子

朴咲くや大空青を全開す/大岳水一路

山路急なるとき朴の花匂ふ/高木石子

朴の花師恩は時を経て重し/吉川禮子

岨道の高くかかれる朴の花/富安風生

岨高く雨雲ゆくや朴の花/水原秋櫻子

花朴のたたかふ白さ滑川/鳥居美智子

母の忌の面影を背に朴散華/橋留佳鳳

わが死後の青空ならむ朴の花/石嶌岳

俳句例:41句目~

雲脚のふれつつ走る朴の花/福田蓼汀

朴ひらき大和に花を一つ足す/森澄雄

庇にもおよぶ寂光朴ひらく/井沢正江

走る霧よどむ霧あり朴の花/三村純也

朴開く山雲と息合はせては/宮田正和

還らざる谺もありぬ朴の花/佐藤国夫

日輪とならび懸れり朴の花/福田蓼汀

明るさが水の始まり朴の花/今瀬剛一

永らえし酔眼にたつ朴の花/武田伸一

山峡の聖のごとく朴咲けり/平沢桂二

時の枷はらふ旅空朴の花/赤松けい子

晴曇の幾日揺がず朴の花/加藤知世子

墨の香も朴の花香も楸邨忌/井浪立葉

月読の神の山なり朴の花/加藤三七子

朝は朝の智が働いて朴の花/高澤良一

朴散華即ちしれぬ行方かな/川端茅舎

山の恋朴咲くころは朴の下/木村蕪城

朴の花越しに光りて最上川/稲畑汀子

家々に朝ありこの家朴咲いて/及川貞

朴の花その水上に山の神/井村美治子

俳句例:61句目~

朴の花軽く狂ひて旅したし/茨木和生

天間障子開く目の前朴咲ける/原柯城

天上に滝のひびきの朴散華/河野南畦

朴の花今年見ざりし命かな/石田波郷

夕風となりたるころの朴の花/飴山實

輝きは谿間の朴の花にあり/高浜年尾

朴の花十里木部落井戸一つ/羽部洞然

朴の花風出て山を軽くせり/太田土男

あな青き女帝の山河朴の花/野見山朱鳥

いちめんに郭公の雨や朴の花/渡邊水巴

谿空に風殖やしつつ朴咲けり/村越化石

郭公の恋むすぶ朴咲きにけり/堀口星眠

三つ咲いて空を占めたる朴の花/岸田稚

前山にまぎれもあらず朴の花/石川桂郎

北辰の直下にしとど朴の花/宇多喜代子

咲かむとす涙の壺の朴の花/佐藤美恵子

夕栄もなく谿暮れぬ朴の花/篠田悌二郎

夕空のいまが火の時朴の花/永田耕一郎

夜行バス明けそめ朴の花白し/大島民郎

大雷雨やりすごしたる朴の花/大橋敦子

俳句例:81句目~

天空へ自讃の朴の花を放ち/宇多喜代子

宝髻のとうにくづれし朴の花/吉田紫乃

徐々にさす雨後の月光朴の花/吉井莫生

愛鷹と富士なだれ合ふ朴の花/羽部洞然

斧置けば即ち日暮れ朴の花/神尾久美子

日蓮の山をいそがず朴の花/小島千架子

朴の花しばらくありて風渡る/高野素十

朴の花そよがず四辺そよぎそむ/森田峠

朴の花会式に宝珠解かむとす/大橋敦子

朴の花地に落ち傷むこと悼む/中島斌雄

朴の花散る坑夫の墓女郎の墓/品川鈴子

朴の花日輪の蘂ほのぐらし/近藤しのぶ

朴の花朝の山気を噴くごとし/関森勝夫

朴の花樹海の昏れに漂へり/文挟夫佐恵

朴の花白きはまれば微光かな/沢木欣一

朴の花谺のごとく咲きふえし/山城英夫

朴の花齢おこたりなく来るに/吉田紫乃

熱の目に旅のどこかの朴の花/加藤楸邨

朴の花暮れず太白点りても/天田牽牛子

終りつゝある朴の花なほ匂ふ/高浜年尾

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ