季語/秋の燈(あきのひ)を使った俳句

俳句例:101句目~

二階にも秋の灯ともり遍路宿/河野伊早

秋燈や置きし眼鏡の影も眼鏡/新谷林香

秋の燈をひと横切り燈を明るうす/誓子

秋灯もつとも低く石屋なる/文挟夫佐恵

地蔵湯の秋の灯洩るゝ女下駄/高澤良一

変遷のいくたび秋の灯を仰ぎ/星野立子

夜々明き酒肆の灯シや秋の浜/西島麥南

夜の秋の山東角の燈見て行く/高濱年尾

秋燈にねむり覚むるや句三昧/飯田蛇笏

山裾より灯りて秋の暮の灯は/茂里正治

秋燈のはなはだ暗き廊下かな/原田青児

巴里の灯の案外くらし秋の雨/佐藤道明

秋燈の悲しきときはほの暗く/高濱年尾

廟の扉のとざされ秋の灯は一つ/上村占

思ひ見る湖底の村の秋の燈を/佐藤春夫

秋燈の許に座職の座を円く/佐々木光子

手探りにともして秋の灯かな/内田美紗

鬼面とて翳れば愁ふ秋灯/鍵和田ゆう子

秋燈や女寝に立つ髪に手を/波多野爽波

消してより秋の灯と思ひけり/永井龍男

俳句例:121句目~

次の間に卓とゝのへる秋灯/大場白水郎

秋燈や砂糖栗の歯にしむ甘さ/内藤吐天

物忌の灯を捨つる婦や秋の川/野村泊月

眉焦がし秋の灯に読む竹の記/宮武寒々

主婦にある自由の時間秋灯下/山田弘子

二夜はや馴染むホテルの秋灯/中村汀女

緊張はほどけゆくもの秋灯に/稲畑汀子

滴々となぎさをつなぐ秋灯/三田きえ子

秋の灯の一つが流れ来て電車/江川虹村

急行通過駅の秋灯に石蹴りを/菊地龍三

秋の灯や襖しまりて太柱/阿部みどり女

夫旅にある夜秋燈をひきよせて/波津女

秋灯のあまりに明く人若く/五十嵐播水

谿音に秋燈の芯顫へけり/長谷川かな女

秋の灯に湯呑の絵柄廻し見ぬ/高澤良一

秋の灯に詰め替えてゐる旅鞄/高澤良一

量られて茄子の小泣きす秋灯/石川桂郎

秋の灯の暗く廊下のまだ暗く/京極杞陽

銀座見て来し横須賀の秋灯/高田風人子

秋の灯の糸瓜の尻に映りけり/正岡子規

俳句例:141句目~

秋の灯の遠くかたまるかなしさよ/風生

秋灯下子ととり出しぬ故人の書/田中冬二

山に遊びて家の灯を見る秋の暮/石井露月

秋灯下独りおのれの影と酌む/浅井青陽子

秋灯下考へつかれあきらめて/成瀬正とし

手鏡のまず秋の灯をとらへけり/岡田史乃

日没の灯のすぐ馴染む秋の浜/殿村菟絲子

濁流を見てきて秋の灯をともす/高澤晶子

秋の夜の燈を呼ぶ越しの筧かな/蕪村遺稿

秋の灯にとびつく虫を掴み捨て/山西雅子

秋の灯にひらがなばかり母へ文/倉田紘文

秋の灯に母老いしかば吾も老ゆ/相馬遷子

秋燈のもとにて壁のかこむ中/長谷川素逝

秋の灯のにじむことなく雨の町/岩垣子鹿

秋の燈に母老いしかば吾も老ゆ/相馬遷子

秋の燈を湖畔に配り富士暮るる/高木石子

秋の蛾が来てをり宿の外湯の灯/広田静子

舟寄せし汀か秋の灯を置きて/相生垣瓜人

秋燈やいくとせ愛す河口の船/秋元不死男

秋燈や人鎮まつて仏の座/吉武月二郎句集

俳句例:161句目~

ころがして撰る種小豆秋灯下/藤岡うた代

ゴヤの画にとゞく秋灯暗かりし/千原叡子

一期一会ならむか暈もつ秋燈/柴田白葉女

声かけてともす秋燈母は亡き/古賀まり子

夫戻るまで秋灯を消さず置く/永森とみ子

東京タワー総身秋の灯となれり/多摩/茜

眼鏡かけ點が字となる秋灯下/嶋田摩耶子

秋燈をちかづけ煉瓦呑まんとする/竹中宏

秋燈を明うせよ秋燈を明うせよ/星野立子

時化めきしこともひと時秋灯下/高濱年尾

歳月をたがひに憶ひゐる秋燈/柴田白葉女

気負ひたる少年の瞳や秋灯下/小島千架子

淋しさは秋灯いくつともしても/稲畑汀子

経る早し子ら寝て夫婦秋灯下/石橋辰之助

留守のこと細ごま言わる秋灯下/村井杜子

真紅なる薔薇抱かされぬ秋灯裡/石塚友二

秋灯に笛持てば妻に遠ざかる/長谷川秋子

秋灯に舞はねば仮死の獅子頭/長谷川秋子

秋灯のくるしきまでに明るきに/京極杞陽

見舞はれてたゞ勿体なく秋灯下/森田愛子

俳句例:181句目~

秋灯の明る過ぎたるもたいなし/高濱年尾

秋灯の書肆をオアシスとも思ふ/岩崎照子

秋灯を展べて近江のあたりなる/西村和子

辞書閉ぢて音の重さや秋灯下/水本みつ子

秋灯を明うせよ秋灯を明うせよ/星野立子

秋灯を溜めて待ちをりスープ皿/西村和子

野の新居羽ひらくごと秋燈点る/成田千空

古き絵に明るき秋の灯をともす/稲畑汀子

吾は竹を君は秋の灯見てゐたる/京極杞陽

夕刊を読む秋の灯をともしけり/吉屋信子

夜は秋の一湾の灯を身にあびつ/巌谷小波

秋灯下四十くらがり嘆き合ふ/牛山一庭人

秋灯下一学徒夫に父母在さぬ/平井さち子

小さきむくろ胸もあらはに秋の灯に/瀧春一

ひとつ見えて秋燈獄に近よらず/秋元不死男

何もせず秋の灯一つ引き寄せて/殿村菟絲子

秋の灯や雨の茶店の早じまひ/阿部みどり女

秋灯やながきまつ毛をふせて縫ふ/河合正子

秋の燈にちさき文字ゆゑ読めざりき/上村占

秋の燈を入日の窓にともしたれ/五十崎古郷

タイトルとURLをコピーしました