季語/秋の燈(あきのひ)を使った俳句

俳句例:201句目~

わが宿の秋の燈/水にうつるかな/佐藤春夫

げんごろの座を這ふ秋の灯かな/金尾梅の門

敷かれある臥床に入れば秋灯つく/杉田久女

秋灯下こまかくつづるわが履歴/鈴木しづ子

秋の燈の遠くかたまるかなしさよ/富安風生

ニューグランドホテルの裏の秋灯/橋本榮治

秋の燈に乳のむ吾児の指が透く/坂井志芸流

鉄瓶鳴りひとつ秋灯に夫婦読む/柴田白葉女

ゴンドラの水路に秋灯なきがよき/高木晴子

戸を閉めて秋燈部屋にふくらめる/上野章子

やすらぎて秋灯うつろの舟だまり/石原八束

預り児寝しを秋灯にあはれがる/篠田悌二郎

フライパンに秋の灯のはねてゐる/田中冬二

秋の蚊の灯より下り来し軽さかな/高濱年尾

秋燈や読まねば五十路肥り呆け/加藤知世子

秋灯寄せ子へひらがなの便り書く/五木田浩水

妻こゝにひとり秋灯に耐へゐたり/石橋辰之助

秋の灯のやはらかにかつ明るけれ/大橋櫻坡子

秋の灯のくらきソファーに人を待つ/京極杞陽

螺鈿屋に秋の灯点くを見て過ぐる/文挟夫佐恵

俳句例:221句目~

肥ひく牛にいましばらく秋の灯見ゆ/古沢太穂

秋の灯のいつものひとつともりたる/木下夕爾

秋の灯に疲れ見ゆるや頬のあたり/大橋櫻坡子

秋の灯にむかひて来たり山の蝶/長谷川かな女

昼の灯のあまりに淡き秋の風/飛鳥田れい無公

手でひねり点け手でひねり消す秋灯/京極杞陽

秋の燈のいつものひとつともりたる/木下夕爾

横利根の辺に泊つ秋燈あかるうし/柴田白葉女

重ね着の浴衣よれよれに秋燈のもと/原田種茅

こけし挽く屑るるるると秋の燈に/鳥羽とほる

秋の灯や縫ひし子のものうちかざし/木津柳芽

秋の燈や癒えしにあらず居らぬなり/渡邊水巴

秋灯下瑣事より過去をくりひろげ/成瀬正とし

いくさ果つ秋の燈はてもなくともり/木下夕爾

夜の寄港秋灯まわりつしりぞき始む/安井信朗

暗き沖より浪寄せ秋灯にふれて白し/福田蓼汀

秋の灯を入日の窓にともしたれ/五十崎古郷句集

うつむかねば字はかけぬもの秋灯下/和田耕三郎

秋の灯やどの間も空いて茶屋淋し/阿部みどり女

秋の灯のテールランプが地に満てり/阿波野青畝

俳句例:241句目~

秋の灯に寄りてみたりの家族かな/長谷川かな女

うづくまるべく小さき秋の燈の輪かな/木下夕爾

ふりかかる火の粉も秋の灯というか/岸本マチ子

樹々を透きて秋灯ひろごる限りなし/長谷川零餘子

タイトルとURLをコピーしました