季語/晶子忌(あきこき)を使った俳句

「晶子忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「晶子忌」について

【表記】晶子忌

【読み方】あきこき

【ローマ字読み】akikoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

晶子忌を含む俳句例

小説の冒頭夜空晶子の忌/神尾久美子

晶子忌の蛍も恋の火を育て/井沢正江

人怖れず世に阿らず晶子の忌/大橋敦子

口紅の汗かいてゐる晶子の忌/黛まどか

大仏の若葉さやけし晶子の忌/野口里井

夫の目を髪が意識す晶子の忌/下川初秋

晶子忌や針をつきさす赤い布/藤岡筑邨

地下街を行く水のあり晶子の忌/松原良介

晶子忌やはげしき恋も才のうち/青木綾子

晶子忌や壺にあふるる紅薔薇/片山由美子

音高く日傘ひらきぬ晶子の忌/渡邊千枝子

をだまきに水鏡侍す晶子の忌/鍵和田ゆう子

木洩日のつぶらを踏みて晶子の忌/片山由美子

素顔もてジャムは煮るべし晶子の忌/中村明子

書くもののはや反古めきぬ晶子の忌/片山由美子

晶子忌や両手にあます松ぼくり/永島靖子「眞晝」

晶子忌の大事にしまふ筆一本/禰寝雅子「未来図合同句集」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ